面白かった中学生の読書感想文 | 「国語教室 Hey Ho」安藤友里のブログ

「国語教室 Hey Ho」安藤友里のブログ

「国語教室 Hey Ho」代表の安藤が、思ったこと・考えたことを綴ります。文章力をつけるための教室を開いているのだから、自分も文章を鍛えないと、と思って書いてます。

今年は中学生の読書感想文も

数多くご指導させていただきました。

4年前に教室を開いて以来、

毎夏、中学生の受講者は片手で足りる人数だったのですが、

教室生に中学生が増えたことと

講座へのお申込みが全体的に増えたことで、

今年は中学生の生徒さんも多く来られましたニコニコ

 

その中の多くが、学校から

「原稿用紙4枚(1600字)以上」という

無謀な(笑)条件を課されていて

小学校までの感覚で書くと、

絶対にクリアできませんあせる


一般的には、あらすじをダラダラと書いて

とりあえず字数を埋めた後、

前向きな印象でまとめるしか仕方ないのです。

恐らく多くのまじめな中学生が、

そうやって「あらすじダラダラ感想文」を苦労して書いていると思います。

まじめじゃない中学生は、いろんな方法を使っているようです。

ここでは触れませんがグラサン

 

教室に来た中学生たちも、

まずその文字数に途方に暮れていますガーン

そこで、次の二者択一をしてもらいます。

「あらすじダラダラ感想文」か

「哲学的・社会的感想文」か。

もちろん、そんなネーミングは私の頭の中だけで

生徒には、場面ごとに具体的に選択を迫りつつ進めるのですが。

 

課題図書から例を挙げると……。

 

『アーニャは、きっと来る』 マイケル・モーバーゴ著/評論社 は

第二次世界大戦中のフランスが舞台で、

ユダヤ人の子どもたちをかくまい、

スペインンに逃がそうと企てる計画に

主人公の男の子が協力していくという話です。

背景にあるナチスドイツのユダヤ人迫害については、

中1の子など、まだこの事実を知らない子もいて

そこに触れずにあっさり書いてしまうこともできます。

ただ、それでは物足りないことは生徒にも分かるようで、

パソコンを使っていいから調べる? と聞くと、

みんな「はい」と言いながら神妙な顔で読み始めます。

 

また、

『with you(ウィズ・ユー)』 濱野京子著/くもん出版 は

ヤングケアラーが大きなテーマでした。

「ヤングケアラー」という言葉を初めて聞いたと言った子に

調べてみる? と聞くと、

次の教室の日までに家で調べてきていました。

 

課題図書以外にも、いろんな本を選んだ子がいましたが、

「戦争のない世界(平和な暮らし)」

「本当の友情とは?」

「正義を貫くには?」

「勇気・強さとは?」

など生き方や信念に言及することになっていきました。

そう、「何をどうかくか?」を話していると結局そうなってしまうのです。

 

面倒くさいだろうな、時間もかかるし……と

見守りつつ、

ときどき「それだけだと字数足りないよ~」など意地悪を言います(笑)

アドバイスを素直に聞きながら、どんどん書く子もいれば

そのまま受け入れるのは納得がいかず

びっくりするくらい時間をかけて、自分なりの展開を考える子もいます。

そして、どの子も出来上がった後、充実した笑顔で帰っていきます。

 

私も本の内容を理解していないといけないし

中学生には甘さは見抜かれるので、

こちらもすごく疲れるのですが

小学生に対するのとは違った面白さがありました。

「感想」として自分の意見を組み立てること、

自分の生活と哲学的・社会的な問題とがどこかでつながっていること、

そんなことに気付くきっかけになってくれればいいと思います。