俺の恋人17(ユンジェ) | ゆりさのブログ

ゆりさのブログ

2+3=W 東方の神様/ユンジェを愛しています

ここに登場する人物および団体は、実際 人物や物とは一切関係ありません。        

管理人ゆりさの妄想の世界です。それを ご理解の上お読みください。        

※無断転用、晒し 、お持ち帰りはご遠慮ください(著作権は放棄していません)        




(FF/生モノ/同人)        

              


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。  




そりゃ、、そうだよな。


こんな親子ほど歳の離れた中年の男を、あんな若くて綺麗な人が好き好んで、付き合ってくれるはずがない。


きっと、俺の思う好きとは違ったんだな、きっと。


しばらくすると、そう思えてきた。


でも、流石に顔を合わせるのは、気まずすぎるよな、、


ちょっと距離を置こうと、日課だったコンビニ通いをやめた。


しばらく経ったある日

休業日に合わせて、嬉しい事に開業してからかなり増えてしまったカルテの整理をしていると、手が滑って何枚かのファイルを落下させてしまった。



「おっ、、っと」いけない、、


慌ててファイルをかき集めると一枚のカルテが目に入った



「ぇ、、?」




そこにはキム ジェジュンのカルテがあった。が、何の気なしに目に入った性別欄に記入してある"男"の文字に俺は固まり、身動きが取れなくなった



「、、うそ、、だろ??」



お、お、おとこ?キムジェジュンが??まさか、、同姓同名だな、きっと。

そして、住所に目を移すとやっぱり俺の知ってるキムジェジュンで、、


見た目だけで判断して、男だったとは微塵も思わなかった医者としての自分を恥じた。


そして、一瞬にして状況を理解した。



「そっか、なーんだ、、」

振られた理由が呆気なく分かってしまった。



「バカだな、俺は、、」
なんで気づかなかったんだろう、、



「はは、ははは、、ははは、、」


「先生、どうかしました??」



「あ、いやぁ、、なんでもない」



あぁ。だから、俺は振られたのか。


同性じゃあな、、いくら美人で料理が上手くてもな、、


いや、でも、、ジェジュンなら、、


ふとジェジュンを抱く妄想をして、ダイレクトにムスコが反応してしまい、慌ててトイレに駆け込んだ。


俺は、、

女じゃなくて男でもイケるのか、、?


いや、そうじゃない。

ジェジュンだから、、ジェジュンだからいいんだ///


男とか女とか、、そういうの抜きでジェジュンが好きなのかも、、


あぁ、、でも今更なんて、、?


"男だけど好きです"


「あ~///」

あんな事しておいて今更、会えない、、恥ずかしすぎる///


一人地団駄を踏んだ





続く、、



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。  



よろぶん、あにゃせよー❤️

自然の猛威炸裂、、ヤバイバーガーン
皆様のお住いの地域は大丈夫でしたか??

台風に雷、、今月は運動会に学園祭、、毎週のようにイベントがあるのに、、ガーンガーンガーン

これ以上、被害の出ない事を祈りますショボーン