私、スピリチュアルな人と絡むようになってから、ずっと心密かに思っていたことがあるの。



なんでか分からないけど、「はりきりスピリチュアル!」な感じの人って、会社や取引先とかで見かけた「仕事の出来ない人」ともの凄く同じ臭を醸し出しますよね。


今更なんだけど、自分が思った共通点を書いときます。
ここでは「仕事の出来ない人」について書いてるけど、身近にいるイタイスピ系に照らし合わせてみてください。
共通項があると思います。



①口癖は「忙しい」

大概、会社で「忙しい」が口癖の人って、たいした仕事してないことが多くないですか?そんなに忙しいならと手伝おうと中身を確認してみたら、「え?まさか、仕事ってそれだけ(°Д°;≡°Д°;)」ってビビったことないですか?

後、自分の仕事をいちいち凄そうに言いたがる人も詳細詳しく聞いてみたら、「え?それって、、、、、( ̄ー ̄;」って思うような、仕事実績だった事ってないですか?

私は自分の経験値から、「忙しい」が口癖の人と、自分の仕事の大変さをアピールしてくる人に関しては警戒するようにしています(笑)

だいたいパターンとして、実績上げてる人のがしれっとしてるんです。「え?だから?」みたいな感じで。
「凄いですよね。」ってこっちが言っても、「どうだろ?」みたいな感じで、しれっとしてて、自分が特別な事をしている感覚がない。

後、めっちゃスケジュールが立て込んでる人の方が、みんな無理してでも時間作ろうとしてくれるんですよね。多分「忙しい」ばかり言ってる人って、なんとか仕事を入れさせないように防御しているんでしょうね。




②すぐ感情的になる。

だいたい仕事で実績を上げてる人って、器の大きい人が多いように思います。
だから、いつもニコニコしてて、包み込んでくれる暖かさがある。
もちろん、大事な場面では心を鬼にして、叱ったり、敢えて怒鳴ったりしたりしてるけど、基本的には機嫌が良く、受け皿の大きい人が多いように思います。

それに対して、仕事が出来ない人って、すぐ感情的になりますよね。
対応方法が分からないから感情的になってしまうのか、感情的になるから対応方法が分からないのか、どちらは分かりませんが、どちらにせよ、器の小ささを感じさせます。




③プロフィールで信頼を得ようとする。

自分の経験談ですが、自分の実績を長々と語りたがる人や既に自分の実績を「スゴイ」と思い込んじゃっている人はたいしてすごくない人ばかりでした。

たいした事じゃないことをたいした風に見せないと、仕事がもらえないから、そういうプレゼンになっちゃうんでしょうね。




④著名な名前を利用して、自分の価値を上げようとする。

元々自分が業界系で働いていたってこともあったので、履歴書やプロフィールの実績欄に派手目のお仕事が記載されてることはよくあることでした。

ただ、きちんとヒアリングすると、「それは実績と呼べるべきものなのか?」と問いたくなるような内容も沢山ありました。

そういう人に限って何故だか、たいしたことのない実績を大層に話すのも特徴的でした。

実際、実績と呼べるような仕事をした人にその件についてヒアリングをすると、みんなやたら「しれっと」答えるんですよね(笑)。
「あ~、そうそう!やったんだよね~、楽しかったぁ」的な感じで(笑)





⑤シンプルな話も複雑そうに話す。

これはどうしてなのでしょうか?(笑)
本当に、本当に、本当に、毎度思うのですが、たいして難しい話でもなんでもなくて、極々シンプルな解釈についても、自分の知識をひけらかしたいのか、やたら複雑そうに話し、更にはそれが分かってる俺はスゴイ的な感じでしゃしゃりたがりますよね。。。。。(笑)

そういう場に遭遇したときは、みんなポカーーーンですよ(笑)
空気読めてないどころの騒ぎじゃないから(笑)

そういうポカーンとして呆れてる姿を見て、「みんなは分かってない。」とか言っちゃってるのが、本格的にイタイですよね。
そして、「分かってる俺!」に凄まじい優越感(笑)


そんな複雑な公式使わなくても、もうみんなシンプルな公式使って生活してますよ!

教えてあげてあげたいけど、届かないから、みんなほっとくだけなんですけどね(笑)



まだまだ出てきた!

第二弾に続く~♪


電子書籍でこんな本も書いてます♪

「こんなスピリチュアルはイヤだ~」