犬の骨格(後肢)

後肢の骨格、主な名称です。
{B7E9329C-3FCE-4F38-809C-6E4C571B2110}
後肢の骨格は『寛骨』から
趾骨』までを指します。


寛骨と呼んでいるのは、
腸骨』『恥骨』『坐骨』の
3つの骨の集合体です。


寛骨仙骨を合わせ
骨盤』を形成いています。


犬の骨盤は人間の物よりも狭く、
細身の構造になっています。



そして骨盤に関節している
大腿骨』は
人間よりも浅くはまっているため、
脱臼しやすいので注意が必要です。


人では
肩関節の方が
股関節よりよく動きますが、

犬の場合は逆で
股関節の方が動きが良いです。


それは、
関節外靭帯が無いことと
骨盤と大腿骨の角度のためです。


なので、犬の後肢は
頭をかくなど、手の役割もしています。
{A5A61B5A-8B6B-425A-8B41-1CCA8B35991F}


また、人の体でいう「腿(もも)」の部分は
胴体部分に密着しているので、
犬の後ろ脚として見ている部分は
主に膝から下という事になります。

構造としては、
前肢とよく似ていますね。


なので、前肢と同様に
後肢も真横(水平)に動かすのには
適していません。

無理にひねる力を加えてしまうと、
股関節や膝関節を痛める可能性が有るので気を付けましょうウインク


そして、

人と犬の脚の最大の違いがココ↓
{D377FB0F-72B6-4569-B385-85D628224AD4}
足底です!


犬の 飛節 と呼ばれるこの部位は
人間でいう「カカト」のことです。


そう、
犬はいつだってつま先立ちなのですガーン


これは
犬が獲物を追いかける時に早く走るため。
足の裏の接地面が小さい方が
足を蹴り上げる労力を省くことができるためです。


こんな小さな「つま先」で後肢を支えていますので、パットあしあとのお手入れも時々はしてあげましょうね



AD