ひたすらに、自分の心の声に問う。

 

そのための感覚を研ぎ澄まし続けた結果、4月からの生活が激変することになりました。

 

 

 

これまで、自分の得意を活かして、自分にしかできないお仕事ばかりやらせてもらってきて、

本当にたくさんの幸せを頂いてきたなぁと、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちでいっぱいなのと同時に、

 

それらの有難いお仕事の中でも、まだまだ多少の偽りや妥協があったなぁと感じる自分がいて。

 

まだ、自分は”ベター”のレベルで、完全に”ベスト”じゃない。

自分の命の役割を全うし切れていない、という想いがずっとありました。

 

 

『明日死んだとしても後悔しない人生を送ること』

 

これは自分の中では、10代の頃から全く変わらない想いで、

やはりそこに行き着くには、ベストに振り切る挑戦をせねばならない。

 

 

そのためには、今いるコンフォートゾーンから、思い切って大気圏に突入して宇宙空間へ飛び出すくらいの挑戦が必要で、

ロケットの切り離しのように、何かを捨てて超身軽でシンプルな自分でないと、臆病な心や、世間・周りの人からの妨げに負けてしまう。

 

でも、そこにビビって、挑むことを辞めてしまったら、絶対に後悔する。

そんな状況で、常に恐怖と不安の中で葛藤しながら、たくさんのものを手放しながらも、

日々自らを変化させ、前進することだけは絶対に成し遂げる、

 

年が明けてからは特にスピードを加速させ、そんな生き方をし続けてきました。

 

 

これまで自分や家族を支え続けてきてくれた司会や講演といったお仕事は、9割近く卒業させて頂きました。

 

一時的に収入がぐんと減るので、もしチャレンジに失敗したら家族を路頭に迷わせるかもという恐怖との戦いでしたが、

逆に、その背水の陣で臨んだからからこそ、道が開けたのだろうと思います。

 

おそらく世間の9割が無謀と言うであろう生き方を、応援してくれた妻や仲間たちに本当に感謝しています。

 

 

 

というわけで、4月から僕は、『本気で生き切る決意のある人や組織』への、才能開花サポート事業に特化して生きます。

現在は主に、本気の人ばかりが集まる先端企業をがっつりサポートさせてもらうところから動き出しています。

 

月の半分くらいはおそらく東京にいます。

 

元々、仕事とプライベートとの境目がないタイプなので、

仕事仲間・家族以外で、プライベートで人と会うことは、ほぼなくなります。

 

この記事を読んで、心が燃えたという方とは、また何しらの形でご一緒したりすることがあるかもしれませんね!
共に、宇宙空間まで飛び出すべく、挑戦し続けましょうね!!

そして、さらに高いフェーズでまた協働していきましょう!!


あ、でも、ちゃんと感謝の還元は、行動にしてコツコツ続けていきますね。
上の写真は秋葉原の献血ルーム。展示からワクワク感が伝わってきます(笑)
献血117回目でした♪

 

 

挑戦は”今の限界”を常に越えるレベルで。

行動は、コツコツ淡々と。

 

このスタイルをひたすら貫いていきます。

そして、僕に与えられた命の役割を全うしていきます。