私たちは「感覚を感じる」ことで生きている。そして感覚の積み重ねが「感性のスイッチを押す」 | パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

東京 南青山 セラピーサロン corpo e alma / Touch for World Therapy School

 

「感性的ライティング」の一つ手前。

 

まずは「感じる」を感じるために、これでもか!というくらいワークもりもり!マシマシ!でお送りしました、先日の「感性のスイッチを押す」のクラス。

 

 

 

 

もともと感性が豊かなセラピストさんたちだけに、即時に内側の深い領域まで入ってしまって戸惑った方もいたようで、想像以上にエフェクトしたようでした。

 

SNSに上がってくる、みなさんの感想を見るのが楽しいです。

 

 

 

 

 

私たちが生きていて、感覚受容器がそこに存在する以上、人生で「感じない」瞬間はない!と言い切っても良い。

 

そしてその「感じ方」は人が存在する数だけちがいがある。

 

だから、まずは「あなたの感覚を否定していい人はこの世に誰もいない」ということから、お話をしました。

 

 

 

 

ただ、「何を感じているか」に対して意識的であるためには、少しトレーニングも必要で。

 

もともと鈍感力の高さには自信がある私は、ほんの少しの「印象」や「感覚」のちがいに意識を向けて拡張していく術を、習得したにすぎない。

 

20代の全てを、音楽という抽象的なものを言語化して他人に伝える仕事に充てていたし、セラピストになってからの15年以上は触覚と嗅覚に特化して同様に感覚を捉えていたわけで、まぁまぁ結構な量のトレーニングしてる(笑)

 

 

そして、なんなら、「感じない」を感じるために「感覚遮断装置=アイソレーションタンク」に正月から入りに行くくらいには、感覚オタク。(笑)

 

そんな五感体感至上主義者の私が、学んできたこと、日常で実践している選りすぐりのワークを体験してもらいました。

 

 

 

 

 

石を穴があくほど見つめ、観察することで「石との対話」を試みる「クリスタル・ダイアローグ」。

 

これは初っ端から内側の深い部分にヒットしてしまった方もいたようです(汗)

 

そして「聞こえない!興味ない!」と初めは思った方も、気づけば「あれ?!対話してるかも!?」と。

 

 

 

 

次に、頭、心、お腹、それぞれに手をあててその場所のお天気を表現してみる「1ポイント・ウェザーリポート」。

 

さらに休憩時間は、主催者のりなさんが用意してくれたビュッフェスタイルの「パフェ」を作り、食べる間の約20分、一切言葉を話さない「サイレンス&マインドフルイーティング」。

 

 

 

 

そして、「コーマ(昏睡状態)」を疑似体験することで、身体の奥底から湧き上がる自分の感覚に意識を向ける、「コーマ体験ワーク」。

 

コーマワークは本当にセラピストさんは一度体験した方が良いと、常々思っているのですが、やはりみなさんが一番その内側から溢れる感覚に驚いていらっしゃったようです。

 

そして、セラピストとしてクライアントさんに触れていくときの態度がどうあるべきか、その示唆にも富んでいたのではないでしょうか。

 

 

 

 

3種類のローズマリーを嗅ぎ分け、その印象を言葉にしていく「香りのイメージワーク」。

 

あえて同じ香りにすることで、「同じローズマリーでもこんなにもちがうのか!」ということにも気づいてもらいます。

 

 

 

 

 

そして、まさかの初トライ!

 

私が美術館や文化史跡でよくやっている「憑依見仏」を、ポストカードにある絵や写真で実践してもらう「憑依鑑賞」のワーク(笑)

 

 

 

カードの中にいる登場人物になりきって、その気持ちを感じてみる。

 

絵であれば、書いている人の眼差しや筆の運びを感じてみるのもおもしろいし、動物や鳥、虫などが描かれていたらその視点に入ってみても。

 

 

 

憑依デモンストレーションもやりました!

 

私は慣れているので、もはや見られても恥ずかしくないけど(笑)

 

なりきりタイムを前から見つめているとみなさんは落ち着かないでしょうから、私は背後からその様子を眺めておりました。

 

 

 

 

見ていて印象的だったのは「サイレンス」や「コーマ」など、意図的に徹底して「静けさ」を作った瞬間の方が、みなさん何かを内側からモリモリと感じている様子だったこと。

 

刺激を与えられているにも関わらず、「感覚を表現してはいけない」と禁じられることで、逆にめっちゃ感じている自分に気づくというか。

 

これはなかなか興味深いポイントでした。

 

 

 

 

今までやってきた「元宣伝マンセラピストが教える!セラピストのブランディング&感性的ライティング」は、同じようなワークも入れてはいるけれど、もうちょい「外側の世界」に向けて、「自分以外の誰か」に放つための要素が大きくて。

 

 

「感性のスイッチを押す」は、「外的五感」と「内的五感」を深め、「内側の世界」を拡張していくためのもの。

 

初めてやったけれどなかなか良い感じなので、またリクエストがあったらやりたいな。

 

 

 

ブランディング&感性的ライティング」はすでにリクエストをいただいていて、8月30日に開催いたします。

 

8月は「ヴァイタル・タッチセラピー公開デモンストレーション」や「前腕と肘を使ったディープティシュー」も開催します。

 

他のクラスもリクエストに応じて開催していきますので、ご希望の方はメッセージくださいね。

 

 

■開催予定の講座

 

前腕と肘を使ったディープティシュー・トリートメント
日程:2019年8月27日(火)
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/883604

 

ヴァイタル・タッチセラピー 公開デモンストレーション(背面・前面)
日程:2019年8月28日(水)
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/1112653

 

「元宣伝マンセラピストが教える!セラピストのブランディング&感性的ライティング」
日程:2019年8月30日(金)
https://touchforworld.amebaownd.com/posts/6163100

 

■セラピーご予約可能日
7月19日、21日、23日、24日
8月以降のご予約も受付中です。
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com