子供と大人のこうのとり健康鍼灸院

 おのなつみです


それはバレンタインの翌日の仕事中

宅急便でいきなり届いたのでした。


いつも整動鍼のセミナーでお世話になっている

活法ラボからでした。


高級チョコレートの様な箱に入っているのは






ペンチ?



ではなくて、整動鍼生みの親 栗原先生のブログでも紹介されている諏訪田製作所(SUWADA)の爪切りです。

整動鍼のセミナーに出ている鍼灸師さんは
栗原先生のブログを読んで購入された方も多いようです。

私は、元来疑り深く、ケチなので爆笑
尊敬してる栗原先生がいいと言っても
いやいやいや、そんなペンチみたいな爪切りでどうやって爪切るの?と思ってスルーしてました。

それが、今回整動鍼の基礎、応用編を全て受講した会員にこの爪切りがプレゼントされたのでした。


こんなに爪が伸びるのが楽しみだったことは
ありません。

爪を伸ばして満を侍して切ってみると
使いにくいかと思ったペンチ型も
軽い力で爪がコトッと切れます。


爪切り前


爪切り後


 矢印の中指 写真がボケてるのかと

思って何度も撮り直したのですが

爪と指の境目がはっきりしないくらいまで

切れているので境目が映りませんでした。



パチンでなくてコトッなんだーと思って切り終えた時、私はその爪切りの素晴らしさがまだ本当にはわかっていませんでした。


最初に素晴らしさを感じたのは、お風呂に入ってシャンプーした時でした。


シャンプーするときに爪が当たらない、

いや当たっているのだけど嫌味がない。

なくなってわかったけれどいつもは爪先で

頭皮が擦られていたみたいです。

その擦られる感じがなく、指先の当たる感じが柔らかく気持ちよく、思わずおーっと声が出ました。



そして、翌日、患者さんの体に触れた時に、なぜこの爪切りが贈られたのかその本当の意味が分かったのです。


ツボがわかりやすい!

ツボの感覚はゴマ粒位の大きさとか、米粒くらいでタイ米みたいな形とか例えることがあります。

小さいツボが骨にこびりつく様な形であることもあります。

とても小さいので位置も5ミリずれたら効果が変わり、最悪効かないこともあります。

そんな小さいツボをみつけるには、繊細な感覚を感じることができる指先の部分を使わなくてはなりません。

SUWADAの爪切りで切るといつもより短く切れて、爪先が尖っていないので指先の敏感な部分が使えてツボの感覚がわかりやすいのです。

その感覚の差は、視力が悪い人が眼鏡やコンタクトを使っている時と外している時の見えた方の違いと似ているかもしれません。


そして爪による余分な刺激を身体に与えないので患者さんの負担を少なくすることができます。


鍼灸師をはじめ、美容、福祉、子育てなど直接肌に触れる方にはおすすめしたい爪切りです。


 

 

★こどもとおとなの鍼灸院

香川県三豊市高瀬町上高瀬503
 
★悩んでいる人を一人にしない
心屋リセットカウンセリング