さて、MRI後の診察です。

 

思ったより早く呼ばれたので

うきうき入っていったら先生に

 

お元気そうですねって言われた。

 

それで、脳のMRI画像一緒に見ます。

 

 

スライスされた自分の脳画像を

2年前にとったのと比べて新たな病変がないか

見ていきます。

 

 

2年前はその前に撮ったのと比べて

良くも悪くもなっていないっていうことでした。

 

 

今回はどうかなーって思ってみてたら

どうも、最近新たにできた病変っぽいのが発見されました。

 

 

とか言われておもいあたるのはあるのですよ。

4月、息子が小学校に入学して

それに伴う変化などなど、

 

結構親の私にもやっぱりストレスかかってたんですよね。

それですこーし体に反応でたりしてたんでした。

 

 

きっとあれだ!って私的には思うのですが、

まあ正確な時期がわかるわけでもないので

それは特に言わないでおきました。

 

 

そこで今私は二日に一回注射するインターフェロンβを

使っているのですが、

 

 

先生によると、

最近の学会の発表で、インターフェロンβと飲み薬のジレニア(イムセラ)を

比較したところ、

 

若干ジレニアの方が抑える結果がでたというのですね。

 

ただそれが多発性硬化症の全部の医師が

同じ方向で言ってるという確定されたものではないし、

 

 

インターフェロンβは30年の歴史、

ジレニアは15年ほど。

 

インターフェロンはそういう意味では

副作用もデータがとれていて、

安心感はある。

 

 

ジレニアは短期的な副作用は今のところ

報告されていないけれど

長期的なものが何かないとは言えないと。

 

 

なので今回すこし病変があったからといって

早急に変える必要があるわけではないけれど

 

 

ジレニアにするという選択肢もあるよ

ということを提示してもらえました。

 

 

また近々MRIとって、病変あるようであれば

検討しましょう。

 

 

 

その前でも、もしご希望あれば

ジレニアに変更するっていうこともいいかもしれません

って。

 

 

 

まあ、最近注射なれたとはいえ、やだなって

思ってたし、

 

 

インターフェロンβの副作用が

寝てる間であまり煩わされてはないけれど

しっかりあるのがちょっとしんどい時

 

あったので

 

ある意味チャンスかもしれない。

けど、

 

やっぱり気が付かないうちに

脳に炎症起きてたの知って、

 

 

それがちょっとショック。

 

 

まあ、今日はそのショックしっかり味わって、

味わいつくしたらまた考えようと思います。