• 15 May
    • 肌が荒れることのメリット

      常に、"本質"を探し続けているあなたへ。色々なお仕事、色々な表現の仕方、自分が心から美しいと思うものや、物事の本質を捉えていると感じるものを、ずっと探していることと思います。周りからは、変わってると言われることもあるでしょう。飽きっぽいとか、常識が欠けていると否定されたこともあるでしょう。でも、周りの人が言ってくることが正しいと思い、なんとか自分も、みんなと同じようにしなければって踏ん張った時って、結構苦しかったでしょ?それでも、きっと周りの人のせいにはしなかっと思う。それが、この気質を持つあなたの強さであり、優しさです。あなたの持つ、心からの喜びを分かち合いたいという大きな愛こそが、あなたの最高の才能なんです。僕も10学生時代からずっと感じてたことがあります。多くの人が家族のためにとかお金のためにとか、それっぽい理由をつけて、ストレスを溜めて、そして、ストレス解消のためにお金を使う。それって、極論意味ないんじゃね?って。だったら、そもそも、ストレス溜めないような仕事の仕方をすればいいんだし、一人でそれを確立できないんなら、みんなでみんながそうなれるように協力すればいいじゃん!って。肩書きとかさ、どんだけお金持ってるかもさ。極論あんまり意味ないでしょ?お金持ちでも孤独と不安で見栄を張り続けてる人とか、ホント見ててしんどそう。この人たちは、きっとこうすれば周りの人よりも秀でられるんだろ?って、価値観でずっと頑張ってきた人たち。でも、残念ながらそれで、"勝ち"という幸せを得られていた時代はもうとうに終わってるんだ。多くのおっさんやおばさんたちは時代変化についていけずに、取り残されて、相変わらず歩きタバコしたり、酒を飲んで周りにアピールするような大きな声出したりして、「昔は良かった」とか、「オレはこうしてきたからお前もこうしろ」って言い続けてる。その声が、若い世代には一切響いていないのにも、もう気づいてるよね?だから若い子が会社に入ったって、すぐに辞めちゃう。あれは、若い子が悪いんじゃなくて、心から尊敬できるようなかっこい大人が社内にいなかっただけ。もし自分の親がそういうことを言うんだとしたら、残念だけど、親自身も過去の幻影を追ってるだけ。そんな大人たちの言葉にムリに耳を傾ける必要はもうないんだよ。これまで色んな大人の言葉を信じてきたけど、心のどこかで、やっぱなんか違うなぁって思ってたあなた自身の感覚の方が、圧倒的に合ってるんだ。だってあなたは、ずっと本質を探し続けている人だからね。誰よりもあなた自身が正解です😉これ、覚えておくと便利ですよ。いつも、あいつが悪いとか会社が悪いとか"自分以外の何かのせいにしてる"人は本質からどんどんズレている人。その人の言葉、まともに聴いてもあんま意味ないです。勝手に言わせておきましょう。親だろうが、先輩だろうが、ズレてる人の言葉は、聴くフリして美しくスルーしてあげたらいいですよ✨そしたら誰も傷つけない😉そして、周りの人じゃなくて、あなた自身の心が何て言ってるか、ゆっくり時間をとって耳を傾け続けてあげましょう。あなたの心の声の方が、よっぽどあなた自身の本質を見出してくれてるんですよ!😉ちなみに、こういう自分の本質を探し続けるという気質特徴を持つ方は、自分の直感ではなくて、周りの"こうしなければならない"に合わせて、踏ん張ってる時、身体に影響が出やすいです。肌荒れとか、口内炎とか、髪質が悪くなったりとか、なんとなく、身に覚えがありますよね??なので、そういう時は、今自分の本質からズレて無理してるぞ、というサインだと覚えておいてください。あなたの肌の変化が、あなた自身がこれ以上ズレていかないように教えてくれてるんです。だから、肌が荒れたりすることって、決して悪いことじゃないんですよ😉

      17
      テーマ:
  • 06 Apr
    • "自分で決める"方法も人それぞれ

      どんどん自分の感覚を研ぎ澄まして生きるようになり、おかげさまで、有難いことに全然人に遠慮をせずに仕事をさせてもらっています。全力で挑み続ける人たちを、こちらも余計な気遣いもなく全力でサポートできる環境は、本当に幸せだ。ただ、その一方で、しんどくなってきたこともある。特に東京で仕事している時が顕著なのだが、自分の心を偽って過ごしている人があまりに多く、電車の中や、町中などでその"濁り"に触れてしまうと、自分が苦しくなってしまうのです。本当は、こんな風に生きたい。こんな風に自分を伝えたい。そんな叫びのような願いが、たくさんの人の心の奥底から聴こえてくる。それが突き刺さるほど痛い。多くの人が、いつも同じような問題で頭を悩ませています。その時々に、一応解決した感じにはなるのですが、また同じような問題が起きるというループを繰り返すのです。そう、その目先の問題を解決しても、その根本に向き合う決意をしなければ、人はまた同じような問題を引き起こしてしまうのです。もちろん、それは僕自身にとっても同様に言えること。だから、「誰かの価値観や、狭い世界の常識に変に縛られていないか?」「自分の本心を偽りなく伝えられているか?」と、常に自分自身に問うようにしているし、そのために集中できる時間を意図的に取ることにしています。これは、僕のように内省が得意(というか、自然と自分に向き合うことをしてしまう)タイプに有効な方法。実はこの"決め方"も、人のタイプによってどのような方法が有効か、それぞれ違うのです。ただし、本当に自分に合っている"決め方を選ぶ"ことができている人は、本当に少ない。本にそういう風に書いてあったから、親や先輩が言ったから、なんとなく周りの人がそうしているから、と、このように、自分以外のものに重点を置いて決めているから、常に後悔が耐えないのです。そして、これを繰り返すほどに、人の心の純度は落ちていってしまう。。。大人になるほど、目の輝きがなくなってしまう人が多いのは、このせいです。でもね、例えば、ついつい人と比べてしまうタイプにも有効な、敢えてそのクセを逆手に取った方法があるんです。自分が人と比べていいな~とか、自分が劣ってるな~と感じる瞬間のことを記録すること。記録をしていると、自分がそうなってしまう時の傾向が出てくるので、その傾向を分析すると、自分の興味関心が高い物事がだんだん見えてきます。そしたら、それを決める時の大切な材料にしていけばいい。つい比べてしまう自分がイヤだと解釈するのではなく、”比べることに関心が高い”自分がいるという視点を持つこと。そして、いっそのこと比べ尽くしてやりましょう!自分にとって、イヤだなぁと感じる自分の側面は、見方を変えれば、自分にとって優れた長所にもなり得るんです!他にも、色々な決め方がありますが、是非、自分にとって最適な”決め方”を選ぶ時の参考にして欲しいです。今あなたが見えている範囲の常識の中にある”決め方”があなた自身に合っているとは限らない。だったら、思い切って決め方のパターンを変えてみると、世界がどんどん開けていきますよ!

      9
      テーマ:
  • 15 Mar
    • ”悪口”はいけないことなのか??

      あいつらは、全然頑張っていないじゃないか。私は、謙虚でい続けているし、ずっとわがままを言わずにこんなに頑張っているのに。なんであいつらは大して頑張ってもいないのに、褒めて~構って~って、言って簡単に他の人に迷惑をかけるの?人としての責任を全然果たしてないじゃないか。マジであんなやつら、社会には必要ない。いっそのこと、全員死んでしまえばいいのに。本当は、そんな風に感じているのに、人といる時や、仕事をしている時などは、絶対にそうは言わずに、常に相手を心遣いしてくれたり、応援してくれたり、いつもいつも、他の人のことを優先して助けてくれる、そんな心優しいあなたへ。あなたの抱えているネガティブな感情って、そもそもダメなことなんですか??きっと誰よりも、責任感が強いだろうから、誰よりも、最後まで諦めずに、仕事などを一生懸命頑張って踏ん張り続けてくれてますよね?そんなスーパー頑張り屋さんなあなただからこそ、本当は、悪口とか、もっとネガティブな感情を出してもいいんですよ。だって、あなたは悪口を吐いたとしても、直接的に誰かを傷つけることをしないでしょ??悪口を言ってる人を誰かに告げ口したり、機嫌が悪くなって、誰かに迷惑をかけるようなクズ野郎は論外。あなたはそんなやつらとは次元が違うでしょ?もっと高尚な生き方をしてるはずだ。というか、そもそも、人の感情に善悪や優劣ってないんですよ!だから、あなたがネガティブだって思っている感情すら、別に悪いことじゃない。喜怒哀楽って言葉は、どの感情が良くて、どの感情が悪いっていう意味じゃない。喜怒哀楽っていう、それぞれの感情が”ただ、在る”んですよってこと。それぞれが、人が持っている自然な感情なんです。あなたの持つすべての感情を受け止めてあげてくださいね。すべての感情が、あなたが生きている証なんです。あなたのすべて感情は美しい。そのすべての感情を受け止められた時、人一倍、人や自分の感情に敏感なあなたの才能が花開きますからね。そんな”水星”気質を持つ、あなたの心が、より彩り豊なものになっていくことを願っています。

      12
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 磯谷祐介の”光と闇”をさらけ出します①

      一昨日の豊田市での研修の後、市役所の担当の方にこんな風に言って頂けました。『礒谷さんは、豊田の財産です!』と。あーもう、お世辞だとしてもむちゃくちゃ嬉しい!!✨✨✨✨そして、これまでは、こんな風に褒めてもらえたことも、自分で言ったらヤラシイかなぁと思い、本当はもっと自分を誇りたい気持ちがあったのに抑えていたので、敢えて出してみることにしました。*****************磯谷祐介の"光と闇"【自分の生きた証を残したい】*****************とりあえず構って欲しいという、いわゆる一般的な承認欲求とはちょっと違うんです。こんな風に生きたい!という強烈な想いがあり、それを達成するために動き出す!と決断すると、人付き合いや仕事を一気に断ち切るくらい強引にかつ急スピードで前進します。他の人のことはこの際どうでも良くなるので、かなり冷徹になります。そうまでしても、絶対に妥協したくない生き方があり、その生き方を貫き通した自分の存在を後世に残したいのです。プライド超高いです。なので、自分が命をかけて取り組める仕事を常に探し求めてるし、そこで結果や評価が出せた時に、自らをむちゃ褒め称えます。ただ、大体一人で振り切ってしまうことが多いため、周りから純粋に応援してもらえず、結果を出しても孤独感を持ってしまいやすいという弱点があります。要は人に頼るのがヘタなのです。ここ最近は研修やグループセッション等で、その場の方々の気質を瞬時にプロファイリングし、その特性やこれまでのキャリアを加味した上で、現状から確実にレベルアップしていくためのアドバイスなどをさせて頂くお仕事が急増しています。かつては、経営者個人や、喋りの教室のメンバー等、あまり広くない範囲でやっていたのですが、ご紹介や口コミが広がり、いつしか行政・企業関係からもお仕事もたくさん頂くようになりました。今日もさっきまで大阪で企業研修をしていたのですが、たくさんの方々の”本来持っている才能 = 気質”にアプローチしていく中で、ふと気づいたことがあります。それは、ほとんどの人が、心の奥に入られるのを怖がっているということ。あーそりゃそうだわ!!僕だって、初対面のやつにズカズカと心の中に入って来られたらイヤだわ!!あ、もちろん、僕がプロファイリングさせてもらう時は、必ず安心・安全な場を作ってからやるので、そこは是非僕を信じて欲しいのですが💦でも、そうやって”人の心の純真な部分”を見つけ出していく仕事をしている以上は、僕の心の内もちゃんと明かさないとフェアじゃないな!と思ったのです!ちなみに、僕がこうやって色々なタイプの方々の気質をプロファイリングできるようになったのは、そもそも、僕自身の思考がむちゃくちゃ複雑に入り組んでいて。でも、だからこそ、様々な人の気持ちに共感できるようになったからなのです。かつては、多様な思考を持つ僕を、八方美人だとかウソつきだとか否定してくるやつもいて、そのせいでそんな自分を否定していたこともありますが、こうやって、自分の中でイヤだなぁと思っていた自分の側面すら愛して、むしろその特性を活かそうとしていくと、自分にしかできないことができるようになっていくのです!そう、嫌いな自分は、同時に最高の自分でもあるんですよ!!というわけで、自分のことが大っ嫌いなあなたが、少しでも自分のことを愛せるようになることを願って!自称”ひとりダイバーシティ(笑)”磯谷祐介の光も闇も、思いつくままにさらけ出します!!*****************磯谷祐介の"光と闇"【みんなの役に立ちたい。みんなを助けたい。でもほとんどの人間が嫌い。】*****************人が好きです。寂しがり屋です。人といたいんです。でも、本当は本音でしか生きたくないから、表面上の人付き合いがどうも苦手で、意図的にひとりになることが多いです。ただ、嫌われるのが異常に怖いので、かつての僕はお誘いなどをなかなか断れなくて、無理して飲み会とか行って、気遣いばかりで疲れて、終わったあとむちゃ後悔していました。今日の企業研修で、あー僕と同じだなぁと感じた方に出会いました。誰よりも心遣いができてしまうから、その責任感の強さから、「自分がやらなきゃ!」と、どんどん仕事を抱え込んでしまう。それでも、優秀なもんだから、仕事もできちゃって、表向き困ってる風にも見えないけど、人を信じるのも怖いから、なかなか助けてって言えなくて、だんだん自分ひとりでもがいて苦しんでいくうちに、周りを見れば、本気で頑張ってなくて、消化試合みたいな仕事してるやつがたくさんいることに憤りを感じ、そんな、簡単に責任を投げ出してくるクズ野郎のことが、死ぬほど嫌いになっていき、どんどん人に対して厳しくなり、そして、誰にも自分の孤独な心を打ち明けられなくなってしまう。それでも、たとえ、自分がどんなに苦しくても、本当にギリギリまで、人のことを気にかけて、誰にでも心遣いしてくれる、とってもひねくれていて、でも最高に深い愛を持っている人。僕と同じ。だから、僕は助けたい。おこがましいと思われるかもだけど、でもあなたを助けたい。だって、誰よりも自分のことを後回しにして、たくさんの人のことを一生懸命助け続けてきてくれたから、もう、誰かに助けてもらってもいいんじゃない?少しは甘えてみてもいいんじゃない?人からの愛を受け取る資格を、助けてもらっていい権利をあなたはもう持っていると思うよ。そんな想いで、最近は研修などに取り組んでいます。こういう複雑な感情を持った気質の人だっているんです。世間的に見たら、否定されることも多いかもだけど、でも、それだって立派な個性だし、この感情の深さがあるからこそ、たくさんの人の心に寄り添うことができる。いいとこだって、いっぱいあるんだよ。ね?こんな人がいたっていいでしょ?人は、みんな”違い”があるから、いいんです。たくさんの人が、自分の”気質”を理解し、そして、他者を理解する心を持ち、互いの違いを受け止め合っていけるような世界を僕は作っていきたい。だから、そういう多様性を受け止めていこうとする企業さんを応援したり、自らの才能を開花させ、たくさんの人の力になっていきたいと本気で考えている人のサポートに全力を注いでいきますよ!!そして、今年は全国に飛び出します!!あなたの才能を開花させるため、仲間たちと共に全国を回るプロジェクト、始まります!!まずは東京から!!詳細はコチラ!http://blog.nekopenguin.com/entry/2018/03/02/180208

      9
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 僕らはみんな共通の大地の上にいる

      僕が21歳の時にカナダで出会った言葉があります。common ground移民の国であるカナダならではの言葉だなぁと思った。ひとりひとり違うけど、みんな共通の大地の上に立ってる。そんなメッセージが、その時なんとなく自分の心に刺さり、以降、常に僕の近くに置いてきた言葉です。気が付けば、その言葉通りのお仕事を選んでいる自分がいるなぁと最近つくづく感じます。やはり人は、どこか無意識のレベルで、ずっと昔から自分の望む生き方を知っていて、そこにつながるメッセージと、人生の要所要所で自然と出会っているんでしょうね。ちょうど昨年の大晦日に、AI業界の最前線にいる企業経営者さんと打ち合わせをしていて、これからは、『人の成長をサポートする人』が、これからもっともっと必要になってくるんじゃないか、なんていいう話題になりました。ある程度豊かになった先に人が求めるものって、やっぱり”自分らしく生き、成長していくこと”のようで、世界のトップをいく企業は、社員さんたちのいきがいや自己実現を大事にするような社内の仕組みをどんどん作っていきたいと考えているんだそうです。やっぱ自分が心から楽しく過ごしている瞬間にこそ、インスピレーションって降りてくるものですからね。トップ企業ほど、こうやって、人がのびのびと仕事をしていけるような環境をつくり、それぞれのひらめき力を伸ばしているんだなぁと知りました。僕個人は、今年は特にそういった環境でのお仕事が多くなりそうです。さて、では、どうやったら、たくさんの人たちがのびのびと仕事をしていけるような環境を作っていけるんでしょうか?参考までに僕が、普段企業研修やチームコンサルティングの現場で活用している考え方や手法を紹介していきますね!****************人の持つ価値観にそもそも優劣はない!ちょうど今週、喋りの教室の新年最初のレッスンでも行ったことなんですが、まず、とても大切なことは、その人が今一番大事にしている価値観を尊重することです。当たり前のことですが、人はみんな違います。きっとそれは、誰しもがわかってるんでしょうが、けれど、気が付けば多くの人が、相手に自分と同じ考え方や行動を仕方を求めてしまっていますよね。(会社にいるめんどくさい先輩とかね)さらに、教育の分野でも、”みんなが同じように生きていく”のが良しとされていた時代がしばらく続いていたため、いつの間にか、周りと違うと、排除されてしまうかもという恐怖が僕らの中に生まれるようになってしました。本当はみんな違うのに、それぞれの個性を出すことが許されない。いつしかそんな社会がフツウなんだと、僕らは考えるようになってしまいました。けれど、明らかに時代が変わり、ようやく、”感情”や”心”の時代と言われるようになってきました。これまでの社会では、周りの人と同じように物質的に豊かになることで、自分自身が満たされると考えられていたのですが、いざそれが満たされると、次に人は”精神的な豊かさ”を求め始めます。例えば、お仕事などでは、お金や肩書きよりも、やりがいや人間関係の充実を大事にする人が増えていますよね?採用のお仕事にも少し関わっているので、明らかな変化を僕自身も肌で感じています。特に若い世代が顕著ですが、どれだけ安定している大企業に勤めることができても、心が充実していなければ、簡単に辞めようと思ってしまうのです。そんな時に、特に組織の中などで大事にして欲しいことが、それぞれの大事にしてる価値観を話し合い、受け止め合うということ。仕事で結果を出したい人もいれば、家族との時間を大事にしたい人もいる、じっくりと自分と向き合いたい人もいれば、仲間たちとわいわい楽しみたい人もいる、みんな大事にしていることが違うわけです。どれがより優れているとか、エラいとかは本来ありません。それを、お互いに理解し合い、そして、否定しないこと。これだけで、人間関係はかなり円滑になるといっても過言ではありません。人の大事な価値観を探すヒントは、その人の日々の行動の中にあります。なんだかんだで、僕らは自分の価値観を満たすための行動にたくさんの時間を割いているのです。日頃の行動パターンを分析して、その共通点を見出していけば、その人が尊重して欲しいと思っている価値観が見えてきますよ!ちなみに僕は、普段はこういう場づくりをしているくせに、自分と向き合うことにかなりの重きを置いています。なので、お付き合いの飲み会に行くくらいなら、断って一人で本を読んだり、内省したりするという行動を取り続けてきました。きっと20代前半の頃は、生意気な若手だったろうなぁと思います(笑けど、おかげで自分がこう生きていきたいという軸は全然ブレなくなりました。今では、超根暗な自分に感謝していますね(笑****************違いは才能!それぞれの違いを信頼し合えば、最強のチームになる!!ここからは、僕が喋りの教室や、チームコンサルティングのお仕事の中で、人それぞれの才能を開花させてきた最大の武器であり、人の成長にとって、最も重要な要素だと考えていることをお伝えします。以前からも、ブログの中で小出しにはしてきたことなのですが、それは、人の先天的な気質(=最強の才能)を見極めることです。僕の中で、この気質の見極めによる人の成長サポートをトライアルで現場実践してきた結果、才能開花にかなりの効果があることがわかってきたため、いよいよ今年から徐々に情報公開を始めていく予定です。今回は、ざっと大枠だけ伝えておくと、大きく分けて、人には6つの気質があると思って下さい。確固たる意志と情熱を持ち、そのパワーでチームを引っ張っていける人相手の感情を察知し、心に寄り添ったり、心遣いをして人を助けられる人豊かなアイディア力と好奇心で、人を巻き込み新しいものを生み出していく人客観視の達人で、物ごとが効率よく進んでいくための最善の方法を見出せる人唯一無二の感性で、人の心をぐっと掴む言動や、アートを生み出せる人全体を俯瞰視して、物事のバランスをとり、人と人との和を導いていける人これらのいずれかを、僕らは先天的な才能として持っています。そして、誰もが優位性のある第一気質と、それを支える第二気質として二つの才能を備えており、その組み合わせによって、その人の特性が変わってきます。この第一気質と第二気質を最大限活かせる思考や行動がとれるようにサポートをしていくと、見事に才能が花開き、結果を出していくのです。例えば、かつてコミュ症だった女の子は、今ではみんなから愛されるアナウンサーとして活躍していますよ。ただし、本来誰もが素晴らしい能力を持っているのにも関わらず、結果に恵まれていない人が非常に多いのは、この先天的な才能ではなく、家庭環境や、学校、社会の中で、こうすべきだといつの間にか思いこむようになってしまった価値観で、自分自身を縛っているからです。だから、実際には自分自身の素晴らしい才能を自ら否定してしまっている人もいます。本当にもったいない!!しかし、先ほども書いたように、人は、なんだかんだで日々の生活の中で、自分の大事な価値観を満たすための行動を自然と起こしています。実は、この気質に関連する行動も、自然と行っているのです。そこを分析していけば、その人の才能も案外簡単に見出すことができるわけですね。そして、それぞれ違った才能を持った仲間が集うと、互いの足りない部分を補いながら、自分は心地よくベストを尽くせるというチームを作り出すこともできます!だから、本当はみんな、自分の”得意”にどんどん尖っていったらいい!そして、足りない部分はチームで助け合っていけばいいんです!各気質の特徴や見極め方、才能の活かし方などは、少しずつではありますが、これからこのブログを通してもお伝えしていけそうですので、是非お楽しみに!僕らも、すでに結果は出始めているものの、まだまだデータが足りないなぁと思うところもあり、現在、この気質に関する研究をチームで進めていますので、そこで得た最新情報なども、またお伝えしていきますね!

      6
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ⑤ ~自分自身を知ること~

      なんでか、ちょくちょく感情が不安定になってしまい、人のことを疑ったり、嫌いになったりしてしまう。(けど、実際にはむっちゃ寂しいから、超かまって欲しい、、、)そして、ネガティブなことばかりを考えてしまう自分のこともイヤになってしまい、気が付けば、自己嫌悪のカタマリ状態に・・・これは、僕も含め、僕らHSP気質を持っている人のほとんどが経験していることだと思います。自己嫌悪になってしまうと、そんな自分にちゃんと向き合おうって思えないんですよね。向き合うと、余計に自分の嫌いなところが出てきちゃうから、じゃぁ、いっそのこと見ないようにしようって。けど、、、そんな僕らにとって、最も重要なことは、「自分自身を知ること」なんです。(同時に、これが最も怖いことでもあるんですが、、、)ここがとても重要な一歩。ここだけは、自分自身の足で踏み出さねばなりません。自分自身の意思で、決めなければなりません。だって、あなた自身の人生だから。今の自分を変えたい!でも、まだ勇気が出ないという方の参考になればと思い、HSP気質を持った、一人の男性の経験と本音をあなたに届けます。矢野良太くん、現役の教師であり、現在「いそがい 喋りの教室 上級コース」で自身の”伝える力”を磨くため、日々挑戦をしています。HSP気質を活かして、子どもたちの本音を察知できる彼は、ひとりひとりにまっすぐ向き合ってくれる先生として、子どもたちから大人気。しかし、一方、学校現場という閉鎖的になりやすい空間では、その事実が他の先生からの”妬み”や”ひがみ”を生み出してしまい、そのマイナスな感情たちからのダメージに苦しんでしまうことも多々あるそうです。そんな彼が、”自分自身に向き合う挑戦”への想いを綴ってくれました。===================「自分を生きていない。」と、感じる時があります。周りの意見に流され、他人から嫌われるのを恐れ、(いや、もう嫌われてるけど…)自分の意見を殺して、とことん自信を無くし、落ち込みます。周りの人からはそんなことで?と思われるかもしれない。でも、落ちたら自分をとことん否定してしまいます。逆に、調子の良い時は、人の気持ちがわかり寄り添うことができます。自分に余裕が生まれ、他人の為にできることをします。この二つの共通点は、「他人の気持ちに合わせること」です。良い意味で他人に寄り添えたら、人を救い、自分も救われると思います。悪い意味で他人に合わせたら、自分を失い、周りの言いなりになって世のお節介な人間の餌食になります(笑)私は、この気質に気づいてから、人と比べない努力や自分を保つ努力をしてきました。今後、この気質と向き合い、より自分の為、他人に対して良い関わりができるようにしていきたいと思います。矢野良太==================※参考記事人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ③~僕のHSP経験談~http://ameblo.jp/yusukeisogai/entry-12276740397.html==================

      3
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ④ ~過去と向き合う~

      いっそのこと、感情なんて出さない方が、平穏を保てるし、人に迷惑をかけないでいられると思う。何よりも、感情の起伏の激しい自分のことが好きじゃないから、できればそんな自分は奥底の方に閉じ込めておきたい。中には、自分の親の、溜まってしまっていた感情を爆発させて、周りに迷惑をかけている姿や、感情を我慢し過ぎて、心を壊してしまっている姿を見たりして、自分はああはならないでおこうという思いから、冷静に感情を処理する(もしくは感じないように意図的に自分を無機質な感じにさせる)ことがいつの間にかフツウになってしまっていた。最近、本当によくHSP気質(人の感情を敏感に感じ取ってしまう気質)の人に会うようになったのですが、そのほとんどの方が、上記のようなパターンで、『自分の感情を出すこと、自分の感情を知ることを良しとしない』傾向があります。それでも別に仕事はやっていけるし、社会の中でもなんとか生きていけると思います。ですが、会社の中での上っ面な付き合いとかが、「ウソだらけ」なものだということがわかってしまう僕らにとっては、もうその空間にいるだけで、疑いや妬み、憎悪、嫉妬などをたくさん感じてしまい、とにかくしんどいのです。だから、ほとんどのHSP気質の人が自分の感情を閉じ込めようとしてしまうのは仕方がないことなのかもしれない。意図的に感じないように振舞っておけば、なんとか無難にはやっていけるから、このままでいいよ。今更感情なんて出したくはないよ。っていう意見の方が多いのも仕方ないかもしれない。でも、本当はその奥底にあるあなたの純粋な感情が、人の心を振るわせるほどの素晴らしいパワーを持っているから、できれば、多くの人に、その感情を抱きしめ、そして小さな自分自身を受け止め、素直になり、もっと感情豊かに、周りの人をもその言葉と想いで感動させてしまうような人生を送っていって欲しい!僕らは、ただただそう願っています。確かに、奥底に隠していた自分の感情に向き合うのは、僕らにとってはかなり怖いことです。でも、その豊かな感情こそが、僕らの”本当の強み”だから、もし、少しだけでも興味を持ってくれたら、彼女の”偽りのない言葉と想い”を感じて欲しい。現在、僕の事業のサポートをしてくれている心強い仲間である、飯田諒子ちゃん。彼女もまた、HSP気質を持っており、それにより苦しんだ過去を持ってます。そんな彼女が勇気を持って、自らが否定してきてしまった過去をさらけ出してくれました。彼女は今、自分の感情に向き合おうと必死に挑戦しています。彼女の経験が、あなたの『支え』になることを願って、彼女が素直に綴ってくれた言葉を以下に送ります。===================「すぐ泣かないの!」「なんでカンシャク起こすの!?」「○○ちゃんは強いんだから、あなたも同じように、、」これは、私が幼い頃言われていた言葉たちです。些細な物事に感情が触れて、怒りに変わってしまう。人の何気ない言葉に傷つき、それがびっくりするくらい胸に残ってしまって涙が出てしまう。でも、、。私が泣けば誰かが困る、誰かが嫌な気持ちになる、幼い頃からそう思って生きていた。だから誰にも泣きたいなんて言わなかったし、 苦しくなったら、感情を整理して終わりでした。怒り・悲しみなんかは特にそう。でも本当は周りのあの子みたいに泣きわめいてみたかったんです。ワガママを言ってみたかったんです。そういう人が嫌だなって感じでいたのに、本当は自分が一番そうなってみたかった。でも出来ないから、必死に「あの人みたいにはなりたくない!」って言葉で自分の感情を見ないようにして生きてきました。大人になってからは、 それが人の感情を吸収する事に変わりました。「あの人、心から笑ってないな」「あの言葉に、傷ついてるんだな」そんな事を感じては、その人に声をかけていました。でも、 誰も気づいてくれなかった。本当は、私自身に一番気づいて欲しかったということを。助けて欲しかったということを。素直に助けてって言えたらどれだけラクだったろうか。けど誰にも言えなかった。幼い時のように否定されるのはもう嫌だったからです。もし、これを読んで下さっているあなたが、何か共感してくれるものがあったら、そんなあなたにどうしても伝えたい事があります。本当は、泣いてしまう自分を許してあげたい。本当は、傷ついてしまう自分を赦してあげたい。本当は、そんな自分を一番愛して欲しい。 わかって欲しい。そう思っているんじゃないですか。    苦しかったね。泣いちゃダメ、心を動かしちゃダメって思ってたんだね。でもね、貴方はもう十分すぎるくらい 人の感情に向き合ってきたから、、だからもう、すぐ泣いてしまう自分も、心が過剰に動いてしまう自分も、誰にも助けてを言えない自分も『赦して』あげて欲しい。それは弱さではないから。飯田諒子===================どうか、ご自身の感情を赦して、受け止めてあげてください。そして、愛してあげて欲しいのです。だって、僕らの感情は、その”美しさ”と”まっすぐさ”で人の心を救えるほどの素晴らしい力を持っているんだから!!

      9
      テーマ:
  • 08 Jun
    • 人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ③ ~僕のHSP経験談~

      ずっと、みんなも僕と同じように、”他人の気持ちや感情がわかる”ものだと思っていました。なんとなくそれが昔からわかってしまうから、自分にとっては当然フツウのことだし、周りも同じように「感じ取っている」はずだ、と。え?これって他の人にはそんなにわからないことなの?と気づいたのは、ホントにここ一年くらいの話なんです。というわけで、僕は昔から、「大丈夫だ」と言っておいて、実は心がボロボロになっている人のことががわかりました。「楽しい」と言っておいて、ホントはその場にいるのがつらい人のことがわかりました。だから、「なんでみんな見て見ないフリするの!?この人、実は言葉で言ってることと、やっていることが全然違うよ!つらそうだよ!」「どうして、みんなもっと助けてあげないの!?」「どうしてみんなもっと他人に関心がないような”フリ”が平気でできるの!?」って、心の中がモヤモヤしてて、ずっとつらかったんです。しかも、目の前で困っている人がいるのに”気づいている”のに、助けてあげらるだけのキャパの余裕がない自分にも、はがゆさやと悔しさをずっと感じていました。さらに厄介なのは、自分自身が楽しくもないのに、言葉では「楽しい」って、ウソをついてる時に、実は自分の心が苦しんでるということにも、敏感に気づいてしまうから、些細な人付き合いの中で、いちいち考えすぎてしまって、ムダに凹んだり不安になったりすることが多かったです。生産性の少ない”お付き合い”の飲み会とか、基本的には苦痛でしかなくて、敢えて他の人のことを感じないように適当に振舞ったりして、なんとか過ごしてましたが、やっぱりどうしても好きになれず、今ではほとんど行きません。僕にも、適当な発言や行動が気軽にできたらどれだけラクだったろうか。そういうことができる人のことをずっと羨ましく思っていました。。。(一時期、こういうキャラになれるように試みてましたが、やっぱり僕の素直な感情が出てきてしまって、結局適当にはなり切れなかったです。)世の中には、「他人の気持ちや感情を感じ取り過ぎてしまうという敏感な気質」を持つ人が実は結構たくさんいるのです。そして、かつての僕のように、「他人の感情を吸いすぎてしまったり」、「自分の奥底から湧き出る感情が抑えきれなかったり」して、その”才能”をうまくコントロールできず、苦労をしている人がほとんどなのです。HSP気質を持っているが故に一番苦労したのは、おそらく働き出してからだと思います。やはり次元が変わったのは、「お金」や「責任」が発生するところからでした。それまで学生時代は割と好きなことをやれていたのが、いざお金を頂くとなると、「やらなければいけないこと」がたくさん発生してきます。その中には、自分が本当に良いと思っていないことも当然ありました。他の気質の方にはさほど気にならないのかもしれませんが、僕らHSP気質の人間にとっては、自分が良いと思っていない商品をPRしたり、売ったりする行為が、イコール”自分の感情を偽ること”になり、それがかなりしんどいのです。仕事内容によっては、相手の本心やニーズがわかっているにも関わらず、こちらの都合で、本当にニーズに合うものとは違うものを売らざるを得ないことがあり、もうこれはかなり苦痛です。自分と相手にウソをついている状況に自ら違和感を強く抱きながら、「やらねばならない」に従い続けることは、おそらく自分を壊すことになるだろう、と、直感的に察知し、会社員や公務員はたぶんやめた方がいいと判断。だから、僕は一般的な就職活動という選択から逃げました。(だから僕は自営業しか知りません。)たぶんね、僕、営業職とかやったら、速攻でうつ病になる自信があります。飛び込み営業とか、アポ取りの電話とか、もう恐怖で恐怖で、、、好きでやらせてもらっていたラジオの方も、もちろん番組は楽しかったし、自分の役割にも誇りを感じていました。けれど、やっぱり自分の意に反して言わなきゃいけないことがあったし、顔を売るために、”お付き合い”しなければいけないよ的なことも言われ、これも自分の意に反して、思い切ってその流れに入ってみたこともあります。耐えられないレベルではなかったですよ。でもやっぱり、いちいち心が疲れてしまったり、モヤモヤしたりしてしまうんです。さらに、喋りのプロと呼ばれる人たちでも、自分をかなり偽って喋ってる人が案外多いという事実にも気付いてしまい、その人たちと話をする時は、当然本音で向き合えるわけではないので、なんとか当たり障りのない会話でつないでいた感じでしたが、これも地味にしんどかったなぁ。結局、最終的には、”なるべく感じないようにわざと心を無にする”か、”わざとゆるいキャラを作り上げて、なるべく人との衝突を避ける”ことしかできなかったです。これが僕の必死の防衛術でした。それでも、なんとかラジオDJとしてのポジションをもらい続けることはできていたので、このまま ”敢えて感じないようにしている” 自分でいたら、もしかしたら、もっと長く続けられていたかもしれません。でも、わざと感じないように、ゆるーい雰囲気のキャラでいってたら、ホントに意識もゆるーくなってしまって、なんか気が抜けたような感しといいますか、とにかく、自分のエネルギーがどんどん落ちていっているのを感じました。生活習慣がぐだぐだになりました。仕事に余裕が出てきたのか、ムダにゲームやスマホを見ることなどに時間を浪費することが増えました。ぼーとしてしまう時間が増えてしまい、夜更かしが増えました。それでもちょこちょこ自分の感情がうずいてくるので、意図的にひとりでこもる時間をたくさん取らなければ、うまく自分を保てませんでした。・・・あ、たぶんこのままいったら、自分、ダメになるな。直感的にそう思いました。たまたま、このタイミングで、企業研修や、講演活動、「いそがい 喋りの教室」が軌道に乗り始めていました。しかも、そこは自分自身が0から作ったものだから、「自分の感情を偽った発言をする必要はない」わけですね。あれ?こっちにいる時は、自分のエネルギーが落ちるどこか、増えてるぞ??と気づいたわけです。結婚もして、子どももいまして、さらに自営業故に、手を抜いたら仕事がなくなってしまうような環境ですから、これから、もっと自分がパワーアップしていかねばならない理由が明らかにありました。そして、何よりも「自分の感情にウソをついてない時の方が、自分が元気でいられる」ということを知ってしまったために、もうその事実を見て見ぬフリはできませんでした。あんなに頑張ってチャンスを得たラジオDJのポジションを自ら捨てる決断をことは怖かったです。でも、ここで思い切って大きなものを断たないと、本当に自分の心がスッキリするような働き方ができるように、本気で挑戦することができない!と感じました。挑戦は決して楽ではなかったですが、今では、このHSP気質を研ぎ澄ましたことで、よりその精度が強化されたのか、以前より、人の感情や気持ちを読み取る力が強くなりました。おかげで、僕がやっているコーチングや研修、講演、インタビューなどの事業がさらにパワーアップしていってます!たぶん、なんだかんだ、このHSP気質を持ってる以上は、自分の本当の感情にウソをつくことができないんだと思います。自分の感情にウソをつくか、わざと感じないようにしていると、一時的には、少し楽になるのかもしれないけど、自分の活力もどんどん落ちていってしまい、元気もなくなっていくから。それが積もり積もると、最後は結局一番しんどい状態になってしまうんだろうと。でも、逆にHSP気質に素直に向き合い、自分の奥底に秘めた感情をしっかり受け止め、自分の本心に合った挑戦を続けていけば、この気質の特性を活かして、たくさんの人の心を救うことができるんです!本当に ”素晴らしい才能”だと僕は思います!だからこそ、より多くの方にこの気質を武器に変え、そして社会の中で、どんどん活躍していって頂きたいです!キレイな感情も、汚い感情も、わがままな感情も、力強い感情も、すべてがあなた自身であり、あなたにしかない強みなんです。どうか、そんなあなたの美しい感情を愛してあげてくださいね。==================※参考記事人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ①http://ameblo.jp/yusukeisogai/entry-12276564059.html人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ②http://ameblo.jp/yusukeisogai/entry-12279685680.html==================

      17
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ②

      実は、自分の奥底にある感情には気付いているのに、それに向き合おうとすると、今までガマンしていた感情が一気に溢れてしまいそうで、それが怖くて、敢えて自分の感情を見ないようにしていたり、または、人の気持ちや感情を敏感に感じ取ってしまい、そこに影響を受けて、自分の感情も揺らいでしまうのだけど、それがつらくて気付いていないフリや、わざと感じていないように見せてしまったりと、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)気質を持っているのに、上記のような対応をとってしまっている人がとても多いなぁと感じています。==================※参考記事人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ①http://ameblo.jp/yusukeisogai/entry-12276564059.html==================最近、また僕の前で涙を流しながら、素直な感情を出してくれる人が増えてきました。自分の感情が揺れていることや、自分の感情を放出することが、イヤだとか怖いとか思っているんだけど、本当は素直な感情を伝えたいし、不安な気持ちになっている自分のこともわかってもらいたい、そんな気持ちが、涙を流してくれる人の心から伝わってくるのです。※一昨日行われた「いそがい 喋りの教室 ベーシックコース体験会」でも、割と強めにHSP気質を持っている方が数人来てくれ、正直な気持ちを打ち明けてくれました。僕自身、HSP気質を持っていて、コイツに苦しめられた経験ももちろんあるのだけど、それをうまく活かせば、こんな風に目の前の人の気持ちを軽くしてあげることができるんだと気づいてからは、同じHSP気質を持っている人を見つけては、そんなアプローチをしています。※ HSP気質のことをもっと知りたい、うまく活用・コントロールしたいと感じている人のための”場”を作ります!↓↓↓******************◆6月30日(金)19:30~【HSP気質を活かす勉強会~感情を整理する~】http://ameblo.jp/yusukeisogai/entry-12278830357.html******************先日、この企画を急遽打ち出してから、個人的な連絡をたくさん頂きまして、●もしかしたら自分もこの気質を持っているのかも!?●こんな風に感じていたのは自分だけで、きっと自分がおかしいんだと思っていた。●自分がこの気質を持っていることを人に言うのは怖いんだけど、 出せる場があるなら、打ち明けてみたい!などという意見が多かったです。==================さて、頂いたご連絡の中で、何人かの方から同じような質問をもらったりしましたので、この場を使って、HSP気質について書きつつ、Q&Aも行っていきますね!(※HSP気質については、これまで僕が独自で行っていた実証実験の経験に基づいて書いています。特に学術的に研究をしたわけではありませんので、ムリに信じてもらわなくてもいいです。)◆自分がHSP気質を持っているような気もするんだけど、磯谷くんが記事に書いている内容ほど強めに感じ取れているわけではない。これってHSP気質なの??⇒ そもそも気質(人が先天的に持っている能力)には、HSP以外にも色々種類があるんですが、持っている気質の”強さ”にも、個人差がありますので、大体、「HSP気質をかなり強く持っている人」 と、 「割と強く持っている人」 とに分かれます。感じ取る力に差はあるものの、両者共に、自分の感情にウソをつき続けていると、だんだん心のモヤモヤが強くなっていき、しんどく感じるようになる傾向がありますので、今回のグループセッションでは、気質の強さに関係なく、参加者を募集しています。あとは、HSP以外の気質も含めた「人の気質」全般について言えることですが、自分が一番強く持っている気質を、抑え込んでいたり、自らそれを否定していたりすると、かなり活力が落ちてしまうようです。例えばHSPの場合は、自分の感情にウソをつくとか、感じないフリをしていると、元気がなくなっていったり、目が色褪せていったり、やたら怒りやイライラの感情が溜まっていったりしてしまうわけですね。(都市を歩いていると、そういうサラリーマンの方が多く見かけるのですが、僕はHSP気質故に彼らの心のモヤモヤや苛立ちを吸ってしまって、結構しんどい時があります。東京の満員電車とか特にひどい。だから極力人混みには行きません。)で、こういう時って、やたら人目や、周りからの評価が気になりませんか?その”気にしすぎ”が、HSP気質と似てると感じちゃう人もいるようなのですが、この場合は、HSP気質ではないと思いますよ。ただの”気にしすぎ”です。※尚、HSP以外の気質に関しても、現在僕らのチームでは8割型解明していて、まだまだ検証中ではありますので、この情報を一般公開できるのはもうちょっと先のことになるとは思いますが、とりあえず今は、経営者の方などに行っている個別コーチングや「いそがい 喋りの教室」(主に上級コース)を通して、ある程度、密に関われる人にのみ、直接気質のお話を伝えており、その上で「それぞれの気質に合った成長サポート」を行っています。僕の周りの方に関して言えば、このサポートの仕方は、かなり効果が上がってきているなぁと実感しています!(このサポートの結果、例えば、学生さんがアナウンサーなどなりたい職業に就いたり、個人の目標を達成できたり、生き方や考え方ががらっと変わったという人がどんどん増えていますよ!)==================◆HSP気質を持っているけど、別に感情を他の人に出さずに、自分の中で押さえておいても特に問題ないでしょ?⇒ それでもきっと、それなりに裕福には生きてはいけるんだと思いますよ。ただ、自然に自分の感情を出したり、迷いなくチャレンジや行動をしていたりする人を見ると、羨ましく感じちゃいませんか?この”モノ溢れ”時代だからこそ、どうやら、物質的豊かさだけでは、僕たちの心はスッキリしなくなってしまったようですよ。そして、それが溜まっていくと、世界的に見たら十分に裕福な部類に入るような生活ができているはずなのに、ストレスで苦しむことも、、、自分の本心を抑え込んで、本当に自分が望むチャレンジを諦め、カタチとしてわかりやすい安定のために、妥協したり、守りに入ったり、波風立たぬよう無難にやり過ごしたりしてしまうと、そこそこお金は稼げたり、それなりの社会的地位は確立できるんだけど、心のモヤモヤはずっと解消されないままです。誰しも、「自分の気質に従った成長欲求」というのを元々持っているんですが、ある意味、チャレンジしないという選択は、この成長欲求を偽ることになるので、モヤモヤしちゃんうんでしょうね。まぁ、それでも生きてはいけるんでしょうけどね。==================◆できれば、他の人にさらけ出したくないんだけど、自分ひとりで感情をうまくコントロールできるようになる方法はないの?→実は、僕は感情をコントロールする練習をずっと一人でやっていましたので、不可能ではないです。(これまで気持ち悪いくらい大量のノートに自分の感情を書きまくってなんとか整理してきましたw)ですが、一人でずっと向き合ってきたからこそ感じるのが、やっぱ、ちょっと寂しかったな~って(笑今は、それを受け止め合える仲間と、同じ気持ちや体験を共有できるってのはいいなぁと感じるようになりましたよ!だから、僕はその”場”を作ります!==================◆たぶんHSP気質を持っているんだけど、グループセッションで自分の気持ちをうまく伝えられる自身がありません。そんなでも参加していいの??⇒そもそも、HSP気質を持っている人のほとんどが自分の感情をうまく伝えられていないので、ご心配なく!みんな同じ悩みですよ!ですが、そもそも、「自分の感情をちゃんと整理して、理解できている状態」と、「あふれ出る感情に振り回されるか、それを抑え込み続けている or 意図的に感じないようにしている状態」とでは、”心の余裕”に、かなりの差が出るなぁと感じています。僕は、できれば多くの人に、心がスッキリして、日々が楽しいと感じる生き方をして欲しいと願っているので、まずは今回、手始めに「感情を整理する」というアプローチを行います。まずは、しっかり「知る」ことが重要だと思います。練習していきましょう!==================◆なんで磯谷くん、そんなことできるの??⇒なぜだかできるようになりました(笑)ただ、誰もが持っている”言葉の裏にある本心”を知ろうとする練習は、誰よりもしていたかもしれません。仕事柄、インタビューなどで本当に相手に喜んで欲しかったので、そういう練習を自然とやってしまっていました。そして、最近わかってきたことですが、どうやらHSP気質の能力を磨きまくると、人の奥底にある感情を読み取りながら、その人が元々持っている気質にも気付けるようなるみたいですよ。だから、僕たちHSP気質の持ち主は、元々「人を助けられる可能性」を持っているんです!!教師や講演家、コーチ、カウンセラー、人事などの仕事に向いているでしょうね。僕自身もこの能力をまだまだ磨いていくつもりですし、とりあえず、僕が近くでサポートできているHSP仲間たちには直接スキルを伝授していってます。これね、ホントすごい才能なんですよ!!だから、もっとたくさんの人にHSP気質をうまく使いこなせるようになって欲しい!そして、人の本当の心を理解して、モヤモヤから救い出してあげられる人になっていって欲しいんです!!だって、世に素晴らしい内容の本やセミナーがたくさんあるのにも関わらず、HSP以外のものも含めて、自分の気質をちゃんと知って、それを”自分の強み”として、うまく使いこなせている人ってかなり少ないですよね!?それはたぶん、誰かから丁寧に引き出してもらったり、寄り添ってサポートしてもらっていないからでは?と思うのです。親でも、我が子の強みをちゃんと理解して引き出せている人って、むちゃ少ないですよね。さらに、一人で自分の強みを見出して、それを磨き、仕事に活かしていける人も、本当ににごくわずかな人たちだけです。だから、今後もこういう機会に、参加者の方々を丁寧にフォローしてくれるスタッフさんたちのスキルアップを図ろうと、今まさに動いてます!フォローアップ体制をこれからどんどん強化していきますね!==================とまぁ、最近はこんな感じで活動してますので、こういう姿勢って、たぶん心には響くんでしょうね。年齢関係なく、ホントにたくさんの方々が、僕の目の前で涙を流して、素直な気持ちを打ち明けてくれるようになりました。別にね、泣かせたいと思ってるわけではないんですよ。でもさ、悔しかったり、つらかったり、ホッとしたりして涙を流すことって、果たしていけないことなんでしょうか?僕は、人間のそういう”不完全な”部分こそが、とても人間らしくて、美しいと思いますよ。だって、みんな喜怒哀楽を同じように持っているんだもん。感情が溢れてしまうことは、当然のことなんじゃないかな?完璧な人なんて、どこにもいないし、完璧になろうとしたり、自分の表面の部分だけしっかりしてる風に見せようとして、ムリに感情を押さえてしまうのは、やっぱ人として不自然な気がしてならないのです。これは、HSP気質を持ってる人に限った話ではないですよ!他の気質を持っていても、その強みをうまく使いこなせていなかったり、自分の中でそれを否定して、抑え込んでいたりすると、やっぱりそれがあなたの心をモヤモヤさせたり、本当の感情を傷つけたりしてしまうのです。できれば多くの人に、心がスッキリして、日々が楽しいと感じる生き方をして欲しいので、僕はコツコツ活動し続けますね!==================追記。この記事をアップした後、HSPを持っている方々と何人か話した結果、これだけグサグサストレートに書かれると逆につらくなってしまったり、これまで自分の中で、感情に振り回されないようになんとか抑えてコントロールしてきたのに、それを掘り起こされそうで、怖く感じてしまう方がいるのがわかりました。すいません、そういう方は僕の記事を読まない方がいいと思います。知らない方が、心が平穏でいられることもあります。どうやら、自分が感じて取り過ぎてしまうことがイヤで、「わたしもフツウになりたい!」などという想いから、実際に、「感情を抑え込んで、かなり冷静な自分を作り上げることで社会に対応していくという戦略」を無意識でやっている方も結構いて、案外これでも、例えば経営とかができてしまってる方もいるので、それならばムリに感情を呼び覚まさなくてもいいかもしれません。ただ、もし今、何かしらの理由で、押さえていた感情が溢れそうになる瞬間があるとか、冷静に感情に対処していたはずだけど、僕の記事を読んでみて、実はちょっと感情出したかったかも!と感じてしまった方は、今、本能がそうすることを望んでいる可能性があります!(気質ってそういうもので、無意識で反応してしまうのです。)そして、自分の本能的な要求をしっかり受け止めてあげられるようになると、その人の持つパワーがむちゃくちゃ上がることが、僕のコーチングの経験上わかっていますので、特に、現状では、とりあえず感情も冷静に抑えられているのだけど、感情を「受け入れているわけではない」方は、今、その本能的な感情を見つめなおすことで、さらなるパワーアップが計れる可能性がありますので、今よりもうちょっと自分を成長させたい!という方は、是非僕の持っているスキルを盗んでいって下さいね!あとは、学生さんや若い社会人の方で、まだうまく感情がコントロールができていない方は、今のうちにムリのない対処法を見つけ出しておくと、今後がかなりラクになっていくと思いますので、是非6月30日に、自分の感情の整理に来て下さいね!

      18
      テーマ:
  • 22 May
    • 人の気持ちを"敏感に感じ取り過ぎてしまう"気質を持つあなたへ ①

      世の中には、「他人の気持ちや感情を感じ取り過ぎてしまうという敏感な気質を持つ人がいる」という内容のニュースです。================“敏感すぎる”に共感広がる(NHK WEBニュース)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987951000.html?utm_int=news_contents_news-genre-life_with-image================で、それによって、人の気持ちが異常にわかりすぎてしまうからこそ、周りを気に遣いすぎて、自分が本当に思っていることを言えずに、ため込んでしまう。(それがひどくなっていくと、心を病んでしまったりする。)とのこと。おそらく、これに共感できる人は結構多いと思います。そして、そんな気質を持ってしまっている自分のことをイヤだ、と思っているかもしれません。こんな能力を持ってなければ、もっとラクに生きられたのに、と思っているかもしれません。そして、こんな風にニュースが書かれていると、あたかもそれが、病気かのような印象を持ってしまう人もいるでしょう。(そうではないとニュースでも言っていますが、ネガティブイメージを持たれやすいだろうと僕は感じました。)でもね、先に断言しておきます。あなたの持ってるその能力、才能なんですよ。上手く活かせば、あなたを最高に輝かせることができるんですよ!!実は、僕もこの気質を昔から持っています。これが学術的には、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)と呼ばれていて、すでに研究されていたことは全く知りませんでしたが、僕は、自分のこの能力に振り回されるのではなく、どうしたら仕事などにうまく活かしていけるかと、10年くらい独自で実証実験を繰り返してきました。そして、それをコントロールし、むしろ、それがあるからこそ、自分の人生がうまく好転していくような活かし方を大体見つけることができました。(まだ、検証自体は続けています。)特に人の成長に向き合うお仕事や、場の雰囲気を作っていくお仕事には抜群に相性の良い能力でして、僕のやっているコーチングや、「いそがい 喋りの教室」、研修、講演、司会業等すべてに活かしています。磯谷の話、本当かよー?って思っている方は、もし近くに、僕の個別コーチングを受けた経験のある方か、喋りの教室上級コース修了生・スタッフがいたら彼らに直接聞いてみてもらうのが早いかと思います。さて、本題です。僕の検証では、この気質は遺伝します。親自身が、この気質をうまく使いこなせずに、仕事や人間関係などで苦労している経験を持っていると、自分の豊かな感情や、人の感情を吸い過ぎてしまうその側面を抑え込んだ方がトラブルなく生きていけると”大きな勘違い”をしてしまいがちで、自分の子どもにも、そういう制限をかける指導をしてしまっている傾向が強いです。だから、この気質を持っていて、親にも誰にも出せなかった本当の感情を、僕の前で初めて見せてくれるという方がたくさんいます。最近、なぜか週に少なくとも2、3人はそういう方に会います。そして、僕にカミングアウトしてくれます。(授業や講演等で学生さんや社会人の方に接すると、僕の前で涙を流して本心を伝えてくれる人が結構います。)おそらくそういう方って、実は本心を(普段は偽ってるんだけど)誰かに受け止めて欲しいと思っているから、僕のような人間を見つけると、その嗅覚が反応するんでしょうかね。不思議と引き寄せてしまうみたいです。そんな方たちの経験談を聴いていると、●よくわからないけど、昔からなんとなく人の気持ちや感情がわかってしまって、それ故に人のことを気にし過ぎてしまい、自分の感情を出さないようにしてきた。●人混みや大勢の飲み会などに行くと、様々な人の思惑を感じ取りすぎてしまってつらい。●言葉でウソをついている人がなんとなくわかる。●自分の感情にも敏感で、心が傷ついたり、不安や恐怖を感じると、人一倍それを引っ張ってしまう。●時々、完全に一人になれる時間がないと、上手くバランスを保てない。●本当は、他人の意見や評価に振り回されたくない。●自分の本当の感情なんて、誰にもわかってもらえないんじゃないかと感じる。●人の気持ちを察してフォローするのは割と上手いから、人のためには頑張れるんだけど(だから先生などから評価されやすいんだけど)、自分の感情を置いてけぼりにしてしまう。●感じすぎるのが辛いから、感じにないようにわざと「無気力」「ゆるい」フリをする。もしくは気を張って強く見せようとする。 こんなような意見が多いですかね。僕はもちろんすべて経験済みです。例えば、僕が最近たまたまハウジングセンターに行った時に感じたのですが、道を歩いているだけで、自分が本当に良いと思っていないサービスを心を偽ってでもムリに売ろうとしている人の思惑を吸い過ぎてしまって、なんだか一気にたくさんの人に騙されたような感覚になりました。おべっかばかりでウソの言葉を並べて接客するアパレルショップとかも、僕にとっては苦痛でしかないです。だからそういうところにはなるべく行かないようにしてますし、発言と行動に誠実さを感じない人とは、基本的に付き合っていません。そして、参考までに、現在僕がコーチングサポートしていて、この気質を持っている一人の女性の過去の体験談をリアルに語ってくれましたので、以下に記載しますね。おそらく共感できる方は、かなりたくさんいるんじゃないかと。*************************学生時代、女の子たちのグループの中で、「あ、この子苦しんでるな。」っていうのを感じること、幾度となくありました。楽しくなさそう、 何が辛いんだろう、 どうして、誰も気づいてあげないの?そんな事を考えていると、苦しくて仕方なくて。「私が助けてあげたい!」 そんな気持ちから声をかけることもありました。でも、その子から話を聞けば聞くほど、怒りの感情が芽生えてくるんです。この子無理してるんだな、しんどいんだな 、、どうして誰も助けてくれないの。 、、どうして誰も気づけないの。 社会に対する、 「なんで?」っていう感情が消えませんでした。当時は誰に話しても無駄だと思っていました。あまりにも些細な事に感情が触れて、 他人の言動にどんな感情が込められているのか伝わってきて、 でもこんな話誰にも言えなくて。更に誰かに話す事は、私にとって 大きなリスクでもありました。聞いてくれる相手の心の動き(驚く、心配される、理解されないetc...)を感じ取って、傷つく気がして怖かったんです。誰も、私の「苦しい、、」なんて分からない。 そう思っていました。朝誰かと顔を合わせると元気がないこと、 目線の使い方で悩んでいること、 全部痛いくらい伝わってくる。それが苦しいから、 感じないようにシャットアウトしていたんだと思います。でも、いつか、この感覚があって良かった! だから人を救える!って、思えるそんな自分になっていきたいです。こんな自分をわかってくれる人たちに出会えたから、今は、少しだけ自分を好きになることが出来ました。*************************じゃぁ、肝心なこの気質に対して、どう対処していけばいいんだよ!ってことですが、まず、この気質が持つすごい部分に着目して、自分に何ができそうか未来のイメージを描いてみて欲しいのです!よく考えてみて下さい。この能力を使えば、人のこと、助けられるんですよ!だって、言葉では強そうな発言をしている人が、心の奥では「自分を助けて!」って言ってるのが、あなたにはわかるんですから!その人の本心を受け止めようとしてあげるだけでも、実はかなりの人の心を救うことができるんですよ!そして、そのためには自分の感情を”一番”大事にして生きて欲しいのです。周りの人は、もしかしたらその本当の感情を否定してくるかもしれません。でも、その感情と一心同体であるあなた自身は、あなたのことを否定しないであげて欲しい。本当の感情を出しても、人から否定されそうで怖いし、自然に人の感情を吸い過ぎるのがイヤで、わざと、自分の中で感じないようにしているとラクになれる??でもさ、自分の本当の感情に向き合うことから逃げて、これを続けていくと、本当に無気力になっていくでしょ?明らかに自分のパワーが落ちていってしまうでしょ?自分の存在なんてどうでもいいと思うようになっちゃうでしょ?だから、このまま逃げ続けてたら、実はもっとツラくなっていくんだよ!!!僕は、僕と同じ苦しみを抱いている人を一人でも多く助けたいです!だから、心と言葉が一致する発言を臆せずできるようになる人を増やすために「いそがい 喋りの教室」を立ち上げ、コーチング事業でも、その人の本心をもっとも尊重するサポートをし、近々本格的に事業化予定の、自己探求のための実践型セミナーも、現在企画を進めています。学校への出前授業も、8年くらい続けてます。ただ、まだ受け皿が少なくてごめんなさい。なるべくたくさんの人を助けたいんですが、まだマンパワーが足りてなくて、ごめんなさい。(今、仲間たちと共に事業を拡げていくために頑張ってます。)※せめてもと思って、こういうブログを書いています。でも、僕はここに挑戦し続けるって決めたから。いつか僕か、もしくは僕の仲間が、「あなたが、本当の想いを偽らずに生きていけるような」サポートができる仕組みや環境を作っていくから。だから、何があったとしても、”感じること”だけは止めないで!!!だって、それは、多くの人の心を救うことができるという”あなたの特別な才能”なんだから!!「いそがい 喋りの教室」http://www.isogaiyusuke.com/

      19
      1
      テーマ:

プロフィール

磯谷祐介

性別:
男性
誕生日:
1984年3月9日
血液型:
A型
自己紹介:
あなたの「伝える力」を引き出します! 磯谷祐介(Isogai Yusuke) =====...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。