病気の話ばかりでなんだかアレですが
娘が弱視と診断されました。

弱視とは眼球より奥の位置で焦点が結ばれている遠視の状態だそうです。


娘は目が悪そうなそぶりは全くなく
3歳児検診の時の自宅での視力検査も問題ありませんでした。


保育園のお友達に弱視が見つかった子がいて
そのお母さんと話していた時に
目が見えているかどうかなんて親ではわからないから
大丈夫そうでも検査に行ったほうがいいよ~と言われていました。


それでもすぐに行かずのんびりしていたのですが
インフルになった時にたまたま
小児科で目の検査の機械を導入したから検査してみようかと言われ検査したら
左右で0.5くらい視力差がありました。


そして眼科に行き、精密検査をしたら弱視だと発覚
眼鏡をかけて治療することに

左0.9 右0.5 だから生活に支障があるようにみえなくても弱視ということでびっくりしました。
そんな事もあるのかと

しかも調べていたら、網膜(視神経)の成長は6歳までと!


目の視力測定で結果が悪いと後日、精密検査になります。
精密検査は視力をはかるだけでなく、特別な目薬を使って行う事になります。

病院の先生曰く、同じ目が悪い状況でも
成長で正常に目の網膜でピントを合わせる事ができるようになってからの近視と
目の網膜が正常に成長していない状態での遠視は全く性質が違うそうです

小さいうちに治しておいた方が早く治る可能性も高いので
見えている子でも眼科で検査をしてもらう事をおすすめします。


検査をしてもらう眼科も子ども慣れしているところが良いそうです。
保育園のお母さんは最初に行った眼科では子どもにキツくあたる先生で
大した診断もされず、様子見でと言われていたそうで
後に行った別の眼科でしっかり見てもらって判明したと言っていました。


ちなみに、岡山で目の検査の機械があった小児科は【こどもクリニック青い鳥】です
暗い部屋で機械を見るだけで測定するので
子どもが手や口で見えているものを伝えるより信用できますかお

そして眼科は熊代眼科に行っています。

もちろん、私の行動範囲なので他にも良い病院はあると思いますが近いようでしたら参考に~ニコ