待たされた末に | ゆきそうさぎの癌ステージ4の普通な毎日

ゆきそうさぎの癌ステージ4の普通な毎日

わたし隣の癌患者( ´∀`)乳癌多発性骨転移ステージ4。(末期癌ですが≧終末期ではありません) 2児のママ(^^)育児&お仕事&治療の毎日のフツーの生活を大切に!なんとか余命を伸ばしてみようかと。ほっこり、まったり、あくせくの日々の徒然を呟いてます。

ゆきそ🐰のブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、2週間ぶりの診察治療日。
パクリタキセル+アブラキサンの2クール目。
予約は1時で、時間通りに到着し、まず血液検査。結果が出るのが一時間後。その後、直ぐに主治医の診察となる予定でした。
2時前に血液検査の結果が上がってきました。
でも、肝心の診察は呼ばれません。
〈先生、手術が立て込んでいて、今降りてきますから〉と、親切なナースの方が教えに来てくれました。
でも、3時を回っても呼ばれません。
〈先生、手術が終わったようですから、今降りてきますから〉と、またもや別の親切なナースの方が言いに来てくれました。
でも、4時を回っても呼ばれません。
〈先生、今来ますから。〉
もはや、蕎麦屋の出前状態です。
5時に近くなる頃、やっと呼ばれました。

まだ、手術着姿の先生を見ると怒るに怒れません。忍耐強く待つのは日本人の美徳だし、私ベタ日本人だし。

すると、先生は血液検査の結果を見ながら言いました。
〈白血球が低いんです。20位。好中球も低くて、抗がん剤打てるレベルじゃないね。だから、今日は止めましょう。〉


どっひゃあぁぁ〰️爆弾ドンッ
私の頭の中で何かが弾ける音がしました。

4時間近く待たされたあげく、出来ないだと?
2時の時点で血液検査の結果は先生の所に上がっているのだから、その時点で帰してくれよ。おうちに。
私、そんなに暇じゃないんだけれどムキー
抗がん剤が打てない程、白血球等が悪い数値なのも始めてだから、心の準備が御座いません。
数値が低いのも誰のせいでもないのですが。
ぼやきたかったのよ笑い泣き
私、忍耐の日本人。我慢おしんの昭和の女だから、、、。
心の中に納めて、微笑みながら、
お薬の処方箋頂いて帰りました。

と言う訳で、また来週パー

最後まで、お読み下さいましてありがとうございます。


暇つぶしに↓