{3AD3212D-550A-41F4-8B9C-3F8B2330310D}



こんばんは、塚本ゆりです。
自己紹介は◆塚本ゆりとは◆をご覧くださいドキドキ


先日から家族でグアムに来ています。
少し時間ができたので、先日参加した「鈴木実歩さん・小田桐あさぎさんトークショー」のレポをまとめさせていただきます。


※当日に書いた簡易レポは、FBにあげておりますのでこちらからご確認ください


私自身の備忘録と、参加したかったけど出来なかった方向けに参考になればと思いますニコニコ音譜音譜

いつもレポの際はポイントをまとめて簡潔に書くことが多いのですが、今回はトークショーだったことと、ストーリーからリアルさを感じて欲しいという塚本の意図から、時系列でまとめていきます。


◆売上0から月商7桁までの世界観
→小田桐あさぎさん
◆月商7桁〜更に飛躍するまでの世界観
→鈴木実歩さん

の2部構成でまとめていきますねアップアップアップ


◆参加動機

会社員から現在に至るまでの「リアルな」階段の昇り方が知りたい


◆リアルな階段の昇り方〜売上0から月商7桁までの世界観 by小田桐あさぎさん〜

高校卒業後、携帯販売の仕事に就職。
派遣やSE、グラフィックデザイナー、ウエイトレスetcを経た後、当時の彼の影響で25歳で建設会社の事務に転職。

特に仕事にやり甲斐もなく、平日の鬱憤を週末晴らす日々。そんな中、25歳の頃、実歩さんとパーティで出逢うもその後交流はなく、3年が経過。

26歳から建築士の専門学校に通い出し、3年間勤める中で、建設業界の女性のキャリアの狭さ(結婚している人も子供をいる人も少ない)に疑問を感じ、転職エージェントを使って外資系営業に転職。

28歳くらいになり、どうにかなると思っていた人生が、同世代の中でも収入もキャリアも差が出てしまっている自分の現在地に気付き、焦りが出てきていたとき、実歩さんが投稿している記事を読み、何これ?怪しい・・・と思いながらも1年くらいネットストーキングをしていた。いよいよ会社を辞め、独立した実歩さんを見ながら会社辞めちゃって本当に大丈夫?と思いながらも、輝きを増す実歩さんがずっと気になっていた。

今の旦那様と結婚し、育休期間中に実歩さんに誘われたセミナーをきっかけに会社を設立する以外の起業の方法を始めて知る。

意外と(!?)石橋を叩いて渡るタイプのあさぎさんは、同じく育休期間中に始めたブログも60記事くらい書き溜めながら、万事を期してスタート。

とはいえ、最初の動機は起業ではなく気の合うママ友を増やしたいという思いから。

1日読者登録100件などを地道に行い「私のブログが少子化改善に繋がる」と本気で思いながら3時間かけて作成した最初の記事は300以上イイネがつき、PV数もどんどん増えていく。起業を最初から考えていたわけではないものの、赤裸々な恋愛の記事を綴るうちに「直接会いたい」というメッセージを個別でもらうようになり、ティーセミナー等を実施するうちちゃんとビジネスとしてやっていこうと決意。

始めは4,000円のティーセミナーからスタートし、月2回×10名で、8万程度の売上から。ティーセミナーで20万くらい売上が立つようになってさら、加え15,000円×10人の個別コンサルを実施して起業2ヶ月で40万の利益に。

その頃から本格的に自己投資をして講座に通い、パートナーシップやセルフイメージの上げ方を学んだのは、学びにいくのではなく上手くいくやり方を真似するため。意外と起業女性はこの発想がなく「私なんかがやっていいのでしょうか」と自己卑下しているケースが多い。

講座でやり方を学んだ後は、単価を上げたグループコンサルやセミナーで単月60万程の売上になり、その後長期講座をスタートさせ、会社を辞めた月には100万の売上へ。あさぎさんいわく、自力で100万なら個人の頑張りで誰でもいける世界とのこと。

逆に、100万もいっていないのに、その先の世界を想像して不安になるのは無駄。それ以下も同様。起業間も無いのであれ、まずはどうしたら1万の売上を立たせられるかと考えた方がいい。


会社員時代、ネットで実歩さんを見ていた方のうち、9割は見て終わっていた。あさぎさんは実際に行動に移した1割。見るだけで行動しない人は沢山いるのだから、行動したら一気に差別化できる。今日、この場所に来ただけでも、社会の中のその他大勢に比べると、とても希少である。皆は既に大きな一歩を踏み出している。まずはその事実を認識した方がいい。


最後に話されていた言葉が、とても印象的でしたし、「私たちは特別ではないよ」というのが、あさぎさんが伝えたかったメッセージだということです。

会社員時代から起業へも進む際の葛藤や感情の変化もとにかくリアルで、勇気付けられるものがありました。


次回は月商7桁〜更に飛躍するまでの世界観を
「鈴木実歩さん」話からまとめていきますラブラブ


いつもご覧いただきありがとうございます(*^^*)
また更新しますね。


◆塚本ゆり FBページ◆はこちらからどうぞアップアップアップ
友達申請大歓迎ですo(^^o)(o^^)o

AD

コメント(4)