ラジオ初体験 | ゆらりか通信 分室

ゆらりか通信 分室

yurarika店主の日常雑記


テーマ:

 

先週、初めてラジオ出演をした。

生番組の中継でお店の中から5分間だけだったけれど、人生初。

お店が入っているspace1-15の10周年企画を紹介したいとのことで、

広報担当の人に連絡があったのだけれど、指定された日が都合が悪く、

わたしのところに話が回ってきた。

ふだんからいろいろと1-15の裏方仕事をしている関係もあって、

「話すの苦手なんでイヤです」とも言えず、引き受けることにした。

 

事前にメールで質問が届いたので、答える内容を考えておけば大丈夫ーと思い、

準備をしていてふと、1-15の代表として取材を受けるのが初めてだったことに気づいた。

1-15の中でもずいぶん古株となり、いろいろ知っているつもりでも、

あらためて聞かれると、はて、困った。

これ、どこからどこまで話せばいいんだろう。

プロデュースをしている方に電話をして簡単に打ち合わせをし、

「よろしく頼むね」と言われる。むー、不安。

時間は5分間で質問は5つ。

ということは、1つの質問について1分くらいなので、

そんなにたくさんしゃべらなくてもいいかなと、1分くらいでおさまる答えになるようにまとめた。

 

そして当日。

スタジオで生放送している番組の中継のコーナーで出演する。

本番40分くらい前にリポーターSさんとディレクターの方が到着し、初めましてとご挨拶。

リポーターSさんが、わたしが所属している合唱団にご友人がいるという話をされ、

本題に入る前に合唱団の話で盛り上がってしまった。緊張が少しほどける。

簡単に打ち合わせをし、とりあえず1回やってみましょうとなってリハーサル。

1問1分の読みはあたり、ちょうど5分くらいだったので、これでいきましょうーとなった。

ラジオの中継ってどんなかなと思っていたのだけれど、

機材らしいものはほとんどなくて、本番前に大きいマイクを手渡され、マイクテストをして準備完了。

声が小さい自覚はあったが、Sさんの通る声とかなり差があったらしく、

Sさんはマイクからかなり離れてしゃべっていたが、わたしはマイクぴったりの指示が出された。

マイクを持つのもカラオケくらいだから(それもほとんど行かないし)、なんか新鮮。

さて、そんなことをしているうちにあっという間に本番の時間となり、中継がスタート。

Sさんはカンペを読みながら話していたけれど、それを読んでいない風に話している。

本番の声のテンションを聞いていると「わー、しゃべりのプロだ」とつい聞き入ってしまいそうになるが、

今日は自分もしゃべるのでぼんやりしている場合ではない。

リハーサルとほぼ同じ感じで進め、ちょうどいい感じでおさまった。

そしてかまなくて良かった(たぶん)。

おつかれさまでしたーとお二人が帰っていったのはここに着いてから1時間くらいのこと。

あっという間だった。

 

後日。聞いてくれた人から感想をもらった。

声がいつもの話し声よりちょっと高かったと言われた。

そうなのです。話し声は低めなので、ちょっと高めでしゃべりました。

OLをしていた頃に電話応対で使っていた時の声に近いかも。

使い分けしていたわけではないけれど、電話は少し声のトーンが高くなるので、

それを利用してみたのでした。

内容もわかりやすくてよかったと及第点をもらった。あー、良かった。

今回は事前に予告するという発想がなく(たぶん緊張していた)、

終わってからフェイスブックでちょこっとつぶやいたら「聞いたよー」と反応があった。

今は放送後一週間はネットラジオで聞けるのですねー。

聞いてみたい方はほんの5分くらいですが探して聞いてみてください。

AIR'-G(FM北海道)の「スパークル スパークラー」という番組で、

3月7日(木)14時20分~25分くらいです。

ネットで聞けるのはあと2日ですが記録として残しておきます。

 

お店のサイトはこちら

yurarikaHP http://yurarika.com/

ゆらりか通信 http://diary.yurarika.com/

 

 

yurarika-mkさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ