5月8日(土)

今日もピラストレッチから。

娘が起きてきて、昨日約束していた

柏餅を作りたいというので早速仕込む。

多分保育園のおやつで出たのかな。

 

柏の葉は手に入らなかったので、

ただの大福餅みたいになっているけれど。

レンジで加熱し、途中でこねるのだが、

生地が熱くって、母、指先を火傷しかけながら

アチっ、アチっ、とこねていたら

娘、最初笑っていたけれど、

母が本気で熱そうなので

「ママ怒ってるの?

 怒ってるのか怒ってないのかわかんない」

と言ってきた。

怒ってないけど熱いの〜、と伝える。

 

私がちょっとイライラしているときに

「あれ、ママ怒ってる?」と

正面から聞いてくる彼女が、

清々しくて羨ましい。

イライラが落ち着いた頃に

「ママもやっと機嫌治ったみたいだし」

とか言ってくる。

私の子供の頃は母の顔色を見ながら

恐る恐る生活していたので、

そういうことをまっすぐ言ってくれることが

本当に嬉しいし羨ましい。

「ごめんごめん、怒ってないけど

ちょっとイライラしちゃってた!」

とこちらも気持ちよく行動を正せる。

私も母に、ああ言えたらよかったのかもしれない。

 

風邪3日目。夫もちょっと感染った模様で

家族で耳鼻咽喉科へ行く。

お天気もいいし、

娘は補助輪なしの自転車が楽しくて

ルンルンしている。

 

今日もぼーっとしているけれど、

締め切り原稿があるのでコツコツ書く。

薬のせいか風邪のせいか猛烈に眠い。

 

娘はほったらかしていると

YouTubeばかり見てしまうので

禁止したらふてて寝てしまった。

母はなんとか原稿納品。

娘は起きても長いこと泣いてぐずっていたけれど

寝室で一緒に遊んでいたら

「でもさあ、梨央さっきなんで泣いてたの?」

と笑いながら聞いてくる。

え、自分でわかんないの?と聞くと

「全然知らないけど起きたら泣いてたし

 その後もずっと泣いてた〜」。

怒ることも泣くことも、

彼女にとっては対等な「喜怒哀楽」なのだろうな。

 

夜はお世話になっている瞑想スタジオを立ち上げた

石古さんが、YujiさんとYouTube対談。

でも夜22時からで、私の寝る時間なので

お布団の中で聞いていて寝ちてしまった。

23時半に一瞬目を覚ましたら

まだやっていたけれど、アーカイブあるのかな。

 

とにかく。

明日は取材もあるし、

起きたら少しよくなっていますように。

5月7日(金)

実家が改築されていた夢を見た。

亡くなった母も叔母も叔父もいて、

家は敷地をうまく活用したのか

旅館のように大きくなっていた。

その家は湖畔に面していて広いデッキがあり、

のんびり暮らすのに最高の景色だった。

いい家だった。

 

早寝したけど、朝起きても

喉は相変わらず痛い。

原稿、山盛りあるのに困ったな。

 

ピラストレッチで今日もスタート。

冷たいものしか喉に通したくない。

とりあえずヨーグルトを食べる。

電動自転車なのに坂を見ると

もうそれだけでエネルギーが奪われる。

 

保育園の後はスタバへ。

天気が良くて気持ちいい。

スタバも、冷たいものしか飲みたくない。

それにしてもマックもスタバも

モバイルオーダーできるのに

なんでみんな並ぶんだろう?

待ち時間のロスもないし

人との接触も避けられるのに。

 

皮膚科に行ってからオフィスへ。

喉は紙やすりみたいにザラザラだし、

メニエール病かと思うくらい

クラクラ目が回るし、

首を傾ければ耳がざざっと鳴る。

ぼーっとしながら原稿。

なんとか3本入稿。

その間にゲラが上がってきた。

 

父の通っている内科で

クラスターが発生したらしい。

80代の父は感染したら大ごとだ。

どうか風邪などひきませんように。

 

1日経っても回復せず。

夜も早く寝ることにする。

明日は治っていますように・・・。

本日はマリソル6月号の発売日。

GW前に届いていたのでもう随分遠い記憶。

マリソルは変わらず

ファッションを頑張っています。

最近リアルファッションをしっかり紹介する

ファッション誌がすっかり少なくなったので

このショウウィンドー気分は楽しい。

今月気になったのは大判ストール使い。

ノースリーブコート!?ロングジレ!?と思うくらい

たっぷりと巻き上げる大判ストールは

カジュアルにもエレガントにも映って素敵。

ロングスカートかデニムパンツしか

履かなくなった昨今のコーディネイトを

軽やかに刷新してくれそうです。

 

私自身はいつもの書評連載を担当。

今月のメインはカズオイシグロの新刊

「クララとお日さま」。

分厚いので一瞬たじろぎますが、

決して難しいお話ではなく、

それでいていろいろな角度から考えさせられる

味わい深い一冊です。

他にご紹介したのは、朝井リョウさんの「正欲」

松任谷正隆さんの「おじさんはどう生きるか」

原田隆之さんの「あなたもきっと依存症」

それぞれに面白い本が選べたと思っております!

GW明けの脳のUPDATEにお役立てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月6日(木)

昨日の夜から喉が痛くなって、

朝起きるともう喉に腫瘍が8こくらい

ぶら下がっているような感じ。

よりによってGW明けに風邪とは。

朝ピラティス、でも治らず。そりゃそうか。

 

今日は日比谷に向かう。

が、保育園に娘を送り届け、

中目黒の駐輪場に自転車を止めて

電車のプラットホームに着いたところで

今日締め切りの原稿の取材ノートを

家に忘れたことに気づく。

エスカレーターを降り、

取り消し処理をしてもらい、

家に戻って忘れ物をピックアップ。

 

ここまで戻ったので恵比寿に向かい、

駐輪場に自転車を止めて、

電車のプラットフォームに着いたところで

JRじゃなかった、と気づく。

階段を降り、取り消し処理をしてもらい、

日比谷線に乗り換える。

朝9時半までに2回も

乗車取り消しをしてもらうなんて

これはもう、風邪のせいにしておこう。

 

日比谷のシェアオフィスで

午前中は熱心に原稿を1本、

あとちょっとで書き上げるところで時間切れ。

でも本当は午前中に2本、

納品しなくてはいけなかったのだ。

詫びのメールを入れて取材へ。

緊急事態宣言中だからか

ゴールデンウィークの合間だからか、

車通りは少ない。

 

ゴジラさんの元へ。

でも日比谷シャンテも休館。

 

今日の取材はゴジラ会議室。

予約の時間になると、なのか何なのか

ゴジラの鳴き声が聞こえた。

ヘアメイク中に最初の1本をなんとか納品。

 

ポジティブでハッピーな人々の

対談取材を終えるともう夕方。

緊急事態宣言により、早く迎えた千秋楽。

本当は今日が千秋楽だったけれど、

おかげで取材時間をいただけたという悲喜交交。

シールをいただいた。

 

3度の食事もエンターテイメントに、

という話を聞いて、

ちゃんとご飯を食べようかと

近くの豚料理屋さんに入ったけれど

結局食欲がなくてあまり食べられず。

 

保育園の帰りにまた公園に寄ると

またクラスのお友達と遭遇して走り回る。

 

帰宅後母はみんなに晩御飯を出し、

自分は食欲がないのでヨーグルト。

何とかかんとか原稿を納品。

娘は一人でお風呂に入れるというので、

母はバタンと寝ることにした。お風呂は明日。

 

起きたら元気になっていますようにと祈りつつ。

5月5日(水・祝)

今日もピラストレッチで1日開始。

子供の日で娘には

ばあちゃんから可愛いお菓子が届いた。

3週間ほど前から我が家では

市販のお菓子を買うのを中止したので、

お菓子の価値が無茶苦茶上がっている。

 

それにしてもそれまで毎日のように

保育園の帰りにお菓子を買いたがっていた娘だが、

もうお菓子は買わないよ、と言った途端

一緒にコンビニに行っても

お菓子を見向きもしなくなった。

卒乳の時みたいにあっさりと。

今もママママとべったりだが、

きっとこちらが毅然と

「ママはもう今日からママじゃないんだよ」

と伝えたら、あっさり新しい関係を

結んでくれるのかもしれない。

 

というか、それってきっと

娘に限ったことではないのだろうな。

相手のせいにしていることの多くは、

自分が原因を作っている。

 

朝は今日もテレビをつけてみたりして

「きょうの料理」という番組で

胡麻味噌焼き鳥を作っていたのだが、

アシスタントのアナウンサーの男性が妙だ。

先生「これはつけすぎるとダマになりますからね」

アナ「おダマりなさい!って言いたくなりますね」

 

先生「…というわけでそれ以来私は

   鶏肉を好んで食べるようになったんです」

アナ「それからチキンと食べられるようになったんですね」

 

先生「串に刺す時は、火が通りやすいように

   あまり肉と肉を詰め過ぎないでくださいね」

アナ「ギュウギュウ詰めにしない、

   ってことですね。鶏肉だから。

   ギュウギュウ詰めにしない。鶏肉だから」

 

先生「フライパンで、片面2、3分焼きます」

アナ「ここはチキンと焼かないといけませんね」

 

とにかく永遠にダジャレを言い続ける。

気になってしょうがないのだが、

待っている自分がいる。

検索してみると彼のダジャレは有名で

ご本人も強い意志がおありのよう。

 

そんなこんなで、私も

鶏肉の胡麻味噌焼き鳥を作ってみたら

なかなか美味しく仕上がった。

 

ついでに今日はキッチンを清める。

マンションの管理人さんみたいに、

とはいかないけれど、蓄積した汚れを。

ついでに開運ハウス占い?によると

今日から魚座に入り、

魚座の開運スポットはトイレだそうなので、

トイレも熱心に清掃してみる。

開運ハウスの真偽?効果?はともかくとして

家を磨くことは精神的にもいいことしかないし、

ここだけやればいいと思えることも大事。

 

午後から娘の自転車の

補助輪を外した練習に出かける。

最初に家で適当な動画をチェック。

「誰でも2時間で補助輪なしで

 自転車が乗れる教え方」という動画。

でもそのほとんどの工程は、

ストライダーですでに経験済みだった。

 

噂には聞いていたが、

今時の子はストライダーに乗っているので

自転車の習得が早い。

モンキーで補助輪を外すのに所要した

時間の方が長いくらい、あっという間に、

自転車に乗れてしまった。

3ヶ月で役目を終えた補助輪。

 

先に動画を娘と一緒に観ていたのも

結構効果的だったようだ。

これは我が子の特性なのか人の特性なのか、

全体像が把握できると、取り組みが早い。

未知数のものに辛抱強く挑む強さが

養われないのかもしれないが

まあそんな機会は

他にもいくらでも訪れるだろうから

別にここでその修行を積まなくても良かろう。

 

補助輪が取れたので、スタンドが必要。

ということで店舗に。

家からおそらく1キロ半ほどの自転車屋さんに

初めての補助なし自転車で向かう。

アップダウンの激しいエリアだが、

補助付き自転車で経験済みの道なので

「小さいタイヤがないと走りやすい!」

と嬉しそう。

ガラガラとうるさい補助輪が取れて、

前よりずっと軽やかに走っている。

とっても自由に見える彼女。

そうだ。経験や知識は、人を自由にするのだ。

だから、やったほうがいい、学んだほうがいい。

 

夜、お風呂に入ろうとして、

「また白髪になっちゃったから染めなきゃ」

と言ったら娘が

「ちょい染めっていうのがあるんだよ。

 気になる白髪にちょいちょいっと染めれば

 なくなってるんだよ」

とCMみたいな美容情報を提供してくれた。

どこで知ったのだろう、YouTubeの広告かな。

おもしろいな。

 

子供の日、地味に過ごしていたけれど、

5歳の5月5日に補助輪が取れた、

っていうのはちょっと覚えやすいから、

なんとなく記念になった。

5月4日(火・祝)

連休明けに入れていた取材を

キャンセルされた夢を見た朝。

ぼちぼち連休明けに対する緊張が

走りつつある。

木曜に2本、金曜に3本、

締め切りを控えているけれど手つかず。

今週中に、書評用の本も

7冊読まなくてはいけないのに、

こちらもほぼ手つかず。

 

朝起きて窓を開けると甘い香りが流れ込む。

なんの香りだろう?

窓の下を覗くと白い花。

ピラカンサス?ユキヤナギ?

ググるとピラカンサスはすごく嫌なニオイらしくて

ユキヤナギは蜂蜜のような香りだというから、

ユキヤナギかもしれない。

この花の香りかどうかもわからないけれど。

 

いつものように、ピラストレッチを終えて

そのまま少しクラブハウスに滞在。

英語日本語ごちゃ混ぜルームとか。

 

娘が起きてきて、一緒にコンビニに行って

バターと牛乳を買い、

約束していたスイートポテトを作る。

さつまいもは固いので、切るのはママ、と

置き手紙を残して塗り絵に入る娘。

 

さて出番。

ここからは娘任せ。

 

スイートポテトを作っている間に

母は横で唐揚げを作る。

みんながいつでも勝手に食べられる

フリードリンクならぬフリーチキン。

そうこうするうちにスイートポテトも完成。

それから娘と掃除をして、布団を干して

GWらしいスッキリ仕様に。

 

午後は昨日に続き名刺の整理を続けて

ついに、永遠に片づかないように見えた

名刺を、全て然るべき場所に収納できた!!!

やればできる!

 

それからまた、キッチンへ。

今度はクッキーを作るという。

こちらは全工程、娘が担当。

ハロウィーンのクッキー型が

たくさんあって、

お化けとかこうもりとか作ってる。

最後の方はうまく作れなくて

大きなハートにしていたけれど

それが案外いい感じ。

今日はキッチンが賑やか。

 

それから母は物置部屋で

過去記事の整理。

仕事をした雑誌が溜まっていたので

担当したページを切り抜いて

ファイリング。こちらも

永遠に終わらないように見えたのに

まさかの、片づいた。

すごいなあGW。

出歩いちゃいけないGWは

出歩かなくていいGW。

 

原稿は溜まりに溜まったままだけれど

まあGWだし。

明日もきっとほとんど原稿は書けないけれど、

過度に自分に期待するとがっかりするので

ほどほどに宝くじみたいに期待しつつ

明後日の早朝から驚異的に頑張ろう。

2021年5月3日(月・祝)

 

アパレルのイベント会場でオフィシャルな

インスタライブをしようとしたら

後ろでも他の企業がライブをしていて

映り込んじゃう!と角度に苦労する夢。

現代的。

そして今朝もピラストレッチで現実へ。

 

朗読を2回。今日は本番。

先生に指導を受けることはできないので

録音で聞き返す。

私の声はウェットだなあと思う。

たまに娘に写真を撮られる寝顔もウェット。

顔を見ただけで、声を聞いただけで

ポジティブなニコちゃんマークみたいな人に

憧れるけれど、この声、この顔のおかげで

意図的に明朗な声を出そう、笑顔でいようと

思えるようになったからそれでいいのかな。

 

小学校6年の時に、放送委員で、

作文コンテストで優勝した子の作文を

朗読する役回りを与えられたのだが

その作文のタイトルが

「おばあちゃん、頑張って」。

病気のおばあちゃんを応援するお話なのに

録音した私の声は

その書き手の思いを到底反映しない

しっとり悲しそうな声で、

一生懸命明るく発声しようとすればするほど

必死な声に聞こえてしまって、

がっかりした覚えがある。

がまあ、それも…36年前だ!!!!

今や子供らしい声を出せる必要もないし、

この声を、そろそろ愛してあげようか。

 

お昼前から娘を連れて神保町へ。

今回ホールでの朗読発表会は

中止になったけれど

神保町にある児童書専門店&カフェ

「ブックハウスカフェ」にある

小さなギャラリールームで、

ゲストを招かない小さな発表会を

開催することになった。

 

本人以外参加できないので、

娘をどうしようか、と思ったけれど

検索すると上階のイベントスペースで

ツペラツペラさんのイベントが開かれていて

絵本を1冊買えば、塗り絵を1枚もらえて、

そこで塗り絵をして過ごせるという。

先生のご好意でトップバッターにしてくれたので

集合時間から出番が終わるまで、

45分くらいなら

塗り絵をして過ごせるかもしれない。

本人はもちろん、大丈夫と言っている。

受付の方にも

「下のギャラリールームにいますので」

と伝えて、そっと去ることに。

 

今日の発表会はZOOM配信されるそう。

先生のスピーチで始まり、

発表会というよりは収録スペースという感じ。

会員の方のお母様で先生ともご懇意の

女優の音無美紀子さんがゲストに来ていて

グッと華やかな感じに。

スピーチか朗読をされたと思うけれど

後でDVDを観るのを楽しみにしよう。

 

トップバッターの私。

シールドとフェイスシールドを重ね、

声を出すと反響して変な感じ。

カメラをうっかり見てしまうけれど、

きっとカメラ目線は

おかしいのだろうな、と目を逸らす。

これから始まる発表会のひとり目として

みんなが楽しみになるような

温かい朗読ができれば、と挑む。

 

どうだろう、うまくできたかどうか、謎。

でもやっぱりすごく楽しかった。

39歳で出会ったトライアスロンと

48歳で出会った朗読は

私にとって無邪気に楽しめる

素晴らしいひとときだ。

振り返ってもそれまでの他の趣味より

ずっと心地よいのは、

仲間がいるのに個人プレイ、

というところが大きいと思う。

 

振り返ってこれに近いくらい

楽しめた物事といえば、

小学生と30代の頃やっていたクラシックバレエ、

小学生と大学生の頃やっていた演劇、

30代の頃やっていたスキューバダイビング、

だけどこれらはいずれも、人の足を引っ張るので、

不器用な私には、楽しいというよりも

申し訳ないと気後れすることの方が多かった。

みんなに合わせようとすると、

たちまち我を失ってしまう。

自分の楽しさは後回しになってしまう。

そういえば、

だから会社で働くのも下手くそだった。

 

トライアスロンも、

練習の時は人の足を引っ張るけど

大会の時は自由気まま。

朗読は、群読でもなければ誰にも迷惑をかけない。

それでいていずれも、

仲間と一緒に楽しむことができる。

私はとことんマイペースな性格なのだな、と

改めて感じたりする。

まだまだ自分を知ることがあるなあ。

そして、だからこそこの先、

まだまだもっと楽しいことに

出会えるかもしれない。

長生きは楽しい。

 

とにかく。発表会を終えて

こっそりそそくさと会場を出て、

2階のイベントスペースに戻ると

娘は楽しそうに塗り絵をしていた。

完成した塗り絵を手に、

下のカフェでランチ。

集英社別館のすぐそばで

いつも通っていた場所なのに、

こんな可愛い書店&カフェがあったとは

全く気づかずに通り過ぎていた。

 

娘はお子様カレーを頼んだけれど、

もっとちっちゃい子向けだったみたいで

全然足りず、デザートも注文。

私は滋味豊かなお弁当。

さっき描いた塗り絵を

テーブルにおいたまま食べていたら

スタッフの方が、

「まあカラフル!写真撮ってもいいですか?」

というので

どうぞどうぞと撮ってもらったら

「ツペラさんに送ってもいいですか?」と。

「いつも楽しく読んでいます、とお伝えください」

とメッセージをお願いした。

子供たちが喜んでいるよ、という

思いが伝わるといいな。

 

帰宅をしてからは娘の髪を切り揃えたり、

眉毛が男みたいに太くて嫌というので

少し剃り揃えたり、爪を切ったりと

グルーミングタイム。

一緒にワークブックをしたりして1日終了。

 

夜は名刺の整理。

「モルディブに持っていけないもの」

できるだけ少なくする作戦。

粛々と、GWが過ぎていく。

5月2日(日)

今日もピラストレッチから始まり、

朗読の練習も。

長さも、季節にもぴったりだと思って

何気なく選んだ作品だったが

語りの中に物語があって

さらにその中に物語がある

マトリョーシカみたいな話で、

その変化をどうつけるのか案外悩む。

でももう明日の朝くらいしか

練習の機会はないので、

あまり小細工は考えず、

とにかく気持ちよく伝えよう。

 

朝、トランクルームに行こうとすると

もう廊下がピカピカに磨いてある。

山のお寺みたいに。

そこに気配はないけれど、管理人さんが

一生懸命磨いてくださったのがわかる。

ステイホームのGWを気持ちよく過ごせるように、

なんてことをいちいち考えてはいないだろうけれど

いつも通りピカピカにしてくれている。

今暮らしているマンションは、

私と同い年かちょっと先輩かというくらい

年季の入ったマンションだけれど、

管理人さんが毎日、隅々まで

とても丁寧に磨いてくれていて

それを見るだけで気分が上がる。

そのおかげもあってか、

住んでいる人たちがこのマンションを

愛しく思っていることが幸せだ。

マンションも幸せそうだ。愛の巣。

 

午前中は経費のまとめを。

なんと1−4月という年の1/3の経費処理を

終えることができた!

確定申告の時期にだいぶ楽なのはもちろん

個々の項目を見つめ直して、

使うべきお金の優先順位を見直すことができた。

幸先のいいGWのスタート。

 

午後からは娘と公園へ。

娘を眺めながら本を読んでいたら

木の枝を拾ってきて並べて

「ここは止まれ、の場所」

と言って木の枝を並べた。

おお、漢字を覚え出したのか。

交通標識の記号と一緒だからか。

と思ったら、横棒を動かして

「今度はここがお山ね」。

いつの間にか山という漢字も覚えたらしい。

不思議不思議。

 

それから移動して別の公園へ。

ドコモショップに行く用事があり

その近くに移ったのだ。

寒くなってきたので、公園の横の

コーヒースタンドでコーヒーを買い

振り返るともう娘がいなくって

知らない女の子とシーソーをしていた。

いいなあ、子供って。

後で聞いたら、娘より1つ下くらいの

彼女のほうから誘ってきたそうだけれど。

いつも娘は受け身。

「一緒に遊ぼう、って言われたら

 遊んであげたらいいんでしょ?」と聞く。

別に一緒に遊びたくはないみたいな言い方だ。

知らない子と絡むより、空想と絡んでいる方が

楽しい気持ちは、母もよくわかる。

 

ドコモショップで携帯のトラブルも解消し、帰宅。

夜は届いていた書籍の再校をチェック。

細かいところがいろいろ気になって、

だいぶ加筆してしまったが、

そして娘を寝かせるのが遅くなったけれど、

とにかくなんとか一冊の校正を終えた。

悪くないGWの1日になった。

静かに過ごすGW、私は結構好きだ。

5月1日(土)

GWに入ったらしい初日。

も、いつも通りピラストレッチから。

そして朗読の練習も1回。

一人で録音して聞いて手探りで直す。

今回の発表会は、

練習が全て中止になってしまって、

先生に一言もアドバイスを頂けていないまま

当日を迎えることになってしまった。

そんなもの人にお見せしていいのか?

と思うけど、発表会があること自体が

練習になり、励みにもなる。

 

今日は昼から夫が家で

オンラインミーティングをするというので

母娘はジョギングに出かけることにした。

最初は勢いよく、競走だーと

走り出した娘も、保育園近くの

いつもの公園に着くと、

誰かいないかな、と探し出し、

そのうちに花や枝や石を拾って遊びだし

ジョギングは飽きてしまったよう。

わずか1km弱。

 

そこからもう1km離れた

サンドイッチ屋さんに誘ったけれど

もう走る気はなさそう。ちぇ。

まあお散歩だって太陽を浴び、

足首股関節を動かすには違いない。

気を取り直してお散歩モードに。

サンドイッチを食べながら

壁にできた影で影絵遊び。

ドリンクを飲みに来た蝶々とか。

穏やかなGW。

 

元気をチャージして、

また近くの公園に寄って

伸び伸び遊ぶ我が子。

母はちょっと眠くなる。

 

ポツポツ雨が降り出したので帰り道。

途中から激しく降り出した。

お友達に遭遇したけど、

彼らも退散中で、またね、と手を振る。

片道1マイルほどのプチジョグ。

 

帰宅して着替えて、

寝室でこそこそ遊んでいたら

パパのテレカンも終了。

雨も止んで、腹ペコのパパが

ピザを食べたいというので

またみんなで近所に出かけることに。

さっきのサンドイッチ屋さんでは

ランチセットを娘と半分こしたので

まあまた半分こすればいいか。

 

これまた片道1マイル未満の

緊急事態宣言下っぽいプチ移動。

ピザスライス、夫にとっては

米国留学時代の典型的な味が懐かしく、

娘にとっては変なスパイスやアレンジのない

ストレートな味が嬉しく、

母にとってはこの、開放感があり、

なんの衒いもなく作ったようでいて

絶妙にいい味わいのある

押し付けがましくなく心地よい内装が好き。

というわけでみんなご機嫌。

 

夕方のピザのおかげで

みんな晩御飯いらなくなったので、

夜は会計事務を。

先月確定申告を終えて、今年こそ、

会計をきちんと把握しよう!と思う。

会計士さんに依頼しようかと思っていたが

その準備が毎年間に合わなくて挫折してきた。

が、全くもって複雑な会計でもないし、

自分で領収書1枚1枚チェックして、

月毎の支出を見るのは

支出を見直すいい機会になる。

これを毎月キリッと締めて振り返りしていれば

経営?というと言葉が大袈裟だけれど

お金の動かし方自体が引き締まりそう。

だからやっぱり自分でやろう、と思う。

娘は横で足し算のワークブックをしている。

 

お風呂から出て娘と布団に入ると、

ちょうど朗読の先生の

クラブハウスの朗読の時間。

少し聞き始めたけれど、今日の本は耳なし芳一、

ちょっと言葉回しが難しいのと怖いのとで、

娘が挫折し、他の絵本を読んで眠ることに。

 

GW1日目は、RUN1日目も少し実施できて

程よいスタートを切った。

JAPAN EDITOR'S LABOのサイトにて

対談インタビューさせていただきました。

「紙の編集」に、そして「自主プロデュース」に

強い情熱を持っているおふたり。

今だからこそ「紙の編集」の意義を

語っていただきました。

私自身ももちろん紙の編集からスタートし

(私が社会人になったのは、

iPhoneが登場する10年以上前!

インターネットを閲覧する人はほぼいなかった)

ウェブサイトやウェブマガジンの

編集に携わったのは、フリーランスになってから。

今でもオンラインと紙の編集は半々くらいですが

両者はただ画面か紙かというだけでなく、

見る人によって

大きさもスクロールの仕方も違うから、

ビジュアルを作り手が

主導的に構成できないことや、

検索やリンクのあり方で、

外部から入っていく、外へ出ていくという

流動的な存在であること、

いろんな違いがあって、

意識すべきことも結構違ってくる、

こともありますが、

でも巡り巡ってやっぱり

根底で変わらないことも多くって、

両方に携わっていることが

結構大事だなと感じています。

栄養とか運動と同じで、

偏らないことは結構大事。特に私には。

まあそんなことなども考えつつ、

ぜひこちらの記事もお楽しみくださいませ。

 

 

4月30日(金)

4月の最終日。今月は色々あって

ものすごく長く感じる1ヶ月だった。

 

今日もピラストレッチからスタートして

朝は保育園で、来月から転園してしまう

お友達の一家に遭遇。

1歳の時から4年間一緒だった、

そして娘が結婚の約束をしていた男の子。

私も大好きな子。

最後にぎゅっとさせて、と言って抱きしめてきた。

 

そのまま自転車で渋谷へ。

今日も旧知の方を取材。

一緒にトライアスロンを始めた仲間で

お仕事をご相談いただいたこともあったけれど

彼女のキャリアについてあまり詳しく

伺ったことはなくて、貴重な2時間。

知らない顔をたくさん伺うことができた。

彼女がPRに携わっていた椿油をいただいた。

まだまだ聞きたいことはたくさんあるけれど

取材なのでここでおしまい。

また会える日を楽しみにしよう。

できたら野原かテラスかビーチか、

風の気持ちいいところで、

本当はお酒を飲みながら話したいところ。

そういえばかつては

いつも大勢で集まっていたので、

なかなかゆっくりお話する機会がなかったのだ。

密を避けるこの生活は

個人との関係を密にする

いい機会になるのかもしれない。

彼女が年間120日走ったと聞いて、

そして夜、家族に「痩せたけど運動してないから

やっぱり筋肉が落ちたね」と言われたことで

私も走ろう!と思い立った。

明日はちょうど5月1日の月の節目。

ランを積極的に取り入れる生活を

私もスタートしようかな。

 

そのままシェアオフィスで

書籍の原稿の加筆修正とか、

新規の原稿も一本入稿。

夕方皮膚科に行って、1日終了。

 

夜、娘と、転園した男の子の話。

「梨央結婚してくれる人が

 いなくなっちゃったからどうしよう」

と言っているので、

「別に結婚しなくってもいいんだよ」というと

「えっ?じゃあ梨央もう結婚しない!

 お手紙とかお絵描きとか自由にしたいから。

 結婚したら結婚のところで

 ずっと住まなきゃいけないから

 何もできなくてつまんない」と言ってる。

あはは、わかるわかる。

おひとりさま、自由でいいよね。

そして「本当はママと結婚したいの」と。

 

さて明日からGWらしい。

密を避けて、娘と蜜月を過ごそう。

4月28日発売の雑誌、3つめはwith6月号。

そのまま洗濯ネットとしても使える

ビームスコラボのマスクポーチ付き。

 

「結婚ってなんだ⁉︎」の大特集。

ほぼファッション誌じゃない!

(8割読み物な気がする!!!)

いろんな形の夫婦に切り込んでいます。

令和の時代、夫婦像もついに変わるかも。

 

そんな中私は山崎育三郎さんの連載、

「はなうたまじり」を担当。

今回のゲストは仲里依紗さん。

もはやYou Tuberとして

名を馳せているほどだけど、

本業と、You Tuberとしての素顔っぷりの

ギャップがすごい。

みんなが本当は出してしまいたい、

悪意でもひねくれでもない本音を

すっと語るから、結構泣きそうになる。

ニクいYouTubeです。

リアルにお会いしてもやっぱり素敵な方。

ぜひお読みくださいませ。

 

 

 

4月29日(木・祝)

今日もピラストレッチからスタート。

娘が起きてきて、

久しぶりにテレビをつけて

一緒にEテレをいろいろ見る。

トイレに行くとき

「止めといて!」というけど

テレビは止められないのだよ。

 

恐竜の番組が始まって、娘が

恐竜のことをいろいろ教えてくれる。

 

 

今日はママの取材について行く日。

祝日で保育園がなくって、

またも取材先、旧知の方なので

甘えて子連れでお邪魔することに。

 

小雨の中、逗子まで。

県を跨ぐ移動になってしまったけれど。

取材先までの山道は

ホーホケキョ、ホーホケキョと

鳴り響く歓迎の声が素敵。

 

トライアスロン時代の友人が営んでいる

シェアハウスで、ご夫婦を取材。

ご本人もご主人も、ザ・憧れの大人、

ザ・憧れの夫婦という雰囲気だけれど、

それぞれにもお二人にも

悩みやどん底を乗り越えてきての今。

人は苦しみを、ただ乗り越えるのではなく

苦しみを経験した、内包した存在として

新しい輝きや深みを備えていくのだと

最近折々感じる機会をいただく。

本当に魅力的なお二人だった。

 

娘はノートとペンを持って行っていたけれど

ピザの木製のおもちゃを借りたので

ずっとピザを焼いていて

カチカチうるさかったけれどまあよし。

2時間一人でピザを焼き続けていた。

夜お風呂で、今日どうだった?と聞いたら

「最後にママにピザをあげられたのが

一番楽しかった」と言っていた。

私はピザを提供されて

「お、上手にできたね」と声をかけたけど

食べるふりすらしてあげられなかったのに。

ごめんね。

 

でも、長旅の電車で

二人で並んでいっぱい過ごせたから、

今日はいい1日だった。

 

帰宅後、書評用の本を読む。

こちらの家族はそれぞれに

呪われたような問題を抱えていて、

幼少期を暗黒の記憶で塗られながらも、

傷つきながらも、それでも

人は一歩一歩前に進むのだと感じる。

取材先・自分・本、

いろんな家族の姿を見て、

思うところの多い夜になった。