「整体」匠の技と失敗から学んだ整体院開業と運営のイロハ!

「整体」匠の技と失敗から学んだ整体院開業と運営のイロハ!

整体で人を良くする技術はある!でも、2度も閉店させ3度目の開業、失敗から学び整体でしっかり食べていくための開業のやり方、運営方法、経験者のノウハウを気軽につぶやきます。よろしくお願いします。

整体師は、人に感謝され、とても遣り甲斐のある仕事です。頼ってきた人をなんとか楽にして上げられる技術を身に付けて整体師として飯を食べていくには、技術だけではダメ。整体院を運営するノウハウが必要です。

工業大学出身の私ならでは、取り組みを紹介していきます。

私のノウハウは、主に小さな町の小さな整体院を営んでいく為のものです。都心部で開業したい、従業員を何にも使っていきたい、多店舗展開をしていきたい、有名になりたいという方は、別の方のHPやブログを参考してください。

地域密着で地に足を付けて長~く、一人またはパートナーと二人で営んでいくような考えの方に最適です。

整体の手技手法について、中国整体(推拿)をベースに操体法の考え方を取り入れ、様々方法を駆使して『ゆるめる』事を第一に考え取り組んで、良い結果を出しています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
整体院やサロンなど実店舗を運営してく上でホームページは最も大事な広告ツールですね。

キャンペーンなどの価格で集客するのあれば紙媒体も効果はあるかもしれませんが、内容(お店の特徴、こだわり、サービスなど)で他店との差別化をしてお客様(患者様)に選んでもらうにはホームページの作りこみが必要です。

そして、お店にマッチした方に見つけてもらうには、検索で上位に上がっている必要がありますね。


今回は、当院(ゆるり整体院)が使用しているホームページのサービスである「Jimdo(ジンドゥー)」さんから活用事例としてお話を聞きたいと取材を受けました。

地道にホームページを充実したものへ作成し続けたことが良かったようです。
沢山のホームページの中から、ここなら良い事例になる、良い話が聞けそうだと感じていただけたようです。



では、ホームページについてですが当院のホームページは私自身が全て作成しています。

小さなサロンや整体院の場合は、自分で作成をオススメします。

そして、内容を充実させたいので、公開後も少しずつ作り変えや追加ををドンドン行うことで検索でも上位になりますし、見た方がお店の内容や特徴も知っていただけます。

実際に見て来院した方からのお話しからも、色々な気づきをいただくと、より良くするためにプチリニューアルをしたり、追加したりと常に更新をしています。

また、営業に来られた専門家(HP作成会社)の話も時々は聞き、問題点や成功事例を参考に作りこみやリニューアルもしています。

地味ですが、コツコツと運用することが内容の充実、SEO対策になると感じています。



内容の充実と現場で感じたことの反映をタイムリーに行っていくのには、自分で作成が一番です。


そこで簡単に作成&更新ができるのがJimdoさんでした。私も他のシステムやサービスももちろん検討しましたが、一番は本業はあくまで整体です。
短時間で良い物を作れ、更新も楽、価格も安いということでJimdoを採用です。

もちろんどのサービスを使ってもいいんですが、専門知識がほとんど要らず、直感的にブログ感覚で作成できるのでオススメです。

今回、Jimdoさんの取材を受けて事例で紹介されたものは下記のURLです。
よければ見てくださいね。

http://hajimeteweb.jp/mag/?url=249_557509e164011


また、当院では開業サポート(相談)をしています。
ホームページに関しても整体院やサロンならではの細かなノウハウがありますのでご相談も受付中です。
相談、お問い合せは当院のHPのお問い合せフォーマットからお願いします。




テーマ:
最近、施術が忙しすぎる。

ブログのアップが出来ずじまい。

やっぱり辛い方を良くるる事は、やりがいがある。

本当に色々なカラダの不調、悩みで来られているので、初回の施術は神経を研ぎ澄まさないといけない。かなり疲れる。

でも、皆さんカラダの変化を感じて下さり、5月は全員がリピーターに!

また、落ち着いたら整体院運営のノウハウを書いていきますね♪

テーマ:
整体院やサロン、個人店を運営する上でホームページ(HP)は必須アイテムです。

でも、意外と軽視していたり活用していなかったりという事が多いようです。


今回、当院(ゆるり整体院)で運用しているホームページ(HP)が運用事例という事で取材を受けました!!

当院では、HPを自分で製作し運用しています。

実は、業者に外注していない理由があります。(この件については、その内に書きたいと思います。)

使用しているシステムは「Jimdo(ジンドゥー)」です。
このシステムなら、素人でもやる気さえあれば比較的簡単に内容の良いサイトを作ることができます。
他にも色々とあると思いますが、私が比較検討した中では、一番のオススメです。


話はそれていきましたが、今回のHP活用事例の取材は、このサービスを利用している膨大な数ある個人店の中から、内容、更新、活用、独自性…など多方面からみて話を聞いてみたいと云う所へ取材の申込をして行っているそうです。


広告費の予算が限られている個人店、小規模な整体院、サロンならHPを自分で作成し活用する方が絶対にオススメです。

ホームページ作成のノウハウや運営ノウハウも自分でずっと行っているので、かなりあります。

とりあえず、取材を受けた運用事例が公開されましたら、紹介します~。


ホームページ作成や運営のアドバイスも行いますので、当院(ゆるり整体院)のHPの整体塾・開業塾のページからお問い合せください。


テーマ:
整体師になって5年も6年も…やってきた!
お店も任され店長もやってきた!

そんな自信だけで開業するのは危険です。

確かに、経験はだいじですよね。
長年、整体に従事していれば流れもできていますし、一通りの症状に対する知識も経験もできています。
さらに、店長も任せていたなら、運営方法も学んでいるはず…でも、本当に大丈夫でしょうか!?

開業し個人店になった場合、施術の上手さ、人間性、お店の雰囲気、料金…様々な条件が重なって、お客様(患者様)に評価をいただき、通いたい、ここなら良くしてくれそうと思っていただけなければリピートしていただけません。
リピートが無ければ運営はとても難しいです。

自分が、月に何人こなしているかよりも、何人の方に指名していただけているか?、新規様を施術した場合に何人の方がリピートしてくださっているか?、そして、どれだけの人、症状を良くしてきたか?を考えて下さい。

□指名が少ない
□リピート獲得率が30%以下
□症状がよくなっているか分からない
□良くなったと喜んでもらった人が少ない

上記のような状態なら開業はまだやめた方がいいです。

問題は…
他の整体師(セラピスト)より施術が劣っている!?
効き目がない!?
自己満足している!?
アドバイスが適格でない!?
流れ作業で行っている!?
信用されるだけの品格を持ち合わせていない!?


ここまでは施術、接客など現場での問題ですね。


次は、運営面は?

店長として働いても実際に自分ひとり運営する時とは様々な点が違います。

お店の必要経費管理(人件費、家賃、光熱費、宣伝広告費、通信費…)は把握しているでしょうか?
そして売上は?
売上-経費=粗利(大雑把な利益)
これがプラスで無いと運営していけません。
開業前にシュミレーションをしないといけませんね!

まあ、実際は蓋を開けてみないと分からないんですがね。
(3回も開業しているので…)
ただ、最悪売上(施術数)の場合と理想的な場合など数パターン予測して行く方がいいですね。

運営面については、また、そのうちに詳しく書きますね。



■■■■■■■■■■■
整体塾・整体院開業相談
ゆるり整体院
URL http://yururi-saitama.com/
■■■■■■■■■■■

整体師としてのあなたの問題点を見つけるお手伝いをします。
整体師だから分かる!実際に施術を受けてカウンセリングを受けて一連の流れを全ての流れを受けて問題点を探し出せます。
実践的な個別カウンセリング(相談)受付中!
上記HPよりお問い合せファーマットからお問い合せください。

テーマ:
整体師として従事していると、様々な症状、身体の不調、悩みに対応していかなければなりませんね。

前回の記事「初回が大事」の続き的な内容ですが、「施術の方針や提案はできている?」という内容です。

まず、施術方針ですが、自分整体法の中で症状を改善していくのにもっとも重視している事はなんでしょうか?別の言い方だと、回復させるには何が必要か?

ここが決まっていないと施術方針がぶれてしまいます。

私の施術の場合は「ゆるめる」が最重要課題です。

どんな不調、痛みにも、まずゆるめる事が改善するのに必要なことと考えています。

では、次は、ゆるめる為のアプローチ法です。ここではスキルと知識が生きてきす。
ゆるめる方法は色々ありますよね!

数多く知っていれば、その方、その方に合わせた手法を使うことができます。
もちろん1つの技法を高めることで何でも対応できれば、それはそれでいいと思います。

でも、身体の状態や反応は人それぞれ、私自身の経験では、引き出しが多いほうが楽に改善していきます。自分自身の基本アプローチを持ちつつ、それでダメな場合には、1つの技法にこだわらず、アプローチの仕方を変えてみる。柔らかい頭を持ち、発想を豊かにしていったほうがいいのでは?

痛みや不調を抱えている人は、楽になれば、方法はなんでもいいはずです。

技法にこだわるより、どうすれば早く、簡単に楽にできるかをこだわって取り組むべきです。


話はそれましたが、施術の大筋があり、その後にその方、その症状に合わせた方針を経て施術をしていきます。

そして、出来るだけ分かりやすく説明する!

今の身体の状態、そして、こう改善してく。こうすれば良くなるはず。…

方針通り行い、施術後に状況、私の場合はゆるみ具合、歪み具合、ズレ具合などを話します。


それから「提案」です。

状況から、どれぐらいの間隔で通院した方が効率的か、次回はいつ位がオススメかを提案します。そして、その理由も話します。



重要なのは、自分の施術方針がしっかり固まっているか!?
そして、その方針をしっかり伝えているか!?
それから、どうしてこの間隔で施術していきたいか説明し、提案しているか!?

この辺を一度、見直してみてはいかがでしょうか。




よく見かけるダメの施術者は、自分の方針が決まっていないので、お客様(患者さん)のいいなりになり施術を行っている…

腰が痛いから腰をやって欲しい⇒腰をやる

でも腰だけで良くなる?私は、身体全体にアプローチする。
施術の強さをやたら伺う。私は、良くするのに必要な強さを身体の反応をみて決めている。

どう施術を重ねていけば良くなるか分からないから、次回、いつ来てもらった良いか提案できずに、次回の話を一切しない。⇒私の場合は、次回を一週間以内にしてもらう。一回目の施術効果は、そんなに持続しない。間隔を開けすぎて元の状態になってしまったら初めからやり直し。
(それでも、長年やっていると初回の効果が高くなってきているし、持続もするようになってきている。後は、その方の状態から○○日より前に来て欲しいとお願いする。)


■■■■■■■■■■
整体塾・整体開業相談
ゆるり整体院
URL http://yururi-saitama.com/
■■■■■■■■■■

整体師としてのあなたの問題点を見つけるお手伝いをします。
実践的な個別カウンセリング(相談)受付中!
上記HPよりお問い合せファーマットからお問い合せください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス