イスラエル土産:コマツのトランクが重かった理由 その② | パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

パーソナルセラピスト 小松ゆり子のブログ 心と身体、世界をつなぐ〜Touch for World〜

東京 南青山 セラピーサロン corpo e alma / Touch for World Therapy School


テーマ:

早くも過去世の記憶のようになりつつある、マグダラのマリア巡礼の旅。

 

怒涛の日本での日々が一息ついて、やっと少しずつお土産を仕分けてます。

 

 

そんなわけで重かったヤツ。

 

死海の泥と塩。

 

 


泥の詰まった袋を開けると、ぷんと香る潮の匂い。

 

 

 

 

容器に詰替ようとしたら手が真っ黒になったので、そのまま前腕にのばしてパックしてみると、ピリピリと懐かしい刺激。薄くても十分効く感!

 

 

 

泥を手で掬いとったところが地層みたいになっている。

 

 

 

皮膚に薄くのばし、そのまま湯船にちゃぷん。

 

じわじわ温まりながらブクブクと頭までお湯に浸かり、1人洗礼ごっこ。

(死海で洗礼はしてないだろうが・笑)

 

 

これはなかなかの浄化感!死ぬほど重かったけど、頑張って持って帰った甲斐があったわ。。。

 

死海に浸かりながら、海底の泥を掘って、ジップロックに詰めて総計4キロ弱。

 

 

 

 

死海と言ってもエリアによって色々ちがうようで、今回行った場所は残念ながら塩は採取できず、250gを3袋購入。

(プライベートビーチがあるホテルで塩が取れるところもあるみたい。)

 

一袋600円くらいだから安い!

 

 

が、しかし忘れちゃいけない重量問題。

 

今回はイスラエルから飛行機でローマに飛び、そこから地中海の島々を探訪しながらマルセイユへという行程。

 

帰国のトルコ航空は23kg×2個OKだから良いとして、問題はローマ行きのヴエリング。

 

 

12日の旅程のうち3日目なのに、死海の泥が重くてすでに重量オーバー。

 

泣く泣く空港で泥半分サヨナラしました(涙)

 

 

重さの感覚はわかったから、次回はもっとトランクに隙間空けていこ。

 

マグダラのマリア巡礼記もボチボチ再開予定。

 

 

■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

 

■開催予定の講座

触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ
日程:6月27日(木)
時間:10時〜17時

詳細:

https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「元宣伝マンセラピストが教える!ブランディング&感性的ライティング in 京都」
日程:6月25日(火) 
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/6163100