さっきの話の続きなんだけど。

さっきの話読んだら、「体重計は関係なくて、結局はイメージなんでしょ?」って、思われちゃうと思うんだけど。


イメージももちろん大事なんだけど。

数字から解放されるって事も同じくらい大事なんだなぁって気がついたの。



私たちって、気がつかないうちにすごく「数字の檻の中」に入れ込まれていると思うの。


年齢、体重、年収、偏差値、スピード違反、スケジュール、、、ありとあらゆる物事が数字のルールに押し込まれていて、その枠の中で過ごすことに慣れすぎちゃってて、数字によって、一喜一憂しちゃうと思うんだよね。



イメダイ始める前の私は、少なくとも毎週1回は体重計に乗っていたの。

それで、一喜一憂しながら自分を結局戒めて、体重キープする為に努力しなきゃって頑張って、



でも年齢の性なのか、毎年少しずつ増えていく体重。そして果てしなく近づいていくおばさん体型(´;ω;`)


頑張っても、頑張っても、いや、頑張れば、頑張るほど、なんか自分の求めている方向と逆に向かっちゃっていってたの。



「今思えば、数字の枠の中にいた私。」
この設定そのものが間違っていたんだなぁって思うし、体重をコントロールしようとするが故に巻き起こる様々な想念の因果によってもたらされていたんだなぁって思うの。



ぶっちゃけよくよく考えたら、


「痩せている(体重が軽い)」=「体型がイイ」


ていう図式は当てはまらないわけだし(笑)


自分の身体が一番居心地良いと思える体型であればそれでいいんだし。

って事に、イメダイ始めたから徐々に気がつくようになって、なるべく体重計に乗るのを止めたんだ。



そしたら、なんか心が解放されたのか、ぐわんぐわんと加速気味に体重が落ち始めて( ´艸`)、気がつけば、自分が自分の身体の事を気に入ってた体重くらいに戻ってたの。



今は、自分の体重がどれくらいなのか、全く気にならないまでになったよ。

鏡を見て、自分の体型が自分の中で気に入ってる形ならそれで良し!


たまに鏡見て「太ったかな?」って思うと、すぐ来る生理!


カレンダーで気にしなくても、月経の頃合も見た目でしっかり気付けるようになったよ♪



後、今まで自分の中にあった、

「あーしなきゃ!」、「こーしなきゃ!」って言う感覚を手放していったら、実は肌も昔より綺麗になった(°∀°)b


なんだかほっとくのが一番みたい♪


って言うか、


「自分のことを好きになれば好きになるほど、身体は綺麗になる!」


と思う。



数字に惑わされず、情報に惑わされず、

イメージを上手く使って、

自分を愛してあげることを覚えると、



沢山のご褒美がもらえるみたいだよ♪



私たちは本当に数字に支配されているからね、


だから「体重計に乗らない!」って言うのは、


まずは身近な支配から脱却する為に、すごくイイ方法だって、私は思うんだ♪



とりあえずビフォアフ載せとくね。


イメダイ前の私




集合写真でごめんね~。この頃こんな写真しかなくて(笑)
2011年7月、地元下井草にて送別会の時の写真。
前列左から5番目が私だよ~。
っつーかパンパンマンだね~。


そしてイメダイ後の私



2012年9月かな?多分。
ピンクのロキシーが私。
顔とか全体にすっきりしたでしょ?


超最近の私については、2月4日のニコ生「中村愛の失礼ですがなにか?」でご確認を~(笑)


それではまったね~♪


↓こちらも毎日更新中↓
「仕事の考え方 人生の考え方 ~私の周りに現れた人が教えてくれたイイ言葉~」シリーズ
今日はどのシリーズが更新されたのかしら♪
[取引先編]
[上司・先輩編]
[後輩編]
[友人編]
[酒場編]