新しい世界が始まって、

古い体質の垢みたいなものがどんどん表にあがってきています。

すると、私たちの見えなかった部分で汚いことが行われていた事実を知ることとなり、憤慨してしまうこともあります。

 

こういう時に、ありがちなのが

 

自分を正義に見立てて、相手を悪に見立ててしまうこと。

そして戦おうとしてしまうこと。

 

ぶっちゃけしなくていいです。

 

既にプロが戦ってくれているからこそ、ここまで情報が表に出てくるようになったんです。

 

戦うのはプロに任せましょう。

 

私たちがするべきことは、「知る」ということ。

「知っておく」ということ。

 

例えば慰安婦問題。

先頭で戦っているのは、水脈さんなどごく少数の人たちですが、その人たちが発信してくれた情報を、国民の多くが共有した結果、左翼陣営は崖っぷちになりました。

 

私たちがするべきことは、血相変えて戦うことではなく、

「正しい事実を知る」ことだけ。

 

心を動かさず、ただ知っておくだけ。

それだけで十分波動は切り替わり、世界が変化していきます。

 

 

これから沢山色んな事が起こります。

どうぞ心を荒げずに、淡々と知っていくということを積み重ねてください。

 

 

ちなみに、左翼に大人気の野田聖子が総務大臣に選ばれました。

高市早苗でいいじゃねーかよ~と本気で思いますけどね。

まぁまぁ色々とあるのでしょう。

メディアでは全然触れられてないけれど、高市さん最近離婚して、それもあって内閣に入る心持ちにはどうしてもなれなかったのかもしれません。

高市早苗総務相と山本拓代議士が離婚「突然、夫から切り出された」

まぁ高市元大臣のことは置いといて……。

 

とりあえずテレビは野田聖子をバンバン持ち上げて、爆上げするはずですから、野田聖子さんの事実はきちんと押さえておきましょうね。

野田聖子の怖くて黒すぎの過去と売国の現在

 

野田聖子(本名:シマ・ショウコ) この女、絶対に当選させてはならぬ

 

出自

○岐阜の大物・野田卯一の妾の連れ子の子で血のつながりはない。父親は非議員で福岡の島家に婿入り、無類の女好きで現在結婚4回目。その後ショウコが政治家になるため一家揃って岐阜に戻り、野田に復姓。野田家の養子になるが、野田卯一の血を引く本家との親戚つきあいはない。

 

性格

○子供の頃は、急にキレて家中のガラスを足蹴りにして全部割ったという武勇伝を自ら語っている。

○悪質なイジメを連発し、多くの同級生に精神障害をもたらし、その虐めの陰険さと非道さは、父兄たちに連合赤軍の永田洋子をも彷彿とさせた。その持って生まれた残虐性に加え、善良な女子生徒を演じる技術に長けていた。

 

選挙活動

○選挙違反で定評のある野田聖子

 「地元岐阜ではけっこー噂にはなってたが、やっぱり悪質な選挙妨害や嫌がらせがあったらしいな。昨日、ニュースで佐藤が告白してたのを見たよ。佐藤の選挙ポスターを剥がして、そこに野田のポスターを貼り変える事件は岐阜県民ならみんな知ってる。」

 こんなのは序の口→野田聖子(本名:シマ・ショウコ) この女、絶対に当選させてはならぬ

 

脱法妊娠

○どう考えても高齢でありながら、どうしても妊娠したいという本人の強いエゴが引き金となり、海外で第三者の卵子提供を受けて妊娠。父親となる人の精子は在日の人と噂されている。

 出産したが、野田家に繋がる血筋は本人含めて全くない。

 お子様は現在ハンディキャップを背負って生きられている。

参考→野田聖子は社会実験で障害のある子を産んだ

 

政治音痴

○バックは中韓

○東シナ海の問題については「放っておけばいい」

○パチンコ議員

などなど、暗闇ばっかり見える。

 

とにかく知っておきましょう。

特に岐阜の人。

宜しくお願い致します。