• 30 Oct
    • 結局、日々の生活の中に答えがある。

      昨日豪雨の中、帰宅して真っ先にやったこと、それは『トイレ掃除』でした。人にとってとても大事なこと。食べることももちろんですが、出すことも、むちゃくちゃ重要。熊本の震災で被災経験のある学生が教えてくれました。避難所でのトイレの環境が良くなくて、みんなトイレを我慢し、そのためになるべく水を飲まないようにしていたと。もしかしたら、僕もいざという時そういう行動をとってしまう可能性もあります。けど、そんな状態を繰り返していたら、人は確実に身体を壊します。阪神淡路大震災の時は、地震発生が朝だったこともあり、公衆トイレなども含め、各地のトイレがむちゃくちゃな状態になっていたとも教えてもらいました。災害支援団体の方からも、トイレのキレイな避難所ほど、そこにいる人たちが元気だと教えてもらいました。まだまだ、災害時にトイレをキレイに保つ重要性は、あまり認知されていないように思います。けど、知っている誰かが、使い方をちゃんと伝えていけば、避難所等の衛星状態がひどくなりずぎずに済むかもしれない。※とりあえず自宅に大きめのポリ袋と新聞紙をたくさんストックしておいてください!災害時のトイレのついての参考記事http://ienokoto.top/wp01/saigai-toilet先週末、豊田市の鞍ヶ池公園で開催された、『備える!中日サバイバルキャンプ2017』!今年も、司会として参加させて頂きました!今年は天気が終始雨だったこともあり、色々と運営上大変なこともありましたが、なんとか大きな事故もなく無事終了!参加者の方々が楽しく防災について学んでくれていた様子が、とても嬉しかったです!このイベント、参加者の方の防災意識が高まるのはもちろんのこと、関わっている僕らにとっても、日々の生活を見直す、とても良い機会になっています。一応、僕は防災士としても活動していますが、それでも、どこか最近平和ボケしていたなぁと感じるところもあったので、ここでまた意識を改めることができ、とても有難く感じています。まず、上記のトイレの話、文部科学省のデータを見る限りでも、トイレの重要性は明らかですね!当たり前なことですが、僕ら人にとって、衛生面を良好に保つことは、とても大切です。今回、段ボールシェルターで野宿をしてみて、やっぱ清潔なトイレって有難い!!!と、痛感したため、日ごろの感謝の気持ちを込めて、イベント後、帰宅してすぐにトイレ掃除を行いました。そういえば、ちょっと最近トイレ掃除サボりがちだったなぁ、、。その後、ついでに非常用持ち出し袋の中身も見直し、期限が近い食品を、新しいものに交換。参考までに、我が家は長期保続できる非常食は自宅保管してあり、非常用持ち出し袋の中には、敢えて”あまり長期の保存ができない食料品”を入れています。これはローリングストック法というのですが、敢えて、日ごろよく食べるものなどを中に入れることにより、定期的に、非常用持ち出し袋の中身を確認する習慣をつくることが目的です。せっかくだから、非常食もおいしいものがいいし、日頃から食べているものだから、期限の関係で新しいものと交換したとしても、日々の生活の中で自然と消費されていきますよ♪防災って、聞くとなんだか特別なもののように感じてしまう人もまだまだ多いだろうと思います。でも、それは自分たちの日々の生活とリンクしていないからだと思う。例えば、僕のようにマンション住まいならば、同じマンションに住んでいる人とコミュニケーションをとっておくだけで、いざという時に助け合える可能性があります!日頃から、トイレをキレイに保とうとする意識が、避難時に、自分の健康を守ってくれます!そして、これらのことはすべて、日頃から実行していれば、自分にとってもすごく良い効果を生み出してくれることばかりですよね!防災への意識を持ち始めるだけで、日々の生活もより明るく楽しいものになっていくんだと思います!是非、この記事を読んで、何か響いた方は、今できることから、早速実行していって下さいね!!改めまして、このイベントを主催してくれた中日新聞さん、そして関わってくれたみなさま、本当に良き機会をありがとうございました!!

      9
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 地球を守り、かつ僕らの暮らしがもっと豊かになる方法があります!!

      今日はここで司会ですー!僕自身、今日勉強させてもらって、改めて、環境問題に向き合っていくことに関して、多くの人が誤解してるなぁと気づかされました。世界では、今地球温暖化対策への動きが急加速しています。本来、地球に生きる誰もに関わってくることですから、これからも僕たちが平和に暮らしていくために、どうしていったらいいかなぁと考えることは、『楽しい未来』につながっていくんです。(※このまま無責任に、今の生活のままを続けると、かえって将来地球環境が悪化し、僕らはさらに苦しくなるのは、すでにみんなわかってると思います。)しかし、環境のことを考えると、削減したり、我慢したりというイメージが強いのか、僕らの多くが"やらされてる感"を抱きがちで、重い責任を感じたくない!とか、今の生活から変化させられる気がしてイヤだ!と考えてしまい、きづいてるのに、見ないフリをしてしまうんだと思います。でもね、今日教えてもらった先進的な環境対策を行っている地域の事例を見ていると、環境を守りながら、僕らの暮らしが便利で豊かになり、かつ生活経費も安くなり、人々が健康になっていくような"しくみ"が増えてきているんです!!さらにこの流れにはすでにビジネスチャンスもたくさん生まれています!!世界の動きを見ていると、どのみちこの流れが、今後間違いなく主流になっていきますから、今動き出して、自ら"意識の変化"を起こしていく方が、絶対に未来は明るく楽しくなりますよ!!まずは、"知る"ことから始めてもいいと思います。今日みたいな機会って、結構開催されてるから、是非一度足を運んでみて欲しいです!!『環境省 地球温暖化に関する中部カンファレンス』http://chubu.env.go.jp/to_2017/post_92.html

      2
      テーマ:
  • 27 Jul
    • 地球未来子ども塾!

      毎年ミッションリーダー(引率の先生的な感じ)として参加させてもらってます、中日新聞主催の『地球未来子ども塾』!昨日から泊まり込みで、小学6年生たちが、セントレアの裏側を見させてもらったり、師崎で地引き網を体験したりしました!最後には、彼らの体験をまとめて新聞を各グループ毎に作成したんですが、ただ、楽しむだけではなく、チームで協力して、決まった時間までにやるべきことを仕上げるという経験を積んでもらいました。『〆切を守る』『自分と違う価値観の仲間たちとチームになり、お互いの強みを見つけ合う』ということは決して簡単なことではありませんが、ごどもの頃からこういう経験をすることがとても大切だと思います。将来、彼らが社会に出た時に、この経験が役に立ってくれるといいなぁー!『中日新聞 "地球未来子ども塾"』https://chunichi-kodomojuku.com/

      4
      1
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 自分だけの物語を紡ぐ!!

      今年も、事前のプレゼン研修講師、当日司会を担当させてもった、あいちコミュニティ財団主催のイベント「イロリバ」。僕はこの場に初年度からずっと関わらせてもらっていますが、4年目にしてようやく、「物語を紡ぎ出す」というテーマの真意がわかったような気がしました。今日は、まさに血が通った物語が、人から人の心に届く瞬間が何度もありました。気が付けば、自然と涙が溢れてきてしまう。そこには、共感や応援の気持ちがどんどん集まっていく。あーやっぱこれだなー。「自分だけの物語を紡げる人」が増えれば、勝手に社会はどんどん元気になっていくわ。ここだなぁ。すいません、木村さん、この感覚とか言い回しとか、僕の事業でもパクらせて頂きます(笑

      4
      テーマ:
  • 31 May
    • 童心に帰る!

      昨日は、先週に引き続き、「トヨタ博物館」さんからの中継映像を、入院中のこどもたちにお届けしました!(今週はは名古屋と三重の病院でした!)その中継後、博物館の方の粋な計らいで、豪華解説つき特別ツアーにご案内頂いたのですが、コイツを見たとき、思わずゾワゾワしてしまいました(笑)いやぁ、この車には夢がある♪入院中のこどもたちに元気を!『げんきのまど』プロジェクト by CTC

      4
      テーマ:
  • 26 May
    • レトロカーって、面白い!!

      入院中の子どもたちに元気を!ということで、楽しい風景を動画中継を通してお届けする「げんきのまど」プロジェクト!ご協力頂いている施設さんも増えまして、今日は初めて「トヨタ博物館」からの中継を、静岡と長野の病院にお届けしました!いやぁ、レトロカーって、遊び心があって、見てるだけでわくわくしますね!!大人たちが一番楽しんでしまいました(笑)「げんきのまど」by CTChttps://www.ctc.co.jp/challenge/genkinomado_project/

      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 学校教育プロジェクト始動!!

      磯谷くん、ラジオ辞めて何やってんのー??と最近ちょこちょこ言われますが、ざっというと"教育"フィールドにフルパワーを注いでいます!!で、すでにやっているコーチングや、研修・講演事業などに加えて、実は新しいプロジェクトも水面下で動いています!!というわけで先日の愛教大さんとの打ち合わせ(?)の様子。先生方、学生さんたちと野外でカレーを食べてきましたー(笑)いやぁ、楽しい動きになりそうです♪また具体的に発表できるタイミングになったら、お伝えしますが、これからの新しい時代に対応できる教師の育成にも力を入れていきますよー!!

      3
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 四つ葉ののクローバーラッシュ!!そして、、

      こんなに大きな四つ葉のクローバーは初めて見ました!今日はなんだか楽しくなりそうな予感です♪これから、入院中のこどもたちに、愛知牧場のキレイな風景やかわいい動物たちの様子を中継でお届けしてきまーす!!「げんきのまどプロジェクト」by CTCそして、なんと、まさかの5つ葉のクローバーも発見!!こんなことあるんだな~。

      13
      テーマ:
  • 27 Jan
    • のんほいパーク!

      今年度は、何度のんほいパークに来ただろうか。まさかこんなに豊橋の二川駅を利用するとは思わなかったな(笑)今日もこれから、入院中の子どもたちに楽しい映像をお届けしてきますよー!この時間、動物たち結構寝ちゃってますが(^_^;)「げんきのまどプロジェクト」by CTC

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • 子どもたちの未来のために簡単にできること。

      プライベートで友人たちとBBQする時に、いつもみんなから少し寄付を頂いて、それを「あいち・なごや子どもとつくる基金」に託しています。そしたら先日、クリスマスカードと共に、その寄付を受けたNPOの活動に参加したお子さんからの手書きのメッセージが届きました。実際にどんな活動をしたかも、どんな子が書いてくれたのかも僕にはわかりません。けれど、この手紙を読む限りでは、きっと普段から、外でみんなで遊ぶということがあまりできていないのだろうなと感じました。僕らは今のところ、有り難いことに、友人・家族・子どもたちみんなで毎年BBQを楽しめる環境にあります。これって、ホントに有り難いことだと思う。だからこそ、その気持ちの分だけ、ほんの少しだけど、今後も子どもたちの未来に還元していけたらと思います。メリークリスマス♪「あいち・なごや子どもとつくる基金」http://aichi-community.jp/kikins/14399

      4
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 中日ドラゴンズ吉見投手とトークセッション!

      昨日は中日ドラゴンズ吉見一起選手とトークセッション!吉見さんが始めたチャリティ企画<アゲインボールプロジェクト>についてお話し頂きました!「この企画があるから、もっとプレーを頑張ろうという気持ちになれる」という言葉を聞いて、シンプルでいいなぁ~と率直に思いました。案外、難しく考えすぎない方が、続いていくのかもなぁと。そして、この日は、ビールを飲んで子どもたちを支援しようという「カンパイチャリティ」企画のスタート!この企画を実施してる店舗が名古屋市内にはたくさんありますので、是非忘年会でたくさん飲んでもらって、たくさんの支援をよろしくお願いします!「アゲインボールプロジェクト」http://ameblo.jp/yoshimi-kazuki-d19/entry-12119961100.html「カンパイチャリティ」by あいちコミュニティ財団http://kanpai.aichi-community.jp/

      2
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 入院中のこどもたちにイルカちゃんの臨場感を!

      本番前です。イルカプールの横にいたら僕にボールを投げてくれました!距離が近くて楽しいのが、この南知多ビーチランドのいいとこなんですが、それ故に、おそらく一時間後にはビショビショになります。入院中のこどもたちに元気を!ということで、楽しい中継映像をお届けしている「げんきのまどプロジェクト」!今日は、色んな中継先の中でも、もっとも濡れる現場(笑)こどもたちに喜んでもらうために、体張ってきまーす!「げんきのまど」by CTChttps://www.ctc.co.jp/challenge/

      1
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 災害時に、頼りにしてもらえる存在になるには??

      防災について改めて考えてみる。いざという時に、他人と協力し合い、助け合える自分になるにはどうしたら良いのだろうか?そのためには大人として、親としてどうあるべきか??そんなことを考えた二日間でした。僕なりの結論は、子どもに対して、ありがとうやごめんなさいを素直に言える親でいることが大切ではないかということ。≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡先週末に行われた、「備える!中日サバイバルキャンプ」を振り返ります。親子を対象に、避難体験が無料でできてしまうという企画です。(中日新聞さんだからこその社会貢献事業。とても意義のあるものだと感じましたので、是非今後も続けて欲しい!)プログラム中は、親子一緒で行動することもあれば、いざという時を想定して、敢えて親子をバラバラにし、他人と協力し合って、課題に挑んでもらうことも。活動の中で、やはりコミュニケーションが苦手だったりなどの理由でなかなかうまく輪に入れない子どもも出てきます。(実際は大人でもそういう人は結構いますけどね、残念ながら。)そんな時に一人になってしまった子にもちゃんと声をかけられる子がいるのです。あぁ、優しい子だなぁ。きっとこういう子たちは災害時にも誰かを助けてあげられるんだろうなと感じました。そして、こういう子たちにはどんな特徴があるのだろうと見ていたら、親としっかりコミュニケーションをとっていました。というか、親が子どもに対して、変な虚勢を張らずに素直に接している感じでした。子どもと一緒の目線でワークを楽しんだり、子どもがやってくれたことにしっかりお礼を言っていたり。逆に孤立してしまう大人は、子どもにすぐにイライラしたり、やたら人目を気にしていたり、、、。なるほどなー。人それぞれなので、僕がとやかく言う資格はありませんが、災害時に、多くの人の役に立てる人と、迷惑をかけがちになってしまう人の差は歴然だなぁと。そして、その親の姿を見て育つ子どもにも、露骨な差が、、。日頃からどんな大人であるべきかをちゃんと考えて行動すれば、災害時にも頼りになる存在になれるんでしょうね、きっと。子どもたちのためにも、大人がしっかり自分に向き合って、自分の行動を見直すことが、結果防災にもつながっていくような気がします。

      4
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 防災キャンプイベントの当日ボランティアを募集してます!

      大学生さんへ!中日新聞さんが主催する防災キャンプイベントで、ボランティアスタッフをやってみませんか?すでに学生さんのコアスタッフは、事前準備から関わってくれてますが、まだまだ当日ボランティアさんも募集してます!!興味ある方、是非参加してくださいねー!写真は、先日の事前準備で僕自身も初体験した「防災用のかまどベンチ!」気になってたけど、使い方を知らなかったので、とても良い経験になりました!当日は、こういう体験がたくさんできますよ!※本番は、10月15日(土)~16日(日)の一泊二日。10月9日(日)ボランティアさんへの事前説明を行います。******************************「備える 中日サバイバルキャンプ!」10月15日~16日地域防災を支援する中日新聞防災プロジェクトの避難生活体験プログラム。1泊2日のキャンプを通じ災害時に役立つ知識や技を身につけます。小学1年生から中学3年生までとその保護者が参加します!<<ボランティア お問合せ先>>E-mail:ikegut.m@chunichi.co.jp (担当:中日新聞社事業局社会事業部 池口真美)・件名/ 中日サバイバルキャンプボランティア  ・学校名/ 学部/ 学年・氏名・連絡先( 携帯番号)・メールアドレス( 連絡のとりやすいアドレス)※10月9日の事前説明に参加できない場合は、相談可。

      2
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 28日は、NHK名古屋にて「防災大喜利」番組の公開収録!

      今週末>28日(日)10:00~は、NHK名古屋放送局にて、公開収録イベント!「防災大喜利!」に出演します!https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0283882/index.htmlほぼ毎年出演させてもらっている、NHKさんの防災企画ですが、今年から大喜利イベントになりました!大喜利って、ハードル高けぇ~!!あまり普段取り組まないことなので、かなり必死に仕込んでおりますが、楽しんでもらいながら、防災のことちょっと知ってもらえると思いますので、良かったらぜひ遊びに来てくださいねー!椅子席は事前申し込みらしいですが、当日立ち見OKだそうです!

      テーマ:
  • 24 May
    • 小児病棟のこどもたちにバルーンパフォーマンスをお届け!

      小児病棟のこどもたちに元気を!今日は「げんきのまどプロジェクト」で、バルーンアートやマジックのパーフォーマンスと体験を、静岡こども病院と、三重大病院のこどもたちに中継でお届けしました!クラウンのマルちゃんの手によって、途中僕はくまもんにされてしまいました(笑)画面の向こうからたくさん笑い声が聴こえてましたよー!「げんきのまど」プロジェクト by CTC

      3
      1
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 入院中の子どもたちに動物さんたちの映像を!

      入院中の子どもたちに笑顔を!今日は豊橋の動物園、のんほいパークからの中継を、信州大学医学部附属病院の子どもたちにお届けしました!のんほいパークには初めて行きましたが、ほんわかとした雰囲気で、とてものんびりできるところでしたよー!「げんきのまど」プロジェクト by CTC

      テーマ:
  • 17 Apr
    • 「義援金」と「活動支援金」の違い

      熊本地震に関連する寄付をしようかと検討されている方へ。「義援金」と「活動支援金」の違いはご存じでしょうか??※参考サイトhttp://www.nippon-foundation.or.jp/…/infographics/index.html簡単にまとめると、こんな感じです。◆「義援金」・・・被災者に直接届けられる現金。公平性を重視するため、配分には時間がかかる。◆「活動支援金」・・・支援活動をしている団体の活動をサポートするための資金。すぐに使われる。両方必要なものですが、そもそも種類が違います。自分自身の寄付をどのように使って欲しいかを考えた上で、寄付先を選んで下さい。※寄付先が不明なものには寄付をしない方が良いかと思います。※寄付を募る方は、必ず寄付の使い道を明記して下さい。以下は余談です。興味ある方のみ読んで下さい。============================東日本大震災が発生してすぐに、支援活動のため「できること@名古屋」というチームを仲間と共に立ち上げ、様々な活動をしてきました。その中で、メインとなったのが、主に教育機関を中心に行ってきた「寄付ワークショップ」プログラムです。※ワークショップは授業等で簡単にマネできるように必要資料を無料ダウンロードできるようにしてあります。詳細は以下URLをご覧ください。「寄付ワークショップ」https://www.facebook.com/kifuws/そもそも、なぜこんな活動を始めたかというと、まず当時、僕自身が義援金と支援金の違いがわかっておらず、メディアで発信する時に困ったことと、寄付の使い道が不明なまま、なんとなくした寄付は「続かない」と感じていたからです。可能であれば、一回で終わる寄付ではなく、その後もある程度継続的に寄付してもらえたらなぁと思います。だからこそ、まず「自分の寄付をどんな風に使って欲しいかを考えること」、その上で、「自分自身の判断で寄付先を選ぶこと」を是非意識してもらえたら幸いです。

      1
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 熊本への支援。今できること。

      セブ島旅行に行っている間に、まさかの大地震。帰国してからすぐに情報を集めて色々考えてみました。とりあえず、現地から離れた場所にいる僕たちが今確実にできることは、やはり、●被災された方への金銭による支援(義援金)●支援活動をしている団体への支援です。むやみに個人で現地に行くなんてことはしないで下さい。ただでさえ、場所によっては道路に規制がかかっていたりする(支援等のため)のに、さらに現地に向かう車が増えてしまうと、必要な支援に支障が出る可能性もあります。まずは、一番手軽にできる「寄付」。義援金、そして支援活動を行っている、信頼性のある団体(日本赤十字等)への活動資金の寄付が良いかと思います。救援物資を送りたいと考えている方は、色々と注意が必要です。送る前に、下記サイトを読んでみて下さい。●支援物資を送る際の注意(レスキューストックヤード)http://rsy-nagoya.com/volunteer/sizai.htmlただ個人で送るよりも、支援活動をするNPO・NGOに託したり、現地の自治体・避難所が公開する救援物資の情報を確認してから、送った方が確実です。輸送ルートの確保や、避難所等での物資の受け入れ態勢が整っていなければ、せっかく送っても届かないなんてこともあります。常に最新情報をチェックしましょう。●平成28年熊本地震災害義援金http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

      3
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 小児病棟で春祭り!

      小児病棟の子どもたちに、インターネット中継を使って楽しい風景をお届けする「げんきのまど」プロジェクト!http://www.ctc.co.jp/challenge/approach.html今日は名市大病院の子どもたちに、「愛知牧場」の花や動物の風景をお届けしつつ、病院側でわなげや射的、ヨーヨー釣りを用意して、春祭りを行いました!今回、僕は病院側の進行を担当しましたが、さすがお祭りはこどもたちに大人気で、終止賑やかで楽しい雰囲気でしたよ♪今回はベッドで寝たきりの子も遊びに来てくれまして、色々と工夫して輪投げなどを体験してもらいましたが、その時に本当に嬉しそうな表情を見せてくれて、なんだかこちらも嬉しくなっちゃいましたねぇ。「げんきのまど」by CTC

      5
      テーマ:

プロフィール

磯谷祐介

性別:
男性
誕生日:
1984年3月9日
血液型:
A型
自己紹介:
あなたの「伝える力」を引き出します! 磯谷祐介(Isogai Yusuke) =====...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。