いつまでも美しく健康に!-ゆるらく美食スタイル -



テーマ:

前回の続きです。

 

緑黄色野菜がカラダに良いというのは、あなたも知っていると思う。

 

しかし、野菜と言っても様々な野菜が存在する。

 

代表的な緑色の野菜と言えば、ブロッコリーやほうれん草がある。

 

そして、赤色のトマト、キャベツのような色の野菜まである。

 

野菜には、多種多様な色が存在します。

 

そこで、虹色を思い浮かべてみてくさい。

 

虹色のように、様々な野菜を食べるのが理想と言うことです。

 

今、足りていない野菜の色は何色かを確認して食べてみては!?

 

トマトや赤ピーマンなどの赤い野菜には、カロテノイド系色素と言われる、

リコピンやβカロテンが豊富です。

 

南瓜や人参などの黄色野菜には、赤と同じくカロテノイド系色素の

カロテンが豊富で、ビタミン類も豊富です。

 

ブロッコリーやほうれん草などの緑色野菜には、クロロフィルと言われている

葉緑素の色で鉄分とカルシウムが、豊富に含まれています。

 

茄子や紫キャベツなどの紫色野菜には、ポリフェノールの一種で

アントシアニンという色素があります。

 

白菜や玉葱などの白い野菜には、フラボノイドと言われる色素が含まれています。

 

全部が全部ではないですが!!

 

このように野菜は、その色の違いによって様々な栄養と健康に関係しています。

 

なぜ、虹が美しいのかというと、様々な色がバランスよく、

ひとつになっているからです。

 

その美しさは、人間にとっても同じです。

 

虹の美しさがバランスであるように、人間も野菜をバランス良く摂り

カラダを整えることが、美しさの鍵を握ります。

 

出来るだけ様々な野菜を食べてもらいたいです。