かれこれ2週間ほど前に、

言論空間の荒れ模様は、後3ヵ月ほど続く見通しです。

ってブログに書き残しました。

 

ホント、大荒れ。

無理くりにでもパヨクはネタを作ろうとするし、

橋下さんとかは、波動調和の方向を模索しようとするし……。

 

 

でね、こないだもちょっと書いたけど、

 

とにかく今集中すべきことは

「正義」を手放すことなんです。

 

誰もが「正義」を振りかざすからこそ、荒れるんです。

みんな「正義」なのです。

 

ただし、「正義」の言い争いでは物事は解決しません。

 

以前に

これから現れる「真実」の意味

で書かしてもらったのだけど、

 

同じピラミッドでも見る場所が違えば、全く違うものに見えるんだよね。

 

四角だったり

 

洞窟だったり

 

三角だったり

 

 

立方体だったり

 

見る場所が変われば、事実は変わる。

立ち位置が変われば、「正義」も変わる。

 

だから、正義で議論しても何の意味もないの。

物事をこじらせるだけ。

 

どちらが正しいのかではなく、

誰がどの場所から意見をしているのかを考えるのが大事。

 

そして、沢山集まった意見を元に

立体化したり、

はたまた、その中から波動の高い選択肢を選ぶように判断するだけ。

 

熱くなるのは

「自分が正しい」と思ってしまうから。

 

それはエゴを強化してしまいます。

 

すると気づかぬうちに、波動低下をしていきます。

 

そして、言っていることとやっていることに矛盾が生じ始め、言動不一致の状態が続きます。

 

最終的には籠池さんみたいなコントを自ら繰り広げることにもなるでしょう。

 

正義を手放し、

波動の見地を高めれば、

全てが立体的に見えてきますよ♪