●マイナンバー制度(メディアは主に反対)

 反対して、誰トク?:在日朝鮮人、韓国人。市民活動家



 国民背番号制度などとも言われ、悪いイメージがつきまとうマイナンバー制度。確かに一元管理することによるデメリットは多く、一般的な生活を営んでいる日本人にはあまり意味のない制度とも言えるのですが、これを一時的にでも実施する事は国益に繋がるメリットがあると思います。


 この制度は、不正なお金の流れを見るのと、住民票のある場所に人が住んでいるかの確認に役立ちます。
 普通に働いて、納税している人にはメリットとデメリットが半々の制度ですが、悪いことをしている人には超デメリットだらけの制度です。特に、在日朝鮮人や韓国人は、在日特権を悪用しているケースが多く、不正にお金を手にしている人が沢山いるそうです。このような不正の炙り出しには効果覿面の法案です。

 また、マイナンバーカードは、国民一人一人に自宅に手渡しする形で配布しています。だから、住民票はあるのに生活の実態がない人たちが自然と炙りだされる仕組みになっています。市民活動家たちは、応援している人を当選させようと選挙権のためだけに住民票を動かしているので、実際には住んでいない人も多いそうです。そういう人のマイナンバーカードは受け取ることができずに返送されることになります。もちろん市民活動家だけでなく各地域のメリット(生活保護など)だけを受け取りたくて、住民票だけを移している不正を行っている人を見つけることもできます。

 ちなみに、北海道や沖縄県は市民活動家の動きが盛んな場所と言われていますが、現在の段階で、北海道20万通、沖縄は3万通が受取られず返送されています。これは他県よりも圧倒的に多い数です。ちなみにこの地域で暗躍する市民活動家の多くは共産主義者です。