椎間板ヘルニアについて | ゆりがおか動物病院のブログ

ゆりがおか動物病院のブログ

茨城県守谷市のイヌ・ネコ専門の動物病院です!


テーマ:

 

わんちゃんの脊髄疾患の中で最も多い病気である椎間板ヘルニア。重度の場合は早期に手術を行う必要があります。 今回は椎間板ヘルニアについてご説明させていただきます。

 

1椎間板ヘルニアとは?

 

犬の脊椎(背骨)はたくさんの椎骨という骨が連なって構成されています。その椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれるうすい軟骨性の物質があります。椎間板は背骨に加わる衝撃を吸収するクッションの役割をしています。この椎間板に強い衝撃が加わったり、老化などで椎間板が変性して弾力性を失ったりすると椎間板が背側にとびだして脊髄や神経を圧迫し色々な症状があらわれます。これが椎間板ヘルニアです。犬に多く、猫での発症は稀です。

 

 

上矢印わんちゃんを横から撮影したレントゲンです。位置関係のイメージを示すものです。

  脊髄や椎間板はレントゲンには映りません。

 

2椎間板ヘルニアの分類

 

椎間板は髄核と呼ばれる柔らかな内容物と、その周りの丈夫で弾力性に富んだ線維輪とで構成されています。 一般に椎間板ヘルニアには脊髄を圧迫する物質により2つのタイプに分類されます。

  1. 線維輪が破け髄核が脊髄を圧迫する→ハンセンⅠ型
    一般的に軟骨異栄養犬種(ミニチュアダックスやビーグルなど若齢時に軟骨の変性を起こしやすい犬種)によく起こるとされているタイプで若齢で突然発症することが多い。

  2. 繊維輪が脊髄を圧迫する→ハンセンⅡ型
    加齢に伴う椎間板の変性が原因のため、高齢の犬に多い。

 

3症状

 

椎間板ヘルニアは胸腰部に発生することが多いのですが、頚部に発生することもあります。発症する部位によって症状が異なります。

 

メガネ胸腰部の椎間板ヘルニアの症状

 

  ・軽度の場合は痛みのみ(動きたがらない・抱こうとすると鳴く)

  ・後ろ肢の麻痺(肢をひきずる)

  ・排便・排尿の障害

 

カギ重症度のグレード

 

  胸腰部の椎間板ヘルニアが疑われる場合、臨床症状を基準として重症度をグレード分類して治療  

  方針を決定します。

   グレード1:痛みのみ

  グレード2:不全麻痺だが自力での歩行は可能

  グレード3:不全麻痺で歩行不可能

  グレード4:完全麻痺、深部痛覚あり

  グレード5:完全麻痺、深部痛覚なし

 

メガネ頚部の椎間板ヘルニアの症状

 

  ・激しい首の痛み(頚部の硬直・首をすくめたまま動かないなど)

  ・四肢の麻痺が起こることがあるが比較的少ない

  

 4診断

 

  神経学的検査

  レントゲン検査

  脊髄造影検査

  CT/MRI検査(全身麻酔が必要)

 

MRI検査では脊髄や椎間板が描出されるので、椎間板ヘルニアや腫瘍、脊髄の炎症性疾患との鑑別が可能です。

また損傷の程度の評価や※脊髄軟化症の可能性が分かります。

 

※脊髄軟化症とは

重度の椎間板ヘルニアでは、脊髄の神経細胞の虚血・壊死などにより脊髄実質が軟化する脊髄軟化症を発症することがまれにあります。治療法はなく、37日以内に亡くなってしまう大変恐ろしい病態です。

 

 5治療

 

椎間板ヘルニアの治療には保存療法と外科的な治療があります。治療方針は、症状の重篤度や脊髄の障害の程度により決定します。

 

メガネ保存療法 安静や消炎鎮痛剤の投与・減量など。脊髄の浮腫や炎症を抑えるために行います。

メガネ外科治療 骨を削って椎骨に穴を開けて、はみ出した椎間板物質を取り除いたり、圧迫を解除します。

 

6当院での外科手術について

 

外科手術を行うにあたり、当院ではMRIの撮影をおすすめしています。MRI検査を行うことにより、より正確な診断・手術部位の特定・重症度の判定・脊髄軟化症の可能性などを知ることができます。MRI検査は外部の検査機関に行って頂く形になります。

当院の外科的治療方法としては胸腰部の椎間板ヘルニアの場合は片側椎弓切除術、頚部の椎間板ヘルニアの場合は腹側減圧術を行っています。

 

上矢印横に走っている白いものが脊髄です。逸脱した椎間板物質により圧迫されています。

 

  ビーグルしっぽ胸腰部・頚部の椎間板ヘルニアでお困りの方は当院にご相談くださいビーグルあたま

 

 

ゆりがおか動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス