オイルトリートメントに役立つファッシア(筋膜)リリースを学ぼう! | パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

東京 南青山 セラピーサロン corpo e alma / Touch for World Therapy School

全ての仕事に言えるのは「想像力」が大事、ということだと思う。

 

相手のニーズを読み取る想像力、実現のために必要な行程への想像力。

 

 

セラピーの技術に関しても同様で、身体の下で何が起こっているのかを想像する力があるかないか?

 

今自分は組織のどの深さに対してアプローチしているのか?といったことを想像できるか否かでセラピーの仕上がり感は格段に変わる。

 

そういう意味で、自分のセラピーのクオリティも「解剖実習体験前」と「解剖実習体験後」で大きく変わったように思う。

 

 

僧帽筋のパイシートのような薄さや、マグロのサクのような大臀筋。

 

それらの下にあるはずの、さらに深い筋層。

 

そして、それらの動きを制限する「皮膚」や温度によって変化する「脂肪」の柔らかさ、その中に存在する「浅層のファシア」のテクスチャー。

 

 

「筋膜リリース」という言葉がトレンド入りしているけれど、「筋膜=ファシア」には様々なレイヤーがあり、自分の採用している徒手療法はどの層に向かって行われているものなのかを想像する。
 


身体をスケルトンで見るような眼差しを手に入れる。
 
ファシアが緩むとはどういうことなのかを理解する。
  
そうすれば、優しいオイルトリートメントでも十分に満足度と結果を出すことができる。

 

 

 


 
ボディケアジャパンでそれを伝えてもらうためにお声がけしたのは「エフェクティブタッチ®︎」の小澤 智子先生。

 

 

実は、私がお声がけした先生の中で唯一その講義を聴いたことがなかった上に、講義当日も仕事の関係で聴講することがかなわなかったのです(涙)

 

 

それでも小澤先生にお願いしたのは、何回かお会いさせていただき、ご著書の「エフルラージュの教科書」を拝読し、さらに小澤先生が育てあげたたくさんの生徒さんと交流をしていく中で、「この先生なら絶対マチガイない!」と確信したから。

 

 

ちょうど小澤先生が「トーマス・マイヤースの筋筋膜解剖実習」に参加する1年前に私も同じ実習に参加しており、間接的に同じ情報を共有していることがわかっていたのも大きな理由の一つ。

 

 

 

残念ながら講座には参加できなかったけれど、生徒さん達からの感想を拝見していると、予想通りの素晴らしい講座だったようです!

 

 

 

 

小澤先生もブログに書いてくださっているので、ぜひこご覧ください!


無事にボディケアジャパン終了しました

 

 

澤先生と何かできたら。。。。の第一歩が踏み出せてうれしかったです!

 

芸術的な心地よさと、解剖学的な裏付けが共存することで深みが増すオイルトリートメントならではの素晴らしさを、小澤先生と一緒に伝えていきたいな〜。

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
年内のご予約は満了となりました。
新年は1月4日からご予約可能です。
時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。