の続き。

 

東京から新幹線で八戸駅まで移動し、

そこからJR八戸線で本八戸駅へ。

 

悪天候の本八戸駅まで来た理由。

この駅が、北海道行きのフェリーが出る、八戸港フェリーターミナルの最寄り駅なので。

image

夜なら夜行便のフェリーの時間にあわせて、

八戸駅・本八戸駅からフェリーターミナル行のバスが出るのだけれど、

昼行便を利用したい場合、最寄り駅からは車かタクシー以外の交通手段がない。

私は免許をもっていないので、どうしてもタクシーを利用することになる。

 

本八戸駅から八戸港フェリーターミナルまでは、

所要時間は目安として15分、料金は1800円程度と聞いていたけれど、

耳の遠いおじいちゃん運転手に当たり、遠回りされて2500円ほどかかった。

客がタクシーを選べないシステム、本当にどうにかして欲しい。

 

本八戸駅からタクシーで約20分。八戸港フェリーターミナルに到着。

image

 

乗船手続きを済ませて、乗船口に向かおうとしたところ……

image

 

昼行便はフェリーターミナルからフェリー乗り場までバスで送ってくれるとのこと。

image

んん…?どういうこと……?
 

ひとまず売店でお買い物するなどして時間をつぶすことにした。

image

 

シルバーフェリーは、船内にレストランの設備がない。

image

 

ということもあり、売店にはお弁当やお惣菜が種類豊富に陳列されていた。

image

 

12:30、フェリーターミナル前にバスがやってきた。image

 

フェリーの本当にすぐ近くまで送ってもらい、ここから乗船するとのこと。

image

 

えっ、こんな感じで乗船するの!?

なにこれすごい!どうなってるの、この階段……!!

image

 

今回の北海道旅行では、階段と雪道対策として、

リュックにもなるキャリーバッグにできるだけコンパクトに荷物をまとめてきたのだけれど、

ありがたいことに、親切なスタッフさんが上まで荷物を持ってくれた。

 

……これ、上りはともかく、下りの方が怖い……

image

 

エレベーターでロビー階に移動。

image

 

シルバーフェリーは何度か利用したことがあるのだけれど、

いつも乗るのは夜行便の「シルバーエイト」。

 

今回はじめて、昼行便の「シルバーティアラ」に乗船した。

image

 

パープルをベースとした内装。

image

 

カウンターで毛布を借りて、予約したスペースへ移動。

image

 

夜行便ではいつも個室を予約するのだけれど、今回は日中の便ということもあり、

いつか乗ってみたいな。と気になっていたビューシートを予約。

image

 

ビューシートは6階の船頭部分に設けられた区画で、ここに入るには専用のカードキーが必要。

image

 

シルバーフェリーの中では「シルバーティアラ」にのみ存在する

窓を向いたスペースで、日中はオーシャンビューを楽しむことができる。

image

大部屋よりプライベート感があり、2等室より開放的。

 

2等寝台の扱いだけれど、結構ちゃんとした仕切りがあって、

この日の乗客は、私とご家族が一組だけだったので、静かにのんびり過ごすことができた。

image

八戸港⇔苫小牧港のビューシート乗船料金は、ひとり8400円。

各種割引を利用するともっと安くなる。

 

ビューシートを予約するとついてくる貸し毛布。

image

1枚400円でレンタルもできるとのことだけれど、

貸し出しは13時で締め切られるので注意。

 

荷物を整理しているとガタガタと船が揺れだし、

13:00、八戸港フェリーターミナルを出航。

太平洋フェリーのようなファンファーレの音楽や、出航の放送は流れず、静かにぬるっと出発。

 

ビューシートの窓からの眺め。

image

これは……これは、楽しい……!!

デッキに面しているため窓が綺麗に清掃されていて、晴れた日の眺望は最高なのでは。

 

大浴場の利用時間が出航1時間後までとのことなので、まずは大浴場の偵察へ。

image

 

女湯は先客なし。

そもそも女性の乗客を、ビューシートのご家族のお母さんしか見かけていないので、ずっと貸切状態だった。

image

ここ暫く、長距離フェリーは太平洋フェリーにしか乗っていなかったので、

洗い場の狭さにびっくり。

 

湯船は2つに分かれていて、窓が広いので曇り空でも明るい。

image

今度は晴れた日に乗りたいなぁ。

 

脱衣所は、返却式のロッカーと洗面台がコンパクトにぎゅっとまとまった構造だった。

着替えていると、お昼の入浴時間の終了5分前にスタッフさんがやってきて、

もう締めますよー!と言われ慌てて出た。

利用時間以外は施錠するとのことだった。

 

さて、湯上がりの一杯。と思ったら、

自動販売機ではアルコールを販売しておらず、カウンターでのみ購入できるシステム。

そのカウンターも14時に閉まっていた。

image

最寄り駅からフェリーターミナルへのアクセスの悪さといい、

北海道と本州を行き来するドライバー用のフェリーなんだろうなぁ。

 

しかし、かにめしは売っている!

image

冷凍食品の自動販売機で、「かなやのかにめし」が売っていることは事前に調査済。

 

ということで、遅めのおひるごはん。

image

冷凍かにめしも、レンジでチンして解答すればホカホカ。

普通においしい。

アルコールが欲しいところだけれど、

なんかそれっぽい炭酸アクエリアスでがまん。

 

おなかもふくれて、ごろごろ。

image

あーーー。

ビューシート、さいこうでは。

隣のスペースに人がいたら、こんなに寛ぐことはできないのだろうけれど。

 

翌日以降の予定を組みながら過ごしていると、

なんだか、だんだんと揺れが激しくなってきた。

image

 

わあ。すごい吹雪。

 

16時を過ぎ、日の入り時刻が近くなると、

スタッフさんが回ってきて、ビューシートのブラインドが閉められた。

image

このあたりでスマホの電波も入らなくなったので、

お風呂とカウンターが開く18時過ぎまで寝ようとアラームをかけてスヤスヤ。

結構揺れていたけれど、お船の揺れは好きなので、ゆりかご気分でねむねむ。

 

ドォン!と船が大きく揺れて目を覚ますと、まだ18時前。

 

揺れがかなり激しくなっていて、ゴオゴオと風の音が響き、船は大きく上下左右に揺れていた。

水を飲もうと起き上がると、

これ生身の人間に継続してかかっていいGではないのでは?

という激しい縦揺れ。

もう、ここまでくるとアトラクション。

 

この揺れがわかる動画を残すべく、ペットボトルのコーラでも買いに行こうかと思ったのだけど、

もう歩くのが危ないほどの揺れだったので、大人しく転がって過ごすことにした。

 

19:45、謎の音楽が流れ、定刻通り到着予定の船内放送が流れた。

 

シルバーフェリーは定刻より早く着きがちなのだけれど、

この日は苫小牧港に定刻の20:15に到着。

 

……あんな悪天候だったのに、定刻で着けたの、すごすぎでは……。

image

ということで、北海道に上陸!

 

 

へ続く。

 

 

 

ぽちっとな( ˘ω˘)

  

=========================

 

◆おすすめ旅行記◆

 

■旅行記2021

寝台特急と、『秋の乗り放題パス』で巡る、山陽~山陰一周旅行

最北の離島を目指す北海道旅行

北陸~山陰 2020-2021 年末年始 女子鉄ひとり珍道中

JR四国【バースデイきっぷ】で行く、四国一周旅行!

 

■旅行記2020

「みんなの九州きっぷ」で巡る、九州一周旅行

ゆる鉄子が行く、東北ぐるっと温泉&鉄道旅行

東京-北海道-岡山 大移動の鉄道&船旅

雪解けの北海道・ドラクエウォークおみやげ集めの旅

暖冬の東北をめぐる鉄道旅行

 

■旅行記2019

令和最初の日本横断&九州縦断! 刀剣鑑賞と乗り鉄の旅

北海道&東日本パスで行く、梅雨の東北・北海道の旅

令和最初の、香川を巡る旅2019

平成最後の春。東北温泉めぐりの旅。

冬の九州 刀剣・温泉・乗り鉄の旅2019