セオリークリニック目の下のクマ 脱脂+リポトランスファー+脂肪注入132 | 美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ
2012-11-11 11:02:13

セオリークリニック目の下のクマ 脱脂+リポトランスファー+脂肪注入132

テーマ:目の下のクマ、たるみ治療
脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入のモニター症例のご紹介です。
130例を超えました。
一例一例、丁寧に積み上げてきた結果です。
モニターに参加いただいた皆様、誠にありがとうございます。
これも通過点と考えて取り組んでおりますので、これからもよろしくお願いします。

たくさんの症例を経験することで分かってくることも
多数ありましたので、この経験を生かし
さらに良い治療へと進化させていきたいと思います。

では、今回の症例は40代の女性です。
目の下のクマ、たるみが気になるというご相談でした。

診察では
 1、黒クマタイプ
 2、赤クマタイプ
 3、眼窩のへこみが広いタイプ
この3点に着目しつつ手術を行っています。

このタイプの場合、黒クマ改善のために脱脂術を行った上で
目の下のボリュームアップをはかり頬のリフトアップ感を出す必要があります。
脱脂術のみや脂肪注入のみよりも
その双方を行う事が重要です。
また目の下から採取できる脂肪量が少ない場合には
腹部や大腿より脂肪を採取して注入する、脂肪注入を追加する必要があります。


写真です。
美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ施術前です。
目の下のふくらみより
全体的なくぼみが目立つタイプです。
しかしながら目の下には
脂肪の膨らみもあるのも分かります。
このようなタイプには
注入系の治療のみを行うよりも
脱脂術を行った上で
注入を行った方が赤クマ、黒クマを
しっかり改善できます。

美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ施術直後です。
赤クマが消え
目の下全体に広がっていた
黒クマも改善しているのが
分かります。
その結果、顔の印象が明るくなり
若返った感じになっています。


脂肪を入れる際には重要なポイントがあります。
入れすぎない事です。
すべての脂肪細胞が生着する訳ではありませんが
過剰に注入し想定よりも生着した場合、その部分のみ
取り除く事は出来ません。
また注入量が多くなるほど、周囲からの血流量は低下し
(皮下圧力の上昇と注入脂肪層が厚くなる事が原因)
生着率が下がります。これは幹細胞をリッチにしても
さほど結果は変わらないので、目の下の場合には
少量の脂肪で調整する方が十分な生着が見られ
良い結果が得られる傾向が強いと思います。


脱脂術+リポトランスファー+脂肪注入 367500円  

セオリークリニック ネットの予約ページはこちら↓
http://www.theory-clinic.com/reserve.html

ご相談はこちら↓
http://www.theory-clinic.com/contact.html

お電話でのご予約は 03-6228-6617 までお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


セオリークリニック 


Theoryクリニック   東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座6階
(セオリークリニック)  03-6228-6617
        

Dr.筒井 裕介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります