セオリークリニック 切らない眼瞼下垂+脱脂ピュアグラフティング   モニター | 美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ
2018-02-14 10:28:03

セオリークリニック 切らない眼瞼下垂+脱脂ピュアグラフティング   モニター

テーマ:ブログ
今回は「切らない眼瞼下垂」のモニターさんです。

まぶたを開ける筋肉が弱くなって目が開きづらくなるのですが、
まぶたが上がらなくても眉毛を持ち上げることで目は開くので、
自分では気づいていない方も多いです。
目の下のクマのご相談に来られて、
眼瞼下垂を指摘して差し上げると初めて気づいて、
目の上下を同時に手術する、という方も多いです。


今回のモニターさんも、そんな方でした。
20代の女性。
目の下のクマと、二重の幅の広さが気になるというご相談でした。

じつは二重の幅の広さの原因は、眼瞼下垂にあります。
まぶたの開きが悪くなることで
二重の幅が広くなっているのですが
本人はまぶたの開きの悪化には一切気がつかず
二重の幅が広すぎるだけと認識しています
(以前に埋没法で二重は形成済み)

このことを説明した結果、
まぶたの開きをよくしつつ、
術後の腫れを最小にしたいという要望から
切らない眼瞼下垂手術を選択しました。



二重の幅は広く、眠そうな印象を受けます。
眉毛を持ち上げているため、おでこに力が入っています。

治療は
 切らない眼瞼下垂手術+脱脂ピュアグラフティング
を同日に行いました。

術後1か月


まぶたの開きがよくなって、二重の幅も狭くなりました。
おでこを持ち上げなくても目が開くようになったので、
おでこのしわもなくなりました。

コンタクト取ってもらうの忘れた!!
→本当は術前後同じ条件で撮らないとダメ

だから術後は黒目が大きく見えるコンタクト入ってます。
それでも黒目のほとんどが見えているので
それだけ目の開きが良くなったって
逆によくわかっていいかもです。



「切らない眼瞼下垂」は、
まぶたの裏の粘膜にほんの少し、電気メスで穴をあけて糸を通します。
皮膚は「切らない」ので、腫れや内出血はほとんどありません。
洗顔は当日から、メイクは翌日から可能です。
コンタクトのみ1週間、待っていただいています。
ダウンタイムがほぼないことが、この手術をおススメする理由です。

まぶたの状況によってはほかの治療法が適応になる場合があります。
まずは無料のカウンセリングをどうぞ。

「切らない眼瞼下垂」の料金 216000円
「脱脂ピュアグラフティング」の料金 540000円
*他にお薬代5400円がかかります。


セオリークリニック ネットの予約ページはこちら↓
http://www.theory-clinic.com/reserve.html

ご相談はこちら↓
http://www.theory-clinic.com/contact.html

お電話でのご予約は 03-6228-6617 までお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セオリークリニック 
Theoryクリニック   東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座6階
(セオリークリニック)  03-6228-6617

Dr.筒井 裕介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります