シンガーソングライターの佑多です。

僕は、活動開始より10周年となる
2020年4月22日をもって
シンガーソングライターとしての活動をすべて終了します。

ライブやリリースの活動から1年ほど離れていた僕の言葉に
今でも耳を傾けたいと思ってくれる人がどれだけいるかわからないけど、
少し今の気持ちを綴ります。

2010年に活動を開始してから
もうすぐ10年が経とうとしています。

ライブやリリースの活動をしていく中で、
決して多くはないけど
僕の音に耳を傾けてくれる人に出会う事ができました。

そんな人たちとのと出会いや、
20代の若者として日々を駆け抜けることで
いろんな感情を見つけては、歌ってきました。

自分の思うこと
感じること、
ムカつくことも
全力で表現する。

そんな僕の作品を
誰かが見てくれた時
誰かの心を動かせた時
自分の存在を認めてもらえた気がした。

特に2012年以降、
僕の活動は
「売れたい!」とか
「武道館でライブがしたい!」とか
そんな大それたものではなくて
自分を記すためだったんだ。
そう気がついてからは
時には苦しい思いもしながら
自分の気の済むまで
好きなように歌ってきました。

ただ、最近は
歌に全力を注ぐことができなくなってきている。

僕は
僕の作る曲が好きでした。
でもそれは
自分が全力で表現できた
と思えるものだからこそです。

良い歌を歌えなくなるなら
ここが退き時だな、

と思い
10周年の区切りでの活動終了を決めました!

あと半年間…
それまでに歌える機会があるかどうかはまだわかりません。

一年前のワンマン。
告知とかをほとんどしていないのに
それでも来てくれる人がいる事が本当に嬉しかったし、申し訳なかった。

もう少し続ける努力をした方がいいんじゃないかとか
なにも言わずにスッといなくなる方がいいんじゃないかとか
色々と考えていたら一年経ってしまっていたけど、
始まりと終わりはきっちりしたいタイプなので。
ちゃんと終わらせるための半年間にできれば、
と思います。

今でも応援してくれている人や
これからを期待してくれていた人がもしいたら
こんな形での終焉になってしまってごめんなさい。

まだ時間はあるので
ガソリンを使い切って
将来引火して火事になってしまうことのないように
大切に活動していきたいと思います。

あと半年間になりますが、よろしくお願いします。

2019年10月22日
シンガーソングライター佑多