敗戦直後、米国が日本を弱体化統治するために絶対的なルールの一つとして掲げられてのが

「絶対に日本人を怒らせてはならない」

だそうだ。


ガチンコで戦ったからこそ分かる日本人の怖さを、一番身近に感じていたのは米国だったんだよね。


だから如何に怒らせず、洗脳統治させていくのかっていうのが目下の課題だったらしい。


ただ、日本人は海外の人とはあまりに比べ物にならないくらい素直で従順な性格だから、この洗脳を解いてあげるのにアメリカがいま苦心してるらしいけど(笑)

ちなみに、アメリカは日本にやった洗脳方法があたったから他国でもいけると思って、日本と同じように洗脳かけようとしたけど、洗脳にかかったのは日本人だけだったってなんかの本で読んだよ(笑)


話それた。

まぁとにかく「怒らせてはいけない」、「目覚めさせてもいけない」感じでつい最近まできたんだ。


でも日本人を怒らせ、目覚めさせちゃった人がいたんだよね~。


皆さん知ってる通り、それは韓国なんだけど(笑)


でね、数年前、第二次世界大戦で日本と戦った元米国軍人とかが、韓国に注意を促していた情報かなんかをどっかで見たことがあるのね。

「韓国お前らは日本と戦ったことないから分からなくて好き勝手やってるけど、日本人だけは絶対に怒らせてはならない」

って。

その時はあんまり実感が沸かなかったんだけど、最近は「あぁホントだ(笑)」って思うようになった。


集団で一つの目標に向かった時の行動力とその素早さに最近驚いてるの。

数年前までは、完全に朝鮮側の乗っ取り作戦の方が上手く動いていて、っていうか、日本人のほとんどは洗脳されててその事に気がついてなくて、

一部の人が声をあげても民にその声が届かなくて。

ようやく気がついた日本人は怒り始めたけど、どう戦うべきなのかが分からないイライラの方が大きかったけど、

ここにきて、完全に戦いの攻略パターンを掴みはじめてるんだと思うんだ。


特にネットの動き、例えば佐野さんとかぱよぱよ関連とかを見てるとまじでそう思う。



問題が起こった瞬間から、完了するまでの時間が早すぎて早すぎて(笑)


これが日本が集団化した時の恐ろしさだと思うの。


朝鮮系の人は、実はチームプレーができなくて、集団になることがチームプレーだと思い込んでるだけだと思うのだけど、

日本の人は、目的が明確になって集団化した時点で、勝手に役割ができて、作業組み立てが勝手に構築されていくんだよね。


ネットに落ちてる情報を見つける人、犯人を見つける人、犯人の証拠を漁る人、その証拠を魚拓などで抑える人、更にその情報をまとめる人、そしてその情報を拡散させる人……って。

みんな自分の得意な分野の役割に徹して、冷静に作業して完了!みたいな。


なんか国別でやってるネットゲームで日本人は無敵って話を聞いたことあるの。

その時に読んだ情報でも、どんなチーム編成でも日本人は勝手に役割分担をして、特に情報交換とかしなくてもなぜか上手く連携しながら相手を倒してくって。

なんかそれと同じことが今リアルな世界の方で起こってるんだね~。

相手からしてみたらこれほど怖いことないよね(笑)

やっぱり、日本人を怒らせてはいけませんね( ´艸`)