さっきの記事で、大事なこと伝え忘れてたなぁと思ったので追記。


ネットで「アセンション 意味」と入れて検索すると

アセンションとは、自分自身の波動を上げる事により、人間が今迄の三次元の存在としてではなく、五次元にアセンションする事です。 五次元にアセンションするとは、三次元だけの空間に存在するとした人間が、実は、多次元空間の中に存在するという真実に気づく事です。 人間は、三次元空間の五感で知りうる世界だけでなく、多次元空間の世界の中で存在する素晴しい存在なのです。 人間は、三次元空間の中だけの薄っぺらな存在ではなく、多次元空間の中の深くて、広い存在なのです。

大概こんなような情報にぶち当たることになると思います。


正直いきなりこんなこと言われても大概の人は「????」になると思うのですが、西洋で使われるアセンションの意味はこういう意味ではなく、


主に

「自力昇天」

になると思います。


要は、

「自力でイエスキリストの境地にいく」

ってことなのね。



だから、西洋から流れてくるアセンションって言うのは、

とにかく

壮大で

ファンタジックで

大袈裟なことになってくるのよ。



なんでかっていうと、


アセンションとは


「一神教の唯一神であるキリストと同等になること、もしくは超えること」


になるから。



だから、普通であってはいけないという「何か」がはたらいてしまうんだろうと思うよ。


それ故に、複雑で分かりにくいことになっていると思うし、

著者が西洋人のアセンション本とかはやたら「自由意志」って言葉が出てくるでしょ。


西洋人が使う自由意志って「一神教の世界を超える」っていう意味だから、何度もこの言葉が繰り返されるのも頷けるよね。


ただ、日本人はうっかり意味を間違えて、自由意志を発動させてばっかでただの排他主義になっていくっていう残念な事態が横行してますが(笑)

参考記事→(スピリチュアルにはまって不幸せになる理由スピリチュアルにはまって、不幸せになる理由②スピリチュアルにはまって、不幸せになる理由③




西洋において、「一神教の唯一神であるキリストと同等になること、もしくは超えること」は日本人が想像する以上に、とにかく大ごとなんです。


それをふまえた上で彼らの言葉を受け取るようにしましょう。


すると

彼らの言葉や想像力が

壮大で

ファンタジックで

大袈裟なことになってくるのも致し方ないと思えるようになりますからね(^-^)/。