love storyは突然に、、(ユンジェ) | ゆりさのブログ

ゆりさのブログ

2+3=W 東方の神様/ユンジェを愛しています


ここに登場する人物および団体は、実際 人物や物とは一切関係ありません。        

管理人ゆりさの妄想の世界です。それを ご理解の上お読みください。        

※無断転用、晒し 、お持ち帰りはご遠慮ください(著作権は放棄していません)        




(FF/生モノ/同人)        

              


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。  




love story、、

それは、突然始まった、、


「なぁ、ジェジュア、、」

「んー?何??ユノヤ、、」


練習生になって、毎日顔を合わせる内に仲良くなったユンホ。俺と違って、ダンスがめちゃくちゃ上手い。


「お前さぁ、、キスって、、したことあるか?」


「ま、まーな。一応、彼女居たし?」


「そっかー、、そーだよな//」

練習で終電を逃し、一人暮らしの俺のボロアパートに転がり込んだ日だった


「え?もしかしてユノヤ、、キス、、した事ないの??」


無言のまま、分かりやすく染まる頰。俺は悪戯心に火が付いた


小さい布団の隣に寝転がるユンホに跨.り無理やりキスした


「、、どう??」


「、、、良い///」

気がつくと、俺の方が.押し.倒さ.れてキスされてた///



初.めてとは思えないくらい、ユンホのキ.スはめちゃくちゃ.上手かった。

何度も.角度を変え、次第に.絡む.舌、、


今までで一番.気持ち.のいい.キスで、危うく.キスだけで.イキ.そうになって、ユンホの肩を押した



「はい、ドー.テー君はここまで。明日も早いし寝よ?」

ちょっとだけ、ヒョン風を吹かせて自分を誤魔化した。

「あ、あ、うん。そうだね」


シュンとしたようにユンホは壁の方を向いて眠りについた


「、、、」


あんな.キス.しておいて、よく眠れるな///


俺の方が目が.ギン.ギン.になってしまって、なかなか眠れなそうだ///



続く、、




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。  



あんにょん❤️

思いつきユンジェ第一弾www

再up!!

久々に雨さんに連行されたガーン

どこが悪かったのかしら、、?

じぇんじぇん思い当たらないんだけど??

禿げしい所なんてないのにねぇ??

もしや、ユン.ジェがアウト??え?ユン.ジェ18.禁なのぅ??←

至って健全だよねぇ??←