セオリークリニック 目の下のクマ 脱脂+リポトランスファー  72 | 美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ
2012-02-27 15:11:08

セオリークリニック 目の下のクマ 脱脂+リポトランスファー  72

テーマ:目の下のクマ、たるみ治療
セオリークリニック 脱脂術+リポトランスファー 72 

脱脂術+リポトランスファーのモニター症例70件を超えました。
モニターに参加いただいた皆様、誠にありがとうございます。


今回の症例は20代の女性です。
目の下のクマ、たるみが気になるというご相談でした。

前回のモニターの方も20代でしたが
20代でのクマの原因は骨格にあります。
眼球の大きさ、眼窩脂肪の量、眼窩のスペース、頬骨の高さ
これらのバランスにより決まります。
20代でクマの治療を受ける方のほとんどが10代前半よりクマが目立っていた
気にしていたとお答えいただいていることからも、骨格が
大きな原因であることが分かります。


今回の方の場合、
 1、目の下が広範囲にへこんで見える(眼窩が深い)
 2、赤クマがある(眼窩脂肪の突出がある)

ことから脱脂術で脂肪を取り出し、注入する、脱脂術+リポトランスファーを
選択しています。

この様にへこみ型の症例では脂肪注入のみでも改善できるという意見もあると思いますが
赤クマが併存している場合には、見た目以上に眼窩脂肪が突出している
(眼窩の深さや頬骨の形状によって目立っていないだけで眼輪筋は圧迫されている状態)
と考えられるため、私は第一選択として脱脂術+リポトランスファーを勧めています。

ただしこのタイプでも赤クマがない場合には、ヒアルロン酸注入や脂肪注入のみが
最適な治療法となります。


写真です。
美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ施術前です。
眼窩下部全体に広がる
黒い影が見られます。

これは影よる黒クマと
筋肉が圧迫されて起きる
赤クマによる変化です。

美容外科医 セオリークリニック筒井のブログ施術後です。
目の下ですが凹凸がなくなり
眼窩脂肪の下にあった
影が消えています。
眼窩脂肪の移動のみで
十分なボリュームを得れています。
他の部位からの脂肪の採取は
この場合必要ないのです。


脱脂術+リポトランスファー     315000円  

セオリークリニック ネットの予約ページはこちら↓
http://www.theory-clinic.com/reserve.html

ご相談はこちら↓
http://www.theory-clinic.com/contact.html

お電話でのご予約は 03-6228-6617 までお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セオリークリニック 冬のキャンペーン もうすぐ終了!

内容はこちらをご参照ください

→ キャンペーンページ 
 セオリークリニック 冬のキャンペーン

→ TOPページ
 セオリークリニック TOPページ


かなりお得になってますので、ぜひ見てください!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セオリークリニック 


Theoryクリニック   東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座6階
(セオリークリニック)  03-6228-6617
        








Dr.筒井 裕介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります