の続き。

 

太平洋の上で迎える朝。
日の出時刻にあわせて5時前に起床。

 

今回のお部屋は日の出が見える側のお部屋なのだけれど、残念ながらあいにくの天候。
水平線から少しだけ顔を出したお日様。

image

雲の切れ目から日の出が見えないかと待機していたけれど、
無理そうだったので諦めて二度寝することにした。

 

7:30、レストランの開店を知らせる放送で目を覚ましてごろごろ。
アラームをセットしなくても、7時半には強制的に起こされるので安心。


その後7:45と、8:00にも船内放送で朝食の案内が流れるので、
これがアラームのスヌーズ代わりになって寝起きの悪い人でもまず起きることができる。

 

レストランが落ち着いたであろう時間を狙って朝食バイキングへ。

image

 

船内のレストラン「サントリーニ」。

image

メニューは和食のおかず中心。

 

朝食バイキングの時間は7:30~9:00。

料金は大人ひとり1,100円。子供ひとり800円。

image

 

手指を消毒して店内へ。

image

 

サラダとフルーツがあるのが嬉しい。

image

カレーもおかゆもあったけれど、
船旅2日めの朝食は白いご飯に生卵、納豆中心の和食にした。
納豆卵かけまんまに、味付け海苔とネギ。
すごい。なんて贅沢。お殿様かな。

 

海が見える窓側の席を確保。

image

 

現在地はこのあたり。

image

荒ぶるGPS。

実際、上陸はしていないけれど、

このあたりまで来ると電波が入り、インターネットが利用できるようになる。

 

朝食は、レストランだけでなく、船内のスタンドでもいただくことができる。

image

 

image

 

スタンド「ヨットクラブ」の朝食。

image

 

このあたりで優雅に朝食を食べている人もちらほら見かけた。

image

 

食後の運動に、船内をお散歩。

image

 

デッキに出てみるも、あいにくのお天気。

image

デッキに面したお部屋だと、カーテンが開けにくいんだろうなぁ。

外の人と目が合ったら気まずそう。

 

太平洋。

image

 

個室に戻ってきた。

image

 

荷物整理。

image

 

鉄印帳の1ページ目。

道南いさりび鉄道の鉄印。

image

 

初日に「道の駅きこない」で購入した缶バッヂ。

image


10:00、定刻通りに仙台港に到着。

image

 

にゅっ。

image

イルカちゃんの描かれたお船ときねんさつえい。

 

image

 

仙台港で大半の乗客が下船。

今回の旅、私が降りるのは名古屋なため、引き続き乗船。

 

苫小牧から名古屋まで通しで乗る乗客も一時下船できるとのことだったけれど、
一旦降りてしまうと、仙台港からの乗船時間である12:00-12:20までは船に戻れないとのこと。
「ちょっと仙台の地を踏みに」といったことはできないようだった。


天候もいまいちだったので、大人しく船内で過ごすことにした。

image


乗客の下船が進むと清掃が入るため、部屋の外がバタバタと騒がしくなった。
落ち着いた頃に外に出てみると、乗客の姿はほとんどなかった。

image

 

12:00、仙台港からの乗客が乗船。
仙台から名古屋は敢えて海路で移動する人は少ないようで、乗船時間は20分と短い。

 

12:50、仙台港を出航。

image

 

鳥ザイル。

image

 

船はぐるりと旋回して、再び太平洋へ。

image

 

image


それにしても、やたら鳥が多い。

image

 

なんだろうと思ったら、餌付けしている人がいた。
なるほど、これを目当てに集まっていたのね。
本当はいけないのだろうけど……

 

暫くは船を追いかけるようについてきた。

image

まんまるふわふわボディだけれど、
船の速度にあわせて飛んでいるのだからすごい。

 

船内に戻り、昼食を食べるべくレストランへ。

image
そういえばランチタイムの記載がないけれど何時までなのだろう。
受付で聞いてみると13:30までとのこと。
この時点で13:15。だめじゃん。


ということで、お昼はラウンジでカレーをいただいた。

image

まかないカレーは520円。サラダをつけても620円。安い…!
ごはん少なめでお願いしたのだけれど、結構なボリューム。
カレーは中辛のポークカレーで、
辛いのが好きな人には物足りなく、子供にはちょっと辛いくらいの家庭の味的なカレー。
豚肉とマッシュルーム、たまねぎがたくさん入っていて美味しかった。
 

朝からずっと曇っていた空も、仙台港を出てしばらくすると青空が覗くように。

image

 

お腹いっぱいになり一休みした後は、この時間なら空いているだろうと大浴場へ向かった。

昨晩は混雑していたのに先客なし。

image

 

昼間からのお風呂、最高…!!

image

 

ぽかぽかになって湯上りの一杯。
なんて贅沢。

image

 

仙台-名古屋間は乗客が少ないこともあり、売店の営業時間が限られている。

image

 

image

サッポロクラシックは自動販売機でも買えるので安心。

 

特等室のソファーは窓に背を向ける形で設置されているので
、ここに座ってしまうと、窓の外を眺めることができなくなる。

image

 

なので、デスクのチェアを窓側に向けて、
デスクに酒やらつまみやらを並べると、いい感じにくつろぐことができる。

image

ねむたくなってきたのでおひるね。
天候が回復して太平洋に沈む日の入りが見れないかと17時半ごろ起きるも、
雨こそ降っていないもののどんより空。

18時からはディナーバイキング。
2日めはレストランでバイキングを楽しみながら飲もうと思っていたのだけれど、
お昼のカレーがボリュームがあったため、まだお腹がすいていなかったので、
画像整理したり、ブログ用のメモを整えたり、テレビを見たりしながらごろごろ。

image

苫小牧から仙台の航路では、テレビに映るのは演歌番組か時代劇か古い洋画か通販番組だったのが、
仙台から名古屋の航路では比較的新しい録画番組や現在のニュースが流れていた。

ちなみに、このブログの旅行記は、
車窓の景色が楽しめない移動時間や待ち時間、旅先のホテルでの就寝前に、
こんな感じで書いたメモとスマホで撮影した画像を組み合わせて作っている。


ので、自宅での更新時間はあまりかかっていなかったり。

image

21時から売店の営業時間になったので、サッポロクラシックとおやつを購入して軽く晩酌。
明日こそ晴れてくれますように!と願い、私にしては早めに就寝。

 

 

 

へ続く。

 

 

 

ぽちっとな( ˘ω˘)

  

=========================

 

◆おすすめ旅行記◆

 

■旅行記2020

2020-2021 年末年始珍道中

ゆる鉄子が行く、東北ぐるっと温泉&鉄道旅行

雪解けの北海道・ドラクエウォークおみやげ集めの旅

暖冬の東北をめぐる鉄道旅行

 

■旅行記2019

令和最初の日本横断&九州縦断! 刀剣鑑賞と乗り鉄の旅

北海道&東日本パスで行く、梅雨の東北・北海道の旅

令和最初の、香川を巡る旅2019

桜と海と地底をめぐる越後の旅

平成最後の春。東北温泉めぐりの旅。

冬の九州 刀剣・温泉・乗り鉄の旅2019

 

■旅行記2018

晩秋の京都-広島 刀剣鑑賞の旅2018

秋の乗り放題パスで行く東北の旅2018

北海道&東日本パスで行く、平成最後の夏旅

2018冬・刀剣男士所縁の地巡り弾丸ツアー

 

■旅行記 2017

虎で行く、2017北東パスの旅

北海道&東日本パスの旅2017秋

寝台特急 サンライズ瀬戸で行く、香川〜福山の旅