医療事務ゆーた

医療事務ゆーた

お医者さん・看護師さんなどのブログはあっても、「医療事務」のブログってあまりないのでは・・・?ということで、病院のよくわからないところ、日々の苦労などを気がむいたら書いて、みなさんの「病院ってわかりにくい!」を解決するのに少しでもお役に立てたら・・・

もう少し頻繁に更新しなくてはと思いながら、最後の更新が2018年11月と、半年近く前になっているというこの有様・・・ガーン3月くらいからガクっとPV数が落ちてしまったことにビビッたため続きを投稿することにしましたあせるまぁ、世の中甘くないですよねぇ・・・

もやもや病シリーズ前回は手術室に入ったまま終わってましたので、バイパス手術後からの話をいたしましょう病院既に一年半前の記憶になってしまったので新鮮さには欠けますが・・・

・・・名前を呼ばれた気がして、薄っすらと意識が戻ってくる感覚。「・・・・・さん、荒井さん、無事終わりましたよー。これから病・・・」うーむ、まだ意識がハッキリしない。鼻の手術(も、6年前くらいにしてます)の時は意識戻ると同時くらいに凄い寒気(全身麻酔後のあるある)があったけれど、今回は大丈夫なよう。そうするうちに、ベッド?(手術台から乗り換えさせられた記憶は微塵も残ってない(笑))ごとガラガラと退出する感じに。手術室を出て一番最初の記憶は、奥さんとお義父さん、お義母さんの顔、「大丈夫~?」と肩をたたいてくれたお義父さんを「術後なのに何叩いてるの!!」とめっちゃ叱る奥さんとお義母さんのやりとり。あぁ、とりあえず生きてるんだわ・・・みないな朦朧とする中、「ありがとうございます」と受け答えしたこと。そこからは、しばらく記憶ない。ちなみに、奥さんが手術の付き添いできたので、息子の一大事に当人の父母は当日見舞いに来ず(笑)。まぁ、両親もまだ仕事してるので仕方ないのだけれどぼけー
そんなやりとりがありつつ、ベッドごと戻ったのは最初に入った病室ではなく、ナースステーション直結のHCU(ハイケアユニット:急変の可能性がある人や重症者を管理するための病室)で、途端に漂うわし重症者感・・・。「明日まで、何もなければ」元の病室に戻れるとのこと。「明日まで、何もなければ」・・・ね。開頭手術したんだから当然か。ちなみに、現在の状態はというと、

●頭から頭内に溜まった血を抜くためのドレーン(先端に手りゅう弾みたいな血を溜める容器がついた管)が出ている
●身体の状態を観察するため手首付近の動脈に点滴のようなものをつなぎ、定期的に自動採血し状態をモニタリング
●反対の腕には通常の点滴
●術後で頭内に血が貯まりやすいため、ベッドを平らにして寝られない(30°くらい起こしてある)し、寝返りも打てないし打っちゃダメと言われている
●飲水はできるけど食事はまだできない
●口を開け難い(こめかみ付近の筋膜ごと血管を脳の表面に移植、というか置いてきているため。関節バイバス術(慶應義塾大学HPリンクより)の影響)

ちなみに、後日撮ったCT画像上、実際のもので、仕上がりはこんな感じです。

頭蓋骨を一度外し、戻した後です。僕は、下部に空いた穴からこめかみの血管を引き込んで直接脳動脈に繋ぐ直接バイパス術と、先ほどリンクを載せた関節バイパス術を併用しています。骨がないと・・・

人の頭蓋骨がとれてる映像なんて中々見られないと思いますので、どうぞごゆるりとご鑑賞ください(笑)

自分では自分がどう言う状態で寝ているか見えないのであれだが、恐らくなかなかの姿だったかと思われるがゲッソリ。ところで、今何時なのでしょう!?お義父さん、お義母さんと一緒に残ってくれている奥さんに時間を聞いてみる。「18:00前くらいだよ~」と優しい声で返事が返ってくる。あぁ、とても安・・・??!??18時とな!?いやいや、聞いてはいたけどもね、1,2,3,4,5・・・7!!およそ7時間手術をしていたと!!改めての衝撃。【・・・自分は障害も残らず今こうしてブログを書けているわけだが、開頭、それも7時間の大手術をするような病気なのだと、思い返しながらも身の引き締まる思いがある・・・】手術直後は経過時間に愕然とするだけだったが、その後日を追うごとに事の重大さを理解していくこととなる。兎にも角にも、明日まで何も起こらないことを祈るしかない。そしてまだ、尿道カテーテルは入ったままである(笑)

参考までに、退院時に貰った明細内訳書にしっかりと麻酔時間の記載があったので、先んじて載せておきます。

手術、99,700点ですって。医療費の円換算は1点=10円ですから、手術のみでも保険証無しで全額払ったら¥997,000ですって!3割でも30万強ですよ!?実際は限度額認定証(もやもや病と診断されて③保険やお金のこと~で紹介)のおかげでもっと少額の支払いで退院できましたが・・・皆さま、備えと知識はいざという時に必要ですよ?

・・・手術を無事終えるも色々なことが頭を巡り、落ち着いて寝ることもできない中で、不安に駆られながらHCUで一夜を明かすのでした・・・

続く。

医療事務ゆーた

白ぼんねっと
医療機関の診療・請求の指針となる保険診療点数をネットで見ることができます。ちょっと読んでも全く理解できないような難しい言葉(法律に関わる文章ってみんなこんなで嫌んなっちゃう汗)と思いますので、興味のある方はどうぞ(・ω・)/

code-G Dr.ホッピー「医者の言うことは聞いておけ!」 
月間チャージャー時代、「おまいら、医者の言うことは聞いておけ!」by Dr.ホッピー で連載されていたシリーズの続編。この先生のブログはかなりタメになるはずです。テレビなどで表面でしか語られないことを深く掘り下げて分かりやすく書いてくれてあり、ブログの書き方としても勉強になります。ビックリマーク勝手ながら載せてしまいましたあせる僕も欠かさず読んでおります。Dr.ホッピー頑張れ!!

MSDマニュアル家庭版
ネットで病気のこと調べるのによく使ってます。書いてあることが100%正しいかどうかは医者じゃないんでわかりませんけど、素人が読むにはわかりやすくてよいのではないでしょうか?

麻酔科医ハナ アクションコミックス(双葉社)
なかお白亜 作・松本克平 監修

これ、現場を覗くにはとってもよいと思います。面白いです。オススメ(´▽`)

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命
フジテレビのドラマです。2ndシーズン・3rdシーズンもあります。こんな美男・美女の理想現場はありませんが(笑)割合とよい表現で現場が再現されていると思いますbドラマだから多少は盛ってるかもとは思いますけど、ストーリーは大好きですビックリマーク泣けますしょぼん


ぜひぜひみなさまの一票を!