実りと訪れ | 気ままにナチュラルガーデン

気ままにナチュラルガーデン

山口県の庭の様子を気ままに書いています。
ポール・スミザーやベス・チャトーのようなガーデンを目指して、日々勉強中!
良かったら読んでもらえると嬉しいです(*^^*)


実りと訪れ

だんだん朝晩寒くなってきて、
我が家の物干しで遊ぶジョウビタキさん。
そして洗濯物に入り込むカメムシ。
裏山に越冬に来るノスリ(?)

これらが訪れると
「あーもう冬になったのか…」
と感じます。

そしてスズメバチ、マダニがそろそろ去ったかな?と思い、山へ笹刈りに。


山の入り口に植えてあるレモン。
今のところ2つなっています。オレンジ


大分葉が食べられていました。
前のヒノキの下枝を落としたので、
今年は日に当たって、もう少し実るかな?
と思いましたが、去年と変わらず。
肥料あげるべきかな?あせる


右手前の小さな木がレモン。
ここから山に上がって行きます。
この山に上がるにはいくつかルートはあるのですが、
私はここから上がるのが好き。
神棚のサカキもここから取ります。


今日はレモン周辺の笹刈り。
緑のコンポストが見える山の下は、
イチジクやモモのある果樹エリア。


果樹エリアにあるユズ。
主人いわく、今年は少ないらしい。汗


二本あるうち、右側は毎年少な目。
今年はほぼ実が付かなかった。
左は自宅で使う分くらいは取れそう。


果樹エリアにあるカボス。
植えた年に1つ取れただけで、
ここ3年くらいは実を付ける気配すらない。
木はどんどん育っているので、
そっちに栄養を使ってしまっているのでしょう。
早く鍋に使えると良いな照れ