犬の骨格(骨盤)

骨盤を形成する骨の主な名称です。
{D0A6BA59-A467-4CB5-980E-E7F18D89A078}
骨盤は
寛骨仙骨とで構成されています。


また、寛骨は
腸骨坐骨恥骨
の3つ骨から構成され、

これらは
大腿骨とつながるくぼみの
寬骨臼で癒合しています。


骨盤と大腿骨の間の関節は
股関節と呼ばれ、
様々な筋肉の付着点となる部位です。


仙骨は、

3つの癒合した椎骨でつくられ、

腸骨・腰椎そして

尾椎に囲まれて位置しています。


仙骨翼は、腸骨と関節をつくり

この関節は仙腸関節と呼ばれています。



骨盤の主な役割は、


左右の股関節と連動して歩行を支える

内部にある臓器(大腸や小腸・泌尿器や生殖器など)を外部からの刺激から保護する

お座りの姿勢の際に体を支える土台となる


などが挙げられます




AD