Tシャツ

テーマ:

ご覧いただきありがとうございます。

ゆるりんの田辺です。

 

 

 

皆さんが何気なく着ているTシャツ。

これもピンきりで、違いが分かるようになると、奥が深いものです。

私はアパレル関係で独立しようと考えていて、アパレル系の学校に通っていた事もあります。

アパレルで単価が安く、リスクが少ないのはやはりTシャツだったのです。

某量販店等、かなりの格安でTシャツが売られています。

何で安いのだろう。中国で作っているから?

簡単に言えば質なのですが、この二つである程度説明がつきます。

コーマ(くしがけ)の質と単糸、双糸の違いです。

糸は紡いで、コーミングをして、余計な毛羽立ちを取り除きます。

すると、さらっとした肌触りになります。

これがコーマ糸です。

日本酒の精米歩合と同じで、精製するほど高価な物になります。

これをあまりしていないと、毛玉が出来たり、汚れやホコリカスが付きやすいのです。


そして、糸によって太さが違いますが、太いと丈夫でザックリとした風合いです。

細いと、しなやかで肌触りが良いけども、切れたり破けたりしやすい。

そこで先人は考えました。

普通は一本の糸で編むところを、二本をねじり合わせて一本にしてから編んだのです。

これが双糸です。

太い糸をしっかりコーミングして、双糸にすると、非常に丈夫で、

しっかりとした素材になるのに、ゴワゴワモコモコせず、肌触りも抜群です。

細い糸をしっかりコーミングして、双糸にすると、

もともと編み目が詰まっているのに、更に編み目が詰まって、

まるでシルクのような光沢があり、つるつるとして肌触りが最高に良い生地になるのです。

細い糸の弱点である強度も万全です。コーミングをしてあるので、

引っ掛かってほつれる心配が減ります。


値段は倍以上になります。しかし、何シーズンも着られます。

普通は洗うと、へたれたり、よれたりするのですが、それがありません。

買った時の形を崩さないのです。こう考えると決して高級品ではなく、

節約品になると思うのです。圧倒的に見た目もいいですしね。

標準的な太さのコーマ糸の双糸でできているTシャツなら、

無地になりますが、工場直販で1000円以下の値段で買えます。

是非100円のTシャツと着比べてみてください。

 

 

ゆるりん東伏見店
営業時間 10:00~21:00
最終受付 20:30
所在地 東京都西東京市富士町4-5-15
電話 042-463-8333
西武新宿線 東伏見駅北口 徒歩3分

 

公式サイトリラクゼーションサロンゆるりん
エキテンサイト東伏見ゆるりん東伏見店
院長ブログゆるんでイキイキ
ゆるりんツイッター

 

ゆるりん院長のプロフィール

1985年生まれ
19歳から中国武術である孫家拳(孫式太極拳、八卦掌、形意拳の内家三拳)を学び、
2011年(25歳)武術の修行で学んだ知識を元にリラクゼーションサロンゆるりんを開業。

好きな有名人 稲葉浩志 高岡英夫 桜井章一

 

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 民間療法へ にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ
AD

コメント(2)