正直なんで私がこの本を書こうと思うのか、未だに謎なんですが、心理学者でも哲学者でも宗教家でも宇宙学者でもない、ごくごく普通の人間に生まれた私でも「気がつく」時代に入ってしまったということなんだと思います(笑)。


 「気がつくって何よ?」って話なんですが、それは、「どうやら私たちの世界観が虚構に満ちている」という気づきです。そして、「真理は全く別のところにある」という気づきも。

 まぁ、私も最初この真実にぶち当たった時は、正直気が狂ってると思いましたよね。

 時は、2011年。当時35歳かな。


 丁度その頃は、「アセンション」と言われるスピリチュアルブームの真っ只中で、ある時私は、岡本せつ子さんという方が発信されているアセンション関連のチャネリング情報が書かれているホームページを見てしまったのです。

 友達から相談を受けていた情報を検索しようと思って、休憩中に会社のPCで色々ググってたら、突然そんなサイトに突入しちゃって(笑)。しかも、友達から相談を受けていた内容が「不妊」っていう。どんな検索をしたら、突然こんな怪しいサイトに足を踏み入れちゃうのか、自分でも未だに謎なのですが、そのサイトに出会ってしまったことで、私の今までの認識はものの見事に壊れていくのです。

 それまで私はアセンションなんていう事象に興味を持ったこともない、全くの素人。
 スピリチュアルな世界や占いに興味はあるけど、レベル的にananな、いわゆるカジュアルにそういう世界を楽しむ程度。

 なんだけどね……、まさかのまさか、私このホームページに出会った瞬間、心の中の種が爆発しちゃったの。

 そっから、不思議なことが幾つか重なるようになりまして、更に、私の心がそのホームページに書いてある言葉にぴったりと寄り添って離れなくなっちゃいまして。



だから、「分かること」「できそうなこと」からやっていって、それが本当かどうか自分の体を使って確かめてみようと実験を繰り返すようになったのです。

 ほんと、アラフォー手前の独身OLがやることじゃないって、頭では分かってたんですけどね。
 一度気になってしまったら、とことん調べて実践する性分が前に出てしまいまして(笑)。


 沢山の本を読んで、そしてとにかく実践しまくったのです。


そして、確信に変わりましたよ。
「私たちの世界が虚構に満ちている」ということが。
「真理は全く別のところにある」ということが。


   
 ぶっちゃけ、地球は変容の時代を迎えています。私がこんな本を出そうとしなくても、遅かれ早かれみんな気が付くことだと思うのですが、想像していたよりも変容のスピードが早いのです。だから、認識がない状態のままだと困る人がいっぱい出てくるだろうなと思い、書くことにしました。

 ぶっとんだ話が沢山出て来ると思いますが、どうか最後までお付き合い頂けますように。


次のページへ→第一章 ルールと現実を知ろう ~「制約」の世界の住人だった私たち~