誰にとっての平等? | 専業主婦からシングルマザーになりました☆~シンプルライフで節約生活~

専業主婦からシングルマザーになりました☆~シンプルライフで節約生活~

35歳、こどもが2人。専業主婦でしたが離婚しました!

離婚のこと、お金のこと、シンプルライフを目指しながら節約に励んでいる、毎日のこともお話します(*^^*)

こんにちは☆

ゆの と申しますニコニコ

シングルマザーです☆

 

昨日は、やる気スイッチ(笑)

全開でした~☆

 

今日は、ぼちぼち、くらいで

進めたいと思います(*´ω`*)

 

面会交流の書類を

書かなければならないのですが、

調べると、調べるほど、

不安になる

ネガティブな情報ばかりで

イヤになります。

 

面会交流をしなくて、

大人(父親)に、反感を持たれるなら、

 

面会交流を無理矢理行って、

子どもの気持ちを意見をムシするほうが

裁判所のやり方として、

「楽」なのでしょうか。

 

…きっと、

そうやって、

「弱い者」の声を

聞かなかったことにしたほうが

「楽」なんでしょうね…。

 

「平等」って、

「誰にとって?」

ってところが、

一番重要なんだと思うのです。

 

…それでも、

わたしは主張をやめません。

あきらめません。