どうして私のお印がどくだみ草になったのか。

それは遡る事5、6年前の事。
当時、大下英治先生は、下井草vivoの常連の女子たちを花で例える事が一つのブームになっていた。


(ちょっぴり若い頃の大下先生)

例えば、涼ちゃんは

紫陽花。

分かる~(*^▽^*)すごい涼ちゃんらしい瑞々しい和のお花。

きゅうちゃんは、

金魚草。きゅうちゃんらしいキュートなお花。

先生さすが、言い当ててるなぁ(o^^o)って、思って、私のお花を尋ねて見た。

「先生、私のお花は?o(^-^)oo(^-^)o」って。


そしたら、先生急に黙り込んで暫く考えた。


そしてボソッと言った。

「どくだみ草」




ガーーーーーーン_| ̄|○

(@_@)



毒で草。。。


全然受け止めれない(>_<)


すかさずきゅうちゃんは、「私だって草だよ。金魚草だよ。」って、フォローしてくれたけど、


きゅうちゃん。あなたのお花は花屋で売ってる。

私は、道端の雑草。
格が違い過ぎてる。

あまりのショックに、「えーーー(T^T)」って、嘆いてたら、先生はフォローしようと違う花で例えてくれた。







「オニアザミ」




毒の後は、鬼かい!

しかも、どっちにしろ雑草(T^T)


先生は、「どっちもすごく可愛い花だ」って言うけど。

私からしたら、どっちでもいいし、どっちも嫌だった。

薔薇とか百合とか言われたかった。
けど、それには到底届かない事が解ったので、ふてくされ顔でどくだみ草を選択した。





一旦それでいいって言ってみたけど、全然受け入れられる花じゃなかった。だけど、先生の他の女子に対する例えはドンピシャだ。

だからきっと、このお花の例えが飲み込めた時、私の私に対する理解が深まるかもしれないって期待をしたんだ。


それまで、どくだみ草なんて特に意識した事もないお花だった。


だけど、実は当時住んでいた杉並のお家は、春から夏にかけてお庭がびっしりどくだみ草一面になる。例えば、上の写真みたいに。

毎日眺めてたんだ。毎日観察してたんだ。

そしたら、ようやく理解出来てきた。私がどくだみな訳。
すごく言い当てられてるし、私そのものだ(・∀・)!って、心の底から思えるようになった。


私って、じゃじゃ馬だし、圧も強いし、うっとうしいと思われる事も多い。
華やかじゃないけど、でも、存在する事で機能する一面もある。


自分を客観視すればするほど、花の持つ意味が分かり、このお花そのものを尊く愛しく思うように変化した。


それから、私のシンボルマーク・お印はどくだみ草になった。


下井草では、どくだみ草=夢(私のあだ名)ってくらい浸透したから、みんながどくだみ草のプレゼントまでくれるようなった。

私のどくだみ草が浸透したある日、大下先生が電話をくれた。
仕事をしてる最中だった。
仕事で心が折れた瞬間だった。

そんな時、電話がなった。先生の名前で。


先生は嬉しそうな声でこう言った。

「今朝テレビを見てたら、どくだみ草の詩が紹介されていて、すごく夢に伝えたくなって電話した。今から、その詩を朗読してやるからな。」

受話器越に先生は、朗読し始めた。


それがこの詩


ドクダミ
星野富弘

おまえを大切に 摘んでゆく人がいた

臭いといわれ きらわれ者のおまえだったけれど

道の隅で 歩く人の足許を見上げ ひっそりと生きていた

いつか
おまえを必要とする人が現れるのを 待っていたかのように

おまえの花 白い十字架に似ていた


思わず、泣いていた。
折れた心は、立ち直った。


先生、本当にありがとう。

これからも、どくだみ草を。
これからも、この詩を。

大切に、育み続けるからね。




人は、言い当てられている程、受け入れがたい緊張を心身は感じるであろう。


だけど、


その事実を受け入れた時、大きく心の扉は広がり、全てが柔らかに前進していくだろう。


今の私はそう思う。