これまで、散々色んなことに挑んできたつもりですが、
それでもやっぱり、新しいフェーズへの進化のタイミングって怖いもんなんだなぁと、つくづく感じました(^_^;)




人には、"成長欲求"というものがあります。

ある程度豊かになったはずなのに、様々なことに心が揺れたり、
いつも人のことを見て、羨ましく思ったりします。

それはつまり、本当は自分自身も、もっとチャレンジしたいと、心の奥底では常に願っているからなんです。


家族や社会的立場などを理由に、「安定を選ばなきゃ!」と決めてしまうと、
その心の奥底から湧いてくる成長欲求が苦しんでしまうため、
何も感じないように、自ら無気力になっていくという選択を自らとっていってしまうのです。


新しいことや、自分の心が望むことになかなかチャレンジできない理由はそれだけではありません。


成長へのチャレンジとは、

つまり、
過去の自分の殻を捨てて、もっとピュアな自分で挑むこと。




要は甲殻類などの脱皮と一緒なのです。


これまで頑張って、強固に作り上げてきた自分の殻(社会的立場やキャラクター等)ってありますよね。

確かにこれは自分の身を守ってくれるものです。

けど、その殻の中で、確実にピュアな自分は成長していて、
いつかどこかのタイミングで、自ら内側からその殻を破らないと、それ以上大きくはなれない時がくるのです。


ここでリスクになるのが、
脱皮した直後の、まだ殻がふにゃっふにゃな時の自分の弱さです。

例えるならば、
新しい仕事についたばかりのまだ何もわからなくて不安だらけの時のイメージですかね。

まぁ、あんなに不安なことは二度と経験したくないって思っちゃいますよね💦

だから、多くの人が変化することを怖がって、同じ場所やポジションに留まって、必死でそこを守ろうと、ついしてしまうのです。


かくいう僕自身も、過去に何度も脱皮経験があり、そして最近またひとつ脱皮したばかりです。

いやぁ、古い殻を剥ぐ時、マジで痛かったなぁ〜(T_T)

もう必死必死💦

どうしなくても、またひとつ脱皮して進化した自分じゃないと対応しきれないようなチャンスがやってきて、

もはや、挑まないっていう選択をする方が怖いから、進むしかなくて、

えぇー割と最近脱皮したばっかじゃん!!💦と思いつつも、
急速に自分が成長しているのであれば、それはとても有り難いことで、

でも、やっぱ脱皮しなきゃいけないのねー!って瞬間は、いつ経験しても怖くて怖くて、



、、、怖くて怖くて。

自分自身も怜悧に尖ることで、
新しい自分に備わった感度の高さをそのまま鋭い牙にして、
周りに噛み付くほどの勢いで、脱皮したばかりのピュアな自分を守り続けました。

周りの価値観や、過去の僕へのイメージが、
最も怖い外敵でした。


自分が死なないようにと、
感度の高すぎる自分の心が壊れないようにと、

生まれたばかりの新しい自分を守ることしか見えなくなるくらい必死でした。

その結果、おそらく周りの仲間をも傷つけてしまったと思います。。






脱皮の瞬間は、本当に怖いし、
その時に同じスタート地点にいる仲間と一緒に脱皮すれば、
お互いに背中を守り合って、まだ生まれたばかりの弱い自分でも、なんとか過去の自分に負けずに挑み切れるから、

だから、ひとりで無謀なチャレンジをするよりも、仲間と共に越えていったらいいんだよって、
いつも生徒さんなどには、伝えてるんですが、


かくいう僕は、大体いつも一人で先陣切って新しいとこに突っ込んでいくという始末(^_^;)

いやぁ学習能力ないなー自分!
ここだけはいつも全然ダメだ(笑)


でもね、
今回だけは、そんな自分も少し褒めれたなーって感じるところがあって。

最近は、心が感じるままに生きてるから、
特に社会的な障害がない分、そりゃ成長のチャンスもかなりのスピードでやってくるんですが。

そのチャンスすらも、無意識で受け取りに行ってるから、

その瞬間に、"挑もうかどうか考え込むこと"自体をすっ飛ばして、
もう挑んじゃってるとこがあって(笑)

結果的にいつも先駆者的なところにはいけるので、そこを周りから褒めて頂けるようにはなったんです。

あぁー傷だらけになったけど、よく頑張ったな自分😉(笑)




さぁて、

あとは、僕がなんとか成長できた方法を仲間たちにも伝えて、
今度はその成長を支えたり、待ったりするフェーズです。

これまでは、すごい勢いで脱皮をし切ったあとに、
結果的に自分ひとりになっちゃってたりすることばかりだったんですが、


今は違います。

助けたいと思える仲間ができました。

でも、最近までずっと1匹オオカミだった僕にとって、
実は一人で新しいとこに突っ込むことよりも、仲間たちと協力することの方が難しく、

実はこっちの方が、僕にとっては難しいチャレンジになるかもしれません(笑)


たぶん不器用な助け方しかできないんだろうけど、
諦めずにしぶとく挑み続けることだけは得意なので、
考えてもしゃーないので、とにかく行動し続けます。

おしゃー、頑張れ自分!!




※最後の写真は、先日無事全過程を修了した東京の伝え方スクールのラストレッスンの様子です。
当初は人前で全然喋れなかった子どもたちも、最後は堂々と自分の未来を語っていました!✨✨

彼らはちゃんと仲間たちと共に、過去の自分を越えていきましたよ!!

(うーむ、僕より賢い!笑)


みんな、五ヶ月間本当によく頑張ったね!!😉😉