おとめ座21度「少女のバスケットボールチーム」

 バスケットボールチームなので、個人のスキルも大切ですが協調性も求められます。 男性では無く少女というのは、おとめ座の持つ繊細さを暗示しているのかもしれません。 ここは、一見スポーツで活動的にみえますが、その矛先は相手との協力や連帯感を示しています。

 

 

 

 

おとめ座22度「王家の紋章」

 威厳の度数。 王家の紋章を掲げられるのは特別な人間だけです。王家の紋章を持つ事を許された人間には、同時に内側から放たれる特別なオーラがあります。ここはおとめ座が守りぬいた純潔さからくる威厳を暗示した場所です。

 

 

おとめ座23度「動物のトレーナー」

 言葉の通じない動物を、しつけたり調教したりするのはとても骨の折れる作業で、トレーナーという仕事として動物と関わるのは誰でもなれる訳ではなりません。言葉の通じない動物の意を汲み取る繊細な観察力、おとめ座のきめ細かさのエッセンスを抽出した場所です。

 

 

 

おとめ座24度「メリーと彼女の白い羊」

 日本でも馴染み深い童謡。メリーという少女が学校に羊を連れてきたという、一応実話に基づいた歌らしいです。ここは少女と白い羊という登場者が暗示しているのは純粋さ、無垢さです。いつまでもみずみずしい感性を保てるような場所でもあります。

 

 

 

おとめ座25度「反旗として揚げられた旗」

 気づきの場所。当たり前の事、長く続けられた事が正しいとは限らない事は多々あります。反旗はそんな状態に異を唱える合図です。ここは柔軟宮のおとめ座が、より良い方向に舵取る事ができる場所で、強い正義感を暗示した場所でもあります。

 

 

普段はこちらで鑑定していますhttps://yushitessen.com/