ゆるナチュ育児の会、ちほです。


7日、日曜日に防災術を開催しました。

この講座は2年前に一度開催したもので、今月11日は東日本大震災10年目になります。

少し気が緩んでいた矢先に最近また地震が続いていて、もう一度再確認をしたいと防災術アドバイザー佐々木美香さんに再びお越しいただきました。



災害が起こった時の避難場所(避難場所にも種類が。)津波地域なのか、土砂災害地域なのか、備蓄品、避難する際にやるべき事、二次災害を防ぐ方法、災害時のトイレ、家族との連絡手段などなど、大切な情報を一つ一つ再確認しながら聞きました。


東日本大震災の時は帰宅難民が沢山出て、何時間も歩いて家まで帰る人が沢山いました。
今はその時の教訓で帰宅はせずに会社に残ることになったそう。
だけど共働きで両親が家に戻れず、子供だけ家に残しているとしたら。。。
心配事はそれだけではありません。

普段から家族内で災害時に備えてシュミレーションをしたり、話し合いをしておいた方が良いのと、やはり近所の方達とのコミュニケーションを大切にする事だと思いました。



自宅周辺にある、電話ボックスの確認と電話の掛け方を子供と一緒に練習する。
毎月1日と15日は災害伝言ダイヤルの無料体験が出来るそうです。


午後からは防災クッキング。
家から持って来てもらった、乾物や缶詰を使って、必要最低限の水と道具を使ってご飯作り。



うちの備蓄から拝借した災害時用のアルファ米を実際に食べてみました。


開けたところ。
カラカラのご飯が入っています。


水戻しだと約1時間かかります。すぐに食べられるわけではないのですね。
これは味が付いているのでアルファ米の白米だけよりも断然食べやすい。


みんなで色々試して見ました。



参加してくださった皆さん、ありがとうございました。(^ ^)
本当に参加して良かったー!!と言ってもらえて。♥

災害大国日本に住む以上は防災について学ぶことは大切な事だと思います。



お久しぶりです。ゆるナチュ育児の会、ちほです。(^ ^)

去年は尽くイベントが出来ずに大人しくしていましたが、じーっとしていても何も変わらず。。。
今年は少しづつ、気をつけながらイベントもやって行けたらいいなぁ。と思います。

で、今年初の開催はキムチ作りでした。
キムチの熱狂的なファン、ゆるナチュ会員No.1がおりまして、(笑)「今年はキムチやらないのか??」とお尻を叩かれまして。(*´罒`*)

よし、やろう!!と本日開催しました!!
今年も雨風ふぁーむさんの無農薬野菜を使って15名分のヤンニョムを!!







切って、切って、切りまくって


揉んで、揉んで、揉みまくって



混ぜて、混ぜて、混ぜまくって



じゃ〜ん!!!


今年も無事に美味しいキムチが出来ました!!
そしてですね、今回のキムチは私の手作り麹で作った甘酒に、ひしお麹をたっぷり入れた、最強の発酵食品、スペシャルキムチになっております✨✨

発酵食品を沢山摂って、コロナに負けない身体を作りましょ。(^ ^)

参加してくださった皆様、ありがとうございました!!

《今後の予定》

3/7開催決定

あなたと家族を守る防災講座&ミニ炊き出し術

地震大国、日本。先日も大きな地震がありました。
東日本大震災から10年。
関東にも大きな地震が来るかも?と言われていますし、自然災害は、日本に住む私達にとって他人事ではありません。

その時は突然やってくるもの。
もし何か大きな災害が起きたとしたら、家族を守っていく備えは十分にできていますか?どこに避難するか知っていますか?ライフラインが復活するまで、家族が過ごしていけるだけの十分な備え、何がどれくらい必要かわかっていますか?

今回は、“防災術アドバイザー”として活躍中の佐々木美香さんを講師に招いて、家族を守る防災術のお話を伺います^^

午前講座は、家族を守るにはどんな備えがどれくらい必要なのか?
子どもがいる人が気を付けたいポイントは?女性だからこそ必要な災害グッズは?自分が住む地域はどのような場所なのかなどなど、災害が起こった時に、なるべく困らないように備えておくポイントを教えてもらいます♪

午後からはクッキング編です。ライフライン(電気・水・ガス)が使えない、そんな状況の中でも、少しでも暖かいものをエネルギーを使わずに作る。そんな防災クッキングを習い、実践していきます!

避難所に避難したとしても、すべての避難所に温かい食べ物の炊き出しがあるとは限りません。先の震災では、おにぎりやパンがずっと続いている避難所もありました。栄養面での心配もありますが、やっぱり温かいものが食べられるだけで、気持ちもほっこりしますよね。

お鍋一つで、鍋を汚さずに、水も最小限の使用で、ポリ袋を使ってご飯を炊いたり、常備品(缶詰や乾物)を使っておかずを作ったり、限られた状況の中でもこんなことができるんだ!とびっくりするような内容です^^
普段のお料理にも活かせること間違いなし♪

是非、この機会に学んでおきましょう♪当日は、講師による“炒り玄米“・“ふりかけ”・“炊飯”のデモンストレーションに加えて、さらに、みんなで持ち寄った材料でもワークショップ形式で一品作りますよ^^何ができるかお楽しみに!作ったもので、みんなでお昼ごはんを食べます。

災害時はどうしても栄養も偏りがち、そんな中でもなるべく身体に優しいもので過ごせるように、なんていう視点も含めてお話してもらおうと思います^^


前回は防災クッキング編は別日に開催しましたが、両日とも参加したいのに予定が。。。とのお声もあったので、今回は1日でまとめてお話ししてもらうことに。(^ ^)

あなたと家族を守るファミリー防災術&防災クッキングミニ炊き出し術
日時:3/7(日)10:00~15:00
場所:れんたるすぺーす&子育ち支援基地 たけとんぼ(相原)
講師:防災術アドバイザー 佐々木美香さん
参加費:4,000円(たけとんぼ利用料込)
最低催行人数:8名/定員:15名
持ち物:市役所や区役所でもらえる防災マップ(ある方)・エプロン・手拭き・野菜、乾物、缶詰など家にあるもの一つ・お米1合(白米かぶづき米)
※お子様連れでも参加はできますが、カセットコンロなど火を使いますので、お子様がやけどをしないよう見守りをお願いいたします。


<<お申し込み方法>>
◎Facebookより
イベントページに参加ボタンを押していただいたうえで、ゆるナチュ育児の会宛てのメッセージにて「お名前・携帯番号・お子さん連れかどうかご連絡ください。

◎メールの方
お申し込みは、yuru.natyu.ikuji@gmail.com宛に
「お名前・携帯番号・お子様連れかどうかをお知らせください^^



こんにちは!ゆるナチュ育児の会、kanaです。

別記事でお話会詳細をあげると言いながら、遅くなってしまいました^^;;

午前のお話会「ワクチンと私たちの体の素晴らしさ」についてはこちらから。

午後はNPO法人NGO GOODEARTH代表の藤原ひろのぶさんをお招きして「世界と私たちの繋がり」というお話をしていただきます^^

時間は13時30分~16時(16時30分くらいまで延びる可能性あり)、会場は午前と同じく杜のホールはしもと多目的室です。

 

藤原さんには何度か、相原のたけとんぼや相模原に来てもらっています。

最近は、『EARTHおじさん46億才』というかわいい漫画スタイルの本も出版されました。藤原さんからは、世界の裏側と私たちの生活がいかに密接につながっているかということをはじめ、身近な社会問題、今でいえばコロナ問題やメディアの問題などについてもお話していただきます。

 

藤原さんの話からは「どんな問題も繋がっている、だからこそ解決していけるんだ」という強いメッセージ、そして、とてもやさしい気持ちをいつも受け取っています。だから、一人でもたくさんの方に聞いてもらいたいと何度もお呼びしています。

 

私たちの日々の困りごとだったり、ちょっと苦しいなと思うこと、子供の将来について不安に感じていること、どんなことでも他人任せにならずに、自分ごととして、動いていける、そんなパワーをいつももらっています^^

 

とても苦しく感じている人が多い「今」だからこそ、午前の井上真由美さんのワクチンの話と合わせて、本当に本当に聞いてもらいたいお話です。

 

場所代や講師代などどうしてもかかってしまうので、無料にはできませんが、なるべく参加しやすいように参加費は設定しました。

単独受講は1,999円、午前午後両方受講される場合は、3,500円となります。

お申し込みはこちらから事前にお願いいたします。
 

会場の多目的室は非常に広い空間です。また外のロビーに出ても、会場の音声や映像が見られますので、お子さんがぐずってしまった時でも、少し外に出てロビーでお話聞きながら、お子さんの気分を変えてあげる、そんなこともできます^^

上記リンクのお申し込み先でうまく手続きできない方は、下記アドレス宛にご相談ください。事前振込も対応いたします^^

問い合わせはyuru.natyu.ikuji@gmail.comまで。
 

是非都合をつけて参加してもらえると嬉しいです!