「言い訳している」と気づいたら‥ | やりたいことを見つけて実現する方法~心を整えて行動する自分になるヒント|自分探しを卒業し天職みつけませんか?

やりたいことを見つけて実現する方法~心を整えて行動する自分になるヒント|自分探しを卒業し天職みつけませんか?

副業、起業したい、やりたいことがわからない、自分に自信がない、自分探し、熱中できる、やりたい仕事、天職、夢中になれるもの、自信を持つ、コーチング、人間関係、やる気、余裕、魅力、能力、才能、コミュニケーション、セルフブランディング


テーマ:


やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ
西尾祐里です。


今日は前回の記事の続きです。

 


―――

動きたくても動けない‥

行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうにもやる気が出ない‥


―――

そんな状態から脱出するには、
 

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと
2)「自分の軸」に立ち戻る

 


そこから、軌道修正へ。


“動きたいのに動けない‥”
“やる気が出ない‥” という状態から

「一歩前へ」行動できる自分になる

『立て直しの秘訣』

 

について、前回から書いています。


『仕事で本領発揮し成果を出していく』
そのためにも“立て直し力”
身につけていくのは必須です。



前回は
【1)今の自分がどんな状態かに気づく】について。
 

クリップ“やる気が起きないや‥“が続いている時、
本人無自覚ながらも“言い訳”フレーバー
自分の心やら頭やら、内側で漂いがち。

クリップ人が言い訳をするときのお約束フレーズ。
「でも」「だって」「どうせ」「~だから」 
=頭文字“D”


クリップ言い訳フレーバー=“頭文字D”に
知らぬ間に占拠されている状態だと、
エネルギーが湧かない。

クリップ無意識にその状態を続けないためにも、
まずは、今の自分がどんな感じか、
頭文字“D”チェック。

 


さて。

頭文字“D”=“言い訳をしている自分”
に気づいた時。

「言い訳してはいけない!」と、
自分自身にめっちゃ厳しくする方がいらっしゃいます。


それだと、
一時的に自らを鼓舞することはできても、
本当の意味での『立て直し』とは言えません。



その状態というのは、
簡単に言えば、こんな感じです。

 

 

「やる気が出ない」↓

言い訳してる自分に気づき↓

「言い訳してはいけない!」

(というもう一人の自分現る)↓

自分にビシバシ鞭を打ちながら、
「動けー!走れー!!おりゃぁー!」↓

くたびれて「やる気が出ない‥」
「動きたいけど動けない‥」↓


(挙句、遠い目で何思ふ。。)

 

イラストは、極端ですが(笑)

 

このようなことを

早いスパンで繰り返すことになります。

自分に鞭打つ癖があるのが
“THE 頑張り屋さん”あるあるです。

 

↓言うなればこんな感じ↓


特にやっかいなのが、これを無意識に
やっちゃっている場合です。

自分に厳しく、鞭打つ分、
同じ条件を他人に求め、
このやり方を他人に対しても行うようになります。


「言い訳するな!」と、鞭でビシバシ!

人を動かそうとして行ったことが
人が動かない結果を引き起こしたりするわけです。

このような状態になってくると、
その次に起こることは大抵、

他人を責めるか、自分を責めるかです。

どちらにしても、良いことありません。



また、変に自分に厳しくし過ぎるのは、
言い訳しなくなる‥というより、

 

心身SOSのサインが出ていても鈍感になり、
結果、癒しが必要な状態になっていきがち。



それでは、
『本領発揮し成果を出すための“立て直し”』
とは言えませんよね?


「言い訳してはいけない!」と
自分を厳しく罰することと、
自分を律することは違います。


一時的に、
自らを鼓舞することができたって、
それが、
エセポジティブで終わってしまっては
意味がないわけです。


つまり、
 

「どうせ無理‥」という状態でも、
(↑現状維持を自ら選んでいる)

「言い訳するな」と変に鞭打つ状態でも、
(↑自分で自分を厳しく罰する)

“仕事で本領発揮していける状態ではない”

 

ということです。



仕事で思うような展開にならず、
落ち込んだとき。

そりゃぁ、言い訳はしないほうがいいです。

言い訳しているうちは、
何も変わらないし、物事好転しません。

ですが、変に自分を罰していても、
本質的な解決とはいえません。

それよりも、

言い訳フレーバーが

自分の内側に漂っているのに気づいたら、


一旦、それを否定せずに認めることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



これは、
言い訳している自分を

正当化するという意味ではありません。

「言い訳している自分がいるなぁ‥」と
一旦、ただ認識するということです。




言い訳する自分に気づいたときに
即座に「そんな(言い訳する)自分はダメだ!」と
ジャッジを下すのは、

言い訳する自分を”認めたくない“からです。

だから、言い訳する自分を
“認めないで済むための頑張り”として、
変に鞭打つことを始めてしまうんですね。


↑この傾向がある方は、
無意識に癖になっちゃってるので、
意識的に自分でこの癖に気づいていくことが大事ですよ。



なので、
“言い訳する自分”に気づいたら、

 

変に正当化もせず、
だけど、否定的に考えたり、
即座にジャッジしないで、

 


「あぁ‥言い訳している自分がいるなぁ‥」
「あぁ‥これが例の頭文字“D”のやつだなぁ‥」

 


という具合で、
“一旦、認識をする“感じでいきましょう。

「自分の中にそういう自分がいるんだなぁ。」 ってね。

 

 

 


個人的には、
言い訳する自分を認めるポイントとして、

 

ちっちゃい “ぁ” が入るくらいに

つぶやくのはおすすめです(笑)

「言い訳してる自分いるな“ぁ” ←これ
「そっか“ぁ“ ←これ

変な自己正当化も、
即ジャッジして自分を罰するという癖も
反応的に出ちゃう前に、
それを防ぐ“間”になりやすいですよ。



動きたくても動けない‥

行動したい気持ちはあるにはあるけど、
どうにもやる気が出ない‥

そんな状態から脱出するには、

1)今の自分がどんな状態かに気づくこと

‥からの「認める」

について、前回、今回と書きました。


今、自分がどんなところにいるのか‥
どんな状態なのかを自覚したところから

「よし、立て直していこう」と、
主体的に意識を向けていくようになります。

 



言うなれば、ここから
『本領発揮し成果を出すための“立て直し”』

「一歩前へ」行動できる自分へと
軌道修正が始まっていきます。



“今の自分はこんな感じか‥”と自覚し、

“で、本当の私は、どうしたい?”の方へ。

その時のポイントが
【2)「自分の軸」に立ち戻る】 です。


それについては、また次回☆彡



~~~

P.S☆彡


今回のイラスト。

フザけた、ゆるっゆるキャラ
“なまいき、ゆり”(イラストのキャラ名)

 

筆ペンで手を真っ黒にしながら

お絵描きしました(笑)
(握る力が強いのか、筆ペンの墨が溢れてすんごいのですわ‥汗)


ひとりで

「ププゥー笑」ってウケたり、
ニヤニヤしながら描いてた私‥

時間も忘れて、お絵描きに没頭。。

こーゆところは、子供の頃から
ちーっとも変わらないのです 笑

 

 

 

 



宝石赤本当にやりたいことを見つけたい
宝石赤やりたいことをやる自分になりたい
宝石赤人間関係をより良くしたい

というあなたは今すぐこちらをチェック↓↓FREE
 


※メルマガはお好きなタイミングで購読解除が可能です。
★プロバイダかGメールのアドレスでご登録されることをお勧めします。
★Yahoo、hotmail、ケイタイアドレスでは届かない場合がございます。

 

やりたい仕事で魅力を活かす専門コーチ 西尾祐里さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース