の続き。

 

東北をぐるっとまわる鉄道旅行、最終日の朝。

この日は朝食付きプランで予約したので、朝食会場へ。

image

 

ホテルモントレチェーンは、朝食にハズレがないのが嬉しい。

image

 

モントレ仙台は、オムレツのソースにデミグラスソースが選べるの。

image

焼き立てふわとろのオムレツ。朝から贅沢。

 

美味しい朝食でおなかを満たしてチェックアウト。

image

 

小雨が降る仙台駅。

image

 

仙台駅のコンビニは、グッズ系の品揃えがカオスなので、つい覗いてしまう。

image

 

ここからは帰路。

10:50、快速仙台シティラビット2号・福島行に乗り仙台駅を出発。

image

 

仙台-福島間を走るシティラビットといえば、

窓が曇った古びたクロスシートの車両のイメージが強かったのだけれど、

いつの間にか新型車両に置き換わっていた。

image

 

機種変更によりログインできなくなってしまったドラクエウォークの運営に問い合わせるなどしながら、

12:03、福島駅に到着。

image

 

ここで、JR福島駅ホームの奥から繋がっている、阿武隈急行線へ。

image

 

image

 

寄り道の目当ては鉄印。

image

 

時間的に、今回は列車には乗らず乗車券だけ購入して、鉄印を購入。

image

これだけではなんなので、阿武隈急行グッズも購入。

乗車はまた今度……。

 

JRのホームに戻り、

12:20、東北本線・郡山行に乗り福島駅を出発。

image

 

ここから先は、18きっぷや北東パスで北上する時のいつものルート。

image

同じ普通列車の旅でも西へ向かう静岡超えは修行でしかないのに比べ、

東北本線~宇都宮線は苦にならない。

 

こまめに乗り換えで車外に出ることになるので、そのたびにリフレッシュできるからか、

単純にいろんな種類の車両が走っているので楽しいからかもしれない。

image

 

13:07、郡山駅に到着

ここからは新白河行の列車に乗り換え。

……なのだけれど、40分ほど時間がある。

 

まず向かったのは、跨線橋を上って改札内にある福豆屋。

image

 

以前は東京駅の駅弁屋「祭」で、名物の駅弁「海苔のり弁」を販売していたのだけれど、

諸事情により販売がなくなってしまった。

image

現在は福島県まで出向かないと買うことができない。

 

他にも美味しそうなお弁当があったのだけれど、ここは定番の「海苔のり弁」を購入。

image

 

まだ時間があったので、一旦改札の外へ。

 

謎のご当地ゆるキャラを発見。

image

ことちゃんを乗せて、きねんさつえい。

 

郡山駅は、乗り換え時間が短いことが多く、なかなか改札外に出る機会がない。

image

 

駅前のロータリー。

image

もしかして:福島県の中で一番栄えているのが郡山だったりするのかな。

 

なにか地酒を買って帰りたいな、と駅ビル1階のお土産屋さんへ。

image

米どころは酒どころ。

これだけあるとどれを買おうか悩む…!

 

そしてお味噌がたくさん。

image

夏場は野菜と美味しい味噌と酒があればしあわせになれるので、

あかべこの徳利入り純米酒と、大葉味噌とにんにく味噌を購入。

 

さて、それでもまだちょっと時間がある。

 

仙台駅に次ぐ東北のダンジョン駅である郡山駅を攻略すべく、駅ビルをウロチョロしていると、

なにか素敵な飲み屋を発見。

image

 

えっ、なにこれ気になる。

image

しかしながら、乗り換えの列車まで25分。

軽く飲むには時間がない。

普通列車での移動のため、一本先の列車は2時間後。

 

ああでも喉が乾いたな……ビール、美味しそうだな……

と迷っていると目に入ったのは、

「福島地ビールフェア!今なら単品480円」の文字。

 

「乗り換えの電車の関係で、ほんと1杯だけいただいてもいいですか」と覗いたところ、

「もちろん!乗り換え時間に来る人多いから大丈夫だよ!」

と快く迎えてくれた。

image

注文したのは、稲葉代地ビールのヴァイツェン。

フルーティーで美味しい……!

これ、香りが良くて本当に美味しかった。

 

メニューをぱらぱらとめくれば、地ビール飲み比べセットに地酒の利き酒セットに、ちょい飲みセットにおつまみセット。

そして4ページにわたる福島の地酒ラインナップ!

なにこのお店、すごい。

いつできたんだろう。こんなお店を今まで知らなかったなんて、人生ちょっと損してた。

 

image

 

今度はちゃんと時間を作って飲みに来よう。

そう心に決めてお会計をして改札へ。

image

 

郡山駅、在来線の1階改札内が、まさかの、階段オンリー。

image

 

こんなに大きな駅で、エレベーターもエスカレーターもないなんて、

誰が想像しただろう。

image

 

ロリィタ女子はただでさえ荷物が多い上、スーツケースには福島の地酒。

この階段を上らなきゃいけないのか……とうんざりしていたところ、

背後から、「あの、荷物もちましょうか?」と女の子の声が。

image

「えっ、でもこれ重いので……」

と振り返ると、そこにいたのは長身がっしり体型の女子高生2人組。

 

バスケ部かバレー部と思しき、黒っぽいジャージの女の子たちに助けてもらい、新白河行きのホームへ。

image

学校名を聞いてよけばよかったと後悔。

感謝の連絡を入れて、朝礼で校長先生に「こんなご連絡がありました」とか話題にあげられる案件。

 

あの時の女の子たち、ありがとう。

 

 

次回へ続く。

 

 

 

ぽちっとな( ˘ω˘)

  

=========================

 

■旅行記2020

雪解けの北海道・ドラクエウォークおみやげ集めの旅

暖冬の東北・温泉とDQウォークおみやげ集めのぐるっと鉄道旅行

青春18きっぷで行く、2020年初春の北関東日帰り旅行

2020冬・ぐるっと香川ランドマークめぐりの旅

 

■旅行記2019

酸ヶ湯温泉とDQWおみやげ集めの青森旅行

京都大阪~名古屋・刀剣男士所縁の地めぐりと乗り鉄の旅 2019秋

令和最初の日本横断&九州縦断! 刀剣鑑賞と乗り鉄の旅

鳴子温泉郷 中山平温泉 湯めぐり紀行

北海道&東日本パスで行く、梅雨の東北・北海道の旅

令和最初の、香川を巡る旅2019

桜と海と地底をめぐる越後の旅

平成最後の春。東北温泉めぐりの旅。

冬の九州 刀剣・温泉・乗り鉄の旅2019

 

■旅行記2018

平成最後の冬 酸ヶ湯温泉旅行

晩秋の京都-広島 刀剣鑑賞の旅2018

秋の京都-大阪 刀剣鑑賞の旅

秋の乗り放題パスで行く東北の旅2018

青春18きっぷで行く、夏の終わりの鳴子温泉旅行

北海道&東日本パスで行く、平成最後の夏旅

2018冬・刀剣男士所縁の地巡り弾丸ツアー

 

■旅行記 2017

虎で行く、2017北東パスの旅

北海道&東日本パスの旅2017秋

寝台特急 サンライズ瀬戸で行く、香川〜福山の旅

関西〜湯河原 温泉と寺社巡りの旅