さっきの記事はぶっちゃけ体力を消耗しました。

私のブログからすればどえらい長い記事です(笑)


正直、もう気分的には寝たい所ですが、どこかしら「今書け!」「今日書いてくれ!」との切実な願いが聞こえてくるので、更に書く事にしました。


本音の話、こういう事を1年前くらいから大きな声で言いたくて(笑)、ブログの記事にもしたいって言う切実な気分になって、記事を書こうとした事は何度もあるのですが、「今はまだ早い!」って言う事なのでしょうか。

書く度に、勝手に記事が消えてました(笑)


でも、今は、今日は良いそうです(笑)。

どこまで書けるか、眠気との勝負ですが、最後まで張り切って書けたらと思います。




先ほどの記事で、


依存が目的になっている事がそもそものアセンションの道から外れている。という事を書きました。

そして、それは発信側だけの問題ではなく、

それに依存してしまう側にも問題がある事までは明記しました。




これは、その先ですね。

結局の所、「どう思う?」って聞いてくるって事は、「なんか信用できない。」って言う気持ちが根底に皆さんあるんだと思います。

でもなんで、たった一人の人を信用できるか出来ないかが問題なるかというと、

結局、中丸さんと船井さんがこの業界を引っ張ってきた先駆者だからだと思います。


頂点に立ってるような2人が微妙であれば、結果この業界全体が微妙?って事になっちゃうからじゃないでしょうか。


でも、そこは気にしなくていいと思います。



さっきも申し上げた通りなんですけど、


「2人が持ってる情報が信用できるか出来ないか?」と、問われれば、そこは信用できる。というものです。


逆に、2人が押してる人物程、真実や真理を付いてる人って言えると思います。


だって、2人は業界のTOPですよ。

嗅覚は一流だと思います。

中丸薫は一流のジャーナリスト。船井幸雄は、マーケティング会社の社長。


そんじょそこらの嗅覚ではないはずです。



だから、このお三方が押してる情報は、素直に受け入れればいい。

ただし、

この人たちそのものに、陶酔するような事がないように、お気を付けを。



情報は情報として、客観的に受け止めれば大丈夫です。



ただ、絶対に覚えておいてほしいのが



ビジネスと依存の思惑がある中で、情報が発信されている。



その事実だけです。



以上!


これで、寝れる!

眠い(´-ω-`)