一昨日の女子会で「真実についてどう考えるか」的なことを少し話してたんだ。
その時は「それぞれ違うのが真実だと思う」と私は答えたのだけど、後から少し言葉足らずだったなと思ったし、これはみんなにお伝えするべき情報かなと思うので、ブログに残しておきます♪♪
 
 
ピラミッドに例えて話してみるね。
 
今までの世界って言うのは
 
こんな湖の前にして「これがピラミッドです!」と言い張る人が多数発生するような、
そもそもの議論事態がおかしい世界だったの。
言葉変えると虚構と言うか。
 
で時折、「ピラミッドってこれでしょ?」って、真実を明確に提示して
湖の人たちに「間違ってるよ!」って教えてあげる人もいたのだけど、
圧倒的多数は湖を見つめながらピラミッドと言い張っていて、それが多数だったりするものだから、本当のことを言ってる人が基地外扱いされちゃったりしていた世の中なのだけど。
 
虚構の世界が終わって、FACTの世界になるから、
これから湖を見て「これがピラミッドだ!」って言ってる人はさすがにいなくなるのね。
 
逆にこの世に及んで湖見て「ピラミッドだ!」って叫び続けている人には、悲しい現実が待ち受けてるの。
さすがにみんな洗脳が溶けて来て、そこにピラミッドがないっていうのは気が付く世の中になったから。
 
だけれども、私たちの世界には制限があるから、誰もが全てを見れることはできないの。
 
たとえば 同じピラミッドを見ていたとしても
 
ピラミッドを上空から見れば四角だし
 
横から見れば三角
 
内から見れば狭くて長い廊下
 
 
みんな同じピラミッドの事を話していて、どれも真実。
でもみんなそれぞれそこの角度からしか見れないから
相手の言っていることが間違っていて、自分が正しいと主張したくなるんだよね。
気持ちは分からなくはないけど、そうすると結果、「どれも真実じゃなかった」って言う回答になって、進化ができなくなっちゃうんだ。
 
これから大事なのは、互いの意見を尊重し、組み合わせて立体的にしていくこと。
私たちはそれぞれ部分部分しかみれない制限が欠けられているから、一人の力で全ての真実を見ることは不可能なんだ。
 
だから、みんなの意見を合わせて真実を立体化していくの。
するとようやく新しい世界が見えてくる、分かってくるようになる。
 
私たちには制限があるけど、それぞれの得なことを繋ぎ合わせたら、ちゃんと新しい次元の形を作ることはできるんだ。
 
たとえば伊能忠敬先生
 
伊能先生は江戸時代の制限のある世の中で見事な日本地図を作られたじゃない
 
今みたいに飛行機や衛星が飛んでたりして、肉眼で確認しようもないのに、
歩いて測っての繰り返しで
 
あの時代に衛星写真と変わらない日本地図を作ってしまったのよね。
 
今だったら誰もが一瞬で手に入れられる情報だけど、
伊能先生の時は、その原型になるものがなくて、一応あるけどかなりいい加減なものしかなくて、結局さっきの地図を作るのに17年もの歳月をかけたのよね。
 
私たちがこれからやってくことは
とっても伊能先生と似ていると思うの。
 
進化した時代では、わざわざこんなに手間かけてそんなことやったの?
っていうくらい、みんなの意見を重ねて立体的にしていかなくてはならないけど、
そうすることで見えてくる世界は
伊能先生が作られた地図くらい正確になると思う。
 
 
確かに大変だけど、
手軽に地図を見れるこの時代よりも伊能先生の地図にはロマンがあるよね。
 
私たちがこれから経験する面倒くささは、後世から見たら壮大なロマンの結晶になるはず。
 
後世の人たちは、きっと私たちの時代に産まれたかったって言うんじゃないかな?
そんな時代を私たちは生きていると思います。
 
そして本当の真実は重ね合わせなくては見えません。
重ね合わせて行きましょうね♪