地球の重力の中でくつろいで存在するために。マシンピラティス始めました | パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜
新型コロナウイルスに関する情報について

パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

東京 南青山 セラピーサロン corpo e alma / Touch for World Therapy School

身体が硬いのは、半分は幻想。

 

きっと使い方の問題なのだ。

 

もっともっと、地球の重力の中でくつろいで存在してみたい!2020年は身体の柔軟性と機能性を上げるのが最大の目標。

 

 

 

 

 

というわけで、初マシンピラティス。

 

トーマス・マイヤースのアナトミートレインのクラスでもご一緒してる坂本美由紀さんの逗子のスタジオ「Studio Pacifica」へ。

 

 

 

アナトミートレインもベースにしつつ、骨、特に脛骨と尺骨に意識を置くことを重視する美由紀さんのピラティス。

 

インストラクション通りにマシンに身を委ねると、重いはずのマシンがスルスルと動いて、身体を新しい場所に連れて行ってくれる。

 

 

 

自分の内側に広がる筋世界の景色がジワジワ変化してゆく。

 

一つ一つの動きの回数は少なくとも、身体の奥で新しい使い方を神経系を通じて教育する。

 

 

 

ただグデーっとしてるだけのようで色々伸びてるし、笑顔のようで局所にギュンギュン来てたり。

 

 

 

楽しい〜♡

 

 

美由紀さんから「コマツさん、マシンピラティス良いと思うんだよね〜」言われてたけど、まさにドンピシャ。

 

自分の意識が頼りのマットピラティスよりも、「一歩先へ」進ませてくれる感じ。

 

 

主に健康すぎて、あらゆる自然療法の効果がわかりにくいコマツですが、身体の柔軟性の変化は元が硬い分ビビッドにわかる。

 

骨を軸に身体を動かすと、付着してる筋肉やそれらを包む筋膜の「オレ、ここにいるよー!」という主張やレスポンスを感じてニヤニヤしちゃう。

 

 

 

終わった後は、重力と仲良しで体感的に身長も伸びた。

 

いつものアーサナの深さもちがう!

 

最近、近所のマシンピラティスのスタジオが通い放題プランしているので、いろいろ検討していたのだけど、わたしのペンデュラムが首を縦に振らない。

 

そんな中、美由紀さんところだけブンブン振れた。

 

 

やはり量より質、なお年頃かな(笑)

 

私はパーソナルのほうが良さそう。

 

 

月イチでも気になるところを観察しつつ、日常の動きのクオリティとキレを高めていきたい。

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
ご予約可能日
3月1日、3日、5日、6日、8日、10日、11日、12日、14日

上記以降のご予約とお時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation 


■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年3月14日(土)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499 

■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。