H.I.S 福島スタディツアー どろんこ田植え
5月31日~6月1日


真夏のような太陽が照りつける日でしたが田んぼ一枚にみんなで手植えしました。

最初はわたしの父がみんなの前でやってみませす。


ほとんどの参加者が田植えがはじめて。

みんなドキドキした様子でしたが、一歩田んぼに足を踏みいれば、みんなの表情が明るく笑顔で溢れました。


最初は長靴を履いていた方も足が抜けなくなると裸足になったり、田んぼのヌルヌルの感触やカエルやアメンボたちと一緒になってました。





今回は遠くは宮崎からまた岡山、香川、岐阜、京都、大阪など西日本の方々がいらっしゃいました。
一人で参加する方も多く、今回はリピーターも3人いました。相変わらず女子率は高いです。




今の季節は緑が美しく里山の景色がより一層輝いて見えます。

一人一人が自然と向き合い、一本一本の苗に願いや想いを込めて田植えすることができました。





またバングラデシュのモハン大使もいらっしゃってみんなで田植えしました。


1枚の田んぼに人が溢れかえり、あっという間の作業でした。

炎天下だったので作業は1時間弱。

休憩後にはひまわりの種をまいたり、トマトをみたり、いちごを食べたり、ヤギの撮影会?笑 と賑やかな時間になりました。


BBQではみんなの感想を聴くことができて、

どんなことをみな感じたのか、改めて東和のよさや魅力に気づかされました。



こうして毎回、たくさんのご縁がこの里山に溢れて、未来につながってる


そのことが価値のあることで、また”きぼうのたね”が福島の大地に降り注がれた感じがしています。




2日間ではみんなとの時間が足りないくらい・・・
いつも感じてしまうことですが。

「出逢いは一瞬、出逢えば一生」




みなさんとのご縁を大切にしていきたいと感じております。



田植え後には温泉に入ってみなさんが東京へ出発するのをお見送りしました。


一人一人が感じたことや学んだことを、自分の生活に戻って伝えたり今後に生かしてほしいと思います。わたしが言うより行動している人ばかりなので、とってもありがたいです。



感謝







自然と人とのつながりはこれからもつづく!!!


ありがとうございました


次は草取りがありますよーー