アセンションについて書いてあるサイトを見ると、次元上昇だのどうのこうの、4密度やら5次元やらどうのこうの、波動だの、愛の波動だの、どうのこうのって色々難しい話に見えるよね。


でもね、アセンションって別に単純な事なんだ。

そう難しい事ではない。



基本的には、「愛」、「平和」、「調和」の中で生きていくっていう事。



みんなで分かち合いましょう。って事。



でも、今まで何千年、いや一万年以上もの間地球は、支配があって、差別があって、競争があって、善悪があってって、今目指すべき方向とは逆の流れの中で私たちは生活してきちゃったんだよね。



だから、すごく簡単そうに見える「愛」、「平和」、「調和」ってモノだけど、実は地球全体がそうなった事はない訳で。

だから、すごく簡単で単純そうに見えながら、ものすごい自分の中のしがらみを断ち切ってくって作業になるわけだ。



だから、地味だよ!って言ってるの。

ものすごい、事実地味だよ(笑)



更にね、地球の中には、宇宙的に見て間違ってしまっている常識っていうのが一杯ある訳だ。

それを自分の中で理解して、正していく事が必要なわけ。


実は、地球の人だけが知らない宇宙の常識の法則があるのね。

例えば、「出したものが返ってくる!」ってやつ。



この『出したものは返ってくる』という事を知れば、愛を出したら愛が、怒りを出したら怒りが返ってくる事を知れば、自分で自分の世界を創る事ができる事を 知る事になる訳。

結局、愛に満たされた世界で生きたいか、怒りに満ちた世界で生きたいか、全て自分の選択という事になるんだよ。


例えばこの事をだけを知って、みんながそれを実践するだけで随分地球は変わるハズなんだよね。


だから、競争社会はずっと競争を続けなきゃいけないのは当たり前なんだよ。

競争をやめない限り、競争は続くわけ。皆が「やーめた!」って言うのがようやく調和の始まりなわけ。


だから競争の真逆にある調和ってものを、頭で分かって更に行動をで起こして行っても、まだ目の前に立ちはだかる競争社会の中で生きていくってのが、ぶっちゃけどらえい難義なワケですよね。

私一人が今日から競争を辞めたからといって、周囲の競争がなくなる訳じゃない。

ただ、競争社会の中で、調和的姿勢で生きるだけ。(メッチャ地味で辛いでしょ?)




結果だんだんややこしくなってきた気がする(笑)



アセンションってのは、宇宙人だのがやってきて地球を滅ぼすわけでも、災害が起こって地球が滅亡する訳でもなく、人間が半霊物質にいきなり変化する訳でもなく(笑)

単純にみんなの心が「愛」、「調和」、「平和」と一つになっていく事なんだよね。



で、なんで2012年っていう時代がそのアセンションとやらにフォーカスされているかっていうと、星の並びのエネルギーを地球人が受ける事によって、皆の波動が「愛」、「調和」、「平和」に上昇しやすい時期なわけ。





みんなの心が変われば、もちろん私たちが住んでいる地球も変わるわけ。

ものすごい大変革であるんだけど、物凄い作業的に地味なんだよ。

実際見える内容的にも一歩ずつだから、地味なはず。



しつこいようだけど。



多くの人がファンタジックな現象に憧れるのは分かる。

でも、冷静に考えれば分かるところ。


でも物凄くナチュナルにファンタジックな事は、今目の前で起こってるよ。

どうか、そこに気がついて欲しい。



仏陀が産まれる前、いやもうずっとずっとずっと一万年以上前から、この地球には差別や競争、エゴってのがはびこってた。


それを星の影響も最大限にもらえるこの時期に、「愛」、「調和」、「平和」の星にしましょうよってのがアセンションの大筋。



おーメッチャファンタジック!


アセンションはとっても地味で地道な積み重ねですが、、やった甲斐はあるはずです。

一人で今日から始めれるから、やってみよう♪変わってみよう♪




今日の一枚


西表にいた蝶蝶

$いつの日も神社、時々たこ焼き。

羽を広げて生きたいですね♪